Teams 会議を開くと Outlook 2016 がクラッシュする

現象

Microsoft Teams 会議を開くとき、または開かずに会議に置いすると、microsoft Outlook クライアントがクラッシュします。

原因

これは、Windows Defender による保護によって、割り当てられたメモリを超えて Outlook が機能しなくなるためです。 これは、Windows で Microsoft .Net framework 3.5 と他のバージョンの .Net framework が同時に実行されている場合によく発生します。

回避策

Windows Defender Exploit protection で、エクスポートアドレスフィルタリング (eaf)または インポートアドレスフィルタリング (IAF) オフにします。 

方法 1

エンドユーザー向けのプロセス:

  1. すべての Outlook windowsとその他の Office アプリケーションを閉じます。

  2. [スタート] メニューで、[ Windows セキュリティ] を検索して開きます。

  3. アプリ & ブラウザーコントロールに移動します。

  4. [ Exploit protection ] セクションまで下にスクロールし、[ exploit protectionの設定] を選択します。

  5. [システム設定] から [プログラムの設定] に切り替えます。

  6. リストで outlook.exe を見つけ、展開するエントリを選択して、[編集] を選択します。

  7. [エクスポートアドレスフィルタリング (EAF) ] までスクロールしてオフにします。  EAF

  8. スクロールしてアドレスフィルタリング (IAF) をインポートし、オフにします。 iaf

Outlook クライアントが正常に実行されているかどうかを確認します。 設定されている場合は、[インポートアドレスフィルター (IAF) ] の横のチェックボックスをオフにして、既定のシステム設定に戻します。 Outlook を再起動し、まだ正常に動作しているかどうかを確認します。 これにより、エクスポートまたはインポートで問題が発生しているかどうかを確認できます。

方法 2

管理者向けのプロセス:

このセキュリティ対策を無効にするには、 ポリシー XML ファイルを使用できます。理由Intune と System Center の両方の Configuration Manager の展開は、このファイルに依存します。これらの緩和を明示的に無効にするには、次のポリシー XML 設定を更新する必要があります。単に XML ファイルからペイロード行を削除することはできません。次に示すように、false に設定する必要もあります。

<AppConfig Executable = "outlook.exe" >

<Payload EnableExportAddressFilterPlus = "false" enableexportaddressfilter = "false"/>

</AppConfig>

System Center Configuration Manager を使用して exploit protection ポリシーを展開する方法の詳細については、「 exploit Guard ポリシーを作成して展開する」を参照してください。

Intune でExploit protection ポリシーを展開する方法の詳細については、「 intune を使ってデバイスを保護する」を参照してください。

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×