Surface Pro 3 がコネクト スタンバイ状態になってから 4 時間経っても休止状態にならない

現象

カスタム イメージを展開した場合、または Surface Pro 3 を DVD から新規インストールを実行した後、デバイスのバッテリの寿命が予想よりも短い場合があります。具体的には、バッテリの寿命が Surface Pro 3 がある、更新プログラムのイメージを使用して元の Windows 8.1 プロフェッショナル場合に長い時間がインストールされているデバイスの場合もあります。

また、 powercfg/sleepstudyの出力を確認する場合、長時間 (4 時間以上) を実行しているスタンバイ ・ セッションが接続されているの証拠を参照してください可能性があります。

原因

Surface Pro 3 が含まれている更新プログラムのイメージを使用して Windows 8.1 のプロフェッショナルは、工場出荷時に接続されているスタンバイ状態で 4 時間後に休止状態に構成されます。カスタム イメージ、または新規インストールを展開する場合は、デバイスに 4 時間後に休止状態への設定は既定では構成されていません。この設定は通常、OEM によって構成します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×