はじめに

この記事では、問題について説明します Microsoft System Center 2016 データの更新プログラム ロールアップ 9 で修正される Protection Manager。 この記事には、インストールも含まれています この更新プログラムの手順。

 既存のデータ保護 顧客をMicrosoft Azureマネージャーは、最新のエージェントにアップグレードする必要があります (バージョン 2.0.9169.0 以降)。 最新のエージェントがインストールされていない場合は、 オンライン バックアップが失敗する可能性があり、Azure をWindowsする Data Protection Manager はありません 操作が機能します。

修正される問題

この更新プログラムでは、次の内容が修正されます。 問題:

  • 一部のシナリオでは、ジョブの排除 ストレージの肥大化につながるエラー

その他の機能強化と機能:

  • のレイヤーを追加します。 認証は重要な操作に追加されます。 次のメッセージが表示されます。 Delete を使用して Stop Protection を実行するときにセキュリティ PIN を入力する データ操作。

  • 新しいパラメーター -CheckReplicaFragmentation を追加しました Copy-DPMDatasourceReplica コマンドレットで指定します。 新しいパラメーター は、レプリカの断片化の割合を計算します。 詳細については、こちらを参照してください

 の新しいインストール 更新プログラム ロールアップ エージェントを使用すると、保護されたサーバーが再起動される可能性があります。

System Center 2016 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 9 を取得する方法

Data Protection のパッケージを更新する マネージャーは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

マイクロソフト 更新

更新プログラムを取得してインストールするには パッケージを Microsoft Update から取得し、次の手順に従います。 Data Protection Manager コンポーネントがインストールされています。

  1. [スタート] をクリックします。 をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルでは、 Windows Updateダブルクリックします。

  3. Windows Update ウィンドウで、 [オンラインで Microsoft Update からの更新プログラムを確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラム] をクリックします を使用できます

  5. 更新プログラムロールアップを選択する パッケージを選択し、[OK] をクリックします。

  6. [更新プログラムをインストールする] をクリックします。 更新プログラム パッケージをインストールします。

手動 ダウンロード

次の Web サイトに移動します。 Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードします。

download.jpg Data Protection Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードする

方法の詳細については、次のページを参照してください。 Microsoft サポート ファイルをダウンロードし、次の記事番号をクリックして表示します マイクロソフト サポート技術情報の記事:

119591 Microsoft を取得する方法 オンライン サービスからファイルをサポートする

ウイルス スキャン 主張

Microsoft は、このファイルをスキャンし、 で使用できた最新のウイルス検出ソフトウェアを使用して、ウイルス ファイルが投稿された日付。 ファイルはセキュリティ強化された上に保存されます 承認されていない変更を防ぐのに役立つサーバー。

Data Protection Manager のインストール手順

データ用にこの更新プログラムをインストールするには Protection Manager では、次の手順に従います。

  1. この更新プログラムをインストールする前に、 Data Protection Manager データベースのバックアップを作成します。

  2. このロールアップ パッケージをインストールする 2016 Data Protection Manager System Center実行されているサーバー。 宛先 これを行い、サーバーで Microsoft Update を実行します。

  3. Data Protection Manager で 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 これを行うには、1 つを使用します 次のメソッドの値を使用します。

注: この更新プログラム ロールアップ エージェント 更新を行うには、保護されたサーバーを再起動する必要がある場合があります。 保護グループを変更します。

方法 1: Data Protection Manager 管理者から保護エージェントを更新する コンソール

  1. データ保護を開く Manager 管理者コンソール。

  2. [管理] タブをクリックします。 [エージェント] タブをクリックします。

  3. 保護対象の コンピューターの一覧でコンピューターを選択し、[更新] をクリックします。 アクション ウィンドウ。

  4. [はい] をクリックし、次に [はい] をクリックします [エージェントの更新] をクリックします。

方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新する

  1. 更新プログラムの保護を取得する System Center 2016 Data 上の次のディレクトリのエージェント パッケージ Protection Manager サーバー:

    • インストール パッケージは次のとおりです。 次のように指定します。

      • x86 ベースの場合 更新プログラム: i386\1033\DPMProtectionAgent_KB4534063.msp

      • x64 ベースの更新プログラムの場合: amd64\1033\DPMProtectionAgent_KB4534063_AMD64.msp

  2. 適切なコマンドを実行する DPMProtectionAgent.msp パッケージは、各保護されたサーバー上で、次の エージェントのアーキテクチャ。

  3. データ保護を開く System Center 2016 Data Protection の Manager 管理者コンソール Manager サーバー。

  4. [管理] タブをクリックします。 [エージェント] タブをクリックします。 保護されているファイルを選択します。 サーバーで情報を更新し、エージェントのバージョンが正しいことを確認します。 number は 5.0.525.0 です

詳細情報

Microsoft では、この更新プログラムロールアップと共に、利用可能な最新のオペレーティング システム更新プログラムを DPM サーバーにインストールすることをお勧めします。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×