はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2012 R2 Orchestrator の更新プログラム ロールアップ 3 で修正される問題について説明します。 さらに、この記事には、System Center 2012 R2 Orchestrator の更新プログラム ロールアップ 3 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Orchestrator

  • Runbook が他の Runbook を呼び出すと、Service Management Automation (SMA) は、参加しているすべての Runbook を 1 つのスクリプトに連結し、コンパイルのためにスクリプトを PowerShell ワークフロー エンジンに渡します。 結果のスクリプトに複数のシグネチャ ブロックが含まれている可能性があり、SMA は Powershell ワークフローからコンパイル エラーを受け取ります。

  • 子 Runbook に署名ブロックが含まれている場合、子 Runbook をインライン Runbook にコンパイルすることはできません。 複数の署名ブロックがある場合、結果の Runbook は破損します。

  • コマンドレットは、返されるレコードの数の上限までサーバーから情報を要求し、すべてのレコードが取得されるまでレコードの次の "ページ" を要求する必要があります。

  • Windows PowerShell ユーザーがSet-SmaCertificate コマンドレットを使用する場合、ユーザーはGet-AutomationCertificate アクティビティを使用するときに秘密キー情報を受け取ることができません。

  • [Automation] メニューは管理者ポータルで動作しなくなったため、Orchestrator ODATA API コントローラーがモジュール データを返すことができないことに気付く場合があります。 さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    Microsoft.Data.OData.OdataInnerError
    Message: ファイルが存在します。
    TypeName: System.IO.IOException


  • Service Management Automation (SMA) リソースのページが表示されます。 コマンドレットは、継続トークンが存在する Web サービスからの応答を評価し、継続トークンが存在する場合は ListNext Web 要求のシーケンスを作成する必要があります。

  • SMA は Runbook の最新のジョブ ID を返さない場合があります。 Invoke-ConfiguratorRunbook アクティビティは、Start-SMARunbook コマンドレットを呼び出すときにジョブ ID を持ち、ジョブ ID を呼び出し元に返す必要があります。 これは、SMA が Runbook の最新のジョブを返さないために発生します。 この問題は、複数の実行シナリオで発生します。 コンフィギュレーターが最初の実行に合格した場合、この問題は影響しません。

  • Orchestrator Runbook Service (RunbookService.exe) がクラッシュする可能性があり、次のエラー メッセージが表示されます。

    アプリケーション: RunbookService.exe
    Framework バージョン: v4.0.30319
    Description: 未処理の例外が原因でプロセスが終了しました。
    例外情報: System.ServiceModel.CommunicationException


  • Runbook のサイズが既定の Windows Communication Foundation (WCF) チャネル サイズを超えるほど大きい場合は、例外が発生します。 この問題により、ジョブが "新規" 状態で停止します。

  • 更新プログラム ロールアップ 2 がアンインストールされると、Microsoft SQL Serverのインスタンスへの接続プロパティがクリアされます。

System Center 2012 R2 Orchestrator の更新プログラム ロールアップ 3 を取得してインストールする方法

ダウンロード情報

Orchestrator の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、該当する System Center 2012 R2 コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. インストールする更新プログラム ロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリック します

  6. [ 更新プログラムのインストール ] をクリックして、選択した更新プログラム パッケージをインストールします。


更新プログラム パッケージの手動ダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。

ダウンロード Orchestrator 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール手順

Orchestrator 更新プログラムを適用するには、次の手順に従います。

  1. セットアップの修正プログラムをインストールします。 この場合、次の手順を実行します。

    1. kb2980272_WorkerInstaller_x64.cab ファイルをダウンロードします。

    2. kb2980272_WorkerInstaller_x64.msp ファイルを抽出します。

    3. Windows エクスプローラーで、kb2980272_WorkerInstaller_x64.msp ファイルをダブルクリックします。 または、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      msiexec.exe /update kb2980272_WorkerInstaller_x64.msp

  2. PowerShell モジュール更新プログラムをインストールします。 この場合、次の手順を実行します。

    1. kb2931268_PowerShellModuleInstaller_x64.cab ファイルをダウンロードします。

    2. kb2931268_PowerShellModuleInstaller_x64.msp ファイルを抽出します。

    3. Windows エクスプローラーで、kb2931268_PowerShellModuleInstaller_x64.msp ファイルをダブルクリックします。 または、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      msiexec.exe /update kb2931268_PowerShellModuleInstaller_x64.msp

  3. Web サービス更新プログラムをインストールします。 この場合、次の手順を実行します。

    1. kb2931268_WebServiceInstaller_x64.cab ファイルをダウンロードします。

    2. kb2931268_WebServiceInstaller_x64msp ファイルを抽出します。

    3. Windows エクスプローラーで、kb2931268_WebServiceInstaller_x64.msp ファイルをダブルクリックします。 または、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      msiexec.exe /update kb2931268_WebServiceInstaller_x64.msp

  4. Worker Update をインストールします。 この場合、次の手順を実行します。

    1. kb2931268_WorkerInstaller_x64.cab ファイルをダウンロードします。

    2. kb2931268_WorkerInstaller_x64.msp ファイルを抽出します。

    3. Windows エクスプローラーで、kb2931268_WorkerInstaller_x64.msp ファイルをダブルクリックします。 または、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      msiexec.exe /update kb2931268_WorkerInstaller_x64.msp

変更されたファイル

ファイル サイズ

バージョン

Orchestrator.Core.dll

24,824

7.2.1665.0

Orchestrator.Runtime.dll

243,960

7.2.1665.0

Orchestrator.Sandbox.exe

36,088

7.2.1665.0

Orchestrator.Shared.dll

723,184

7.2.1665.0

Microsoft.SystemCenter.ServiceManagementAutomation.dll

175,344

7.2.1665.0

Orchestrator.WebService.Client.dll

107,760

7.2.1665.0

Orchestrator.WebService.Shared.dll

337,648

7.2.1665.0



ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×