この記事の Microsoft Windows 2000 バージョンについては、162326 を参照してください。

概要

この記事では、インターネットプロトコル( IP )パケットが宛先に送信するパスをトレースするために使用できる、TRACERT (トレースルート)、コマンドラインユーティリティについて説明します。


この資料では、以下の項目について説明します。

  • TRACERT ユーティリティの使用方法

  • TRACERT を使用してトラブルシューティングを行う方法

  • TRACERT オプションの使用方法

詳細情報

TRACERT ユーティリティの使用方法

TRACERT 診断ユーティリティは、インターネット制御メッセージプロトコル( ICMP )のエコーパケットを宛先に送信することによって、宛先へのルートを決定します。 これらのパケットでは、様々な IP Time-To-Live ( TTL ) 値を使用します。 パスのそれぞれのルーターがパケットの転送前にパケットの TTL を少なくとも 1 つ以上下げるために必要なので、TTL は実質的にホップカウンターです。 パケットの TTL がゼロ(0)に達すると、ルーターは、ソースコンピューターに ICMP ”Time Exceeded” メッセージを送信します。


TRACERTは、最初のエコーパケットを 1 のTTL に送信し、送信先が応答するまで、または最大 TTL に到達するまで、TTL を 1 に送ります。 ルーターの返信を増加させる ICMP ”Time Exceed” メッセージは、ルートを表示します。 ただし、一部のルーターは期限切れになっているパケットをまとめて破棄し、これらのパケットは TRACERT で非表示になっています。


TRACERT は、ICMP "Time Exceed" メッセージを返す中間ルーターの順序付きリストを出力します。 -d オプションを使用して TRACERT コマンドで使用して、DNS 参照を各 IP アドレスで実行しないようにすると、ルーターに近いほう側のインターフェースの IP アドレスを報告します。


次の例の TRACERT コマンドとその出力では、パケットが 2 つのルーターを通過して、ホスト 11.1.0.1を得るために 2 つのルーター( 157.54.48.1 and 11.1.0.67 )を使用します。 この例では、既定ゲートウェイは 157.54.48.1 で、11.1.0.0 ネットワーク上ルーターの IP アドレス は 11.1.0.67 にあります。

コマンド:

C:\>tracert 11.1.0.1
コマンドの出力:

Tracing route to 11.1.0.1 over a maximum of 30 hops
---------------------------------------------------
1 2 ms 3 ms 2 ms 157.54.48.1
2 75 ms 83 ms 88 ms 11.1.0.67
3 73 ms 79 ms 93 ms 11.1.0.1

Trace complete.

TRACERT を使用してトラブルシューティングを行う方法

TRACERT を使用すると、ネットワーク上でパケットが停止している場所を確認できます。 次の例では、22.110.0.1 のホストに有効なパスがないという既定のゲートウェイが存在しています。 どちらの場合も、ルーターには構成上の問題があるか、22.110.0.0ネットワークが存在しないか、不適切な IP アドレスを反映してい可能性があります。

コマンド:

C:\>tracert 22.110.0.1
コマンドの出力:


Tracing route to 22.110.0.1 over a maximum of 30 hops
-----------------------------------------------------
1 157.54.48.1 reports: Destination net unreachable.

Trace complete.
TRACERTは、複数のパスが同じポイントにつながる場合や、多数の中間コンポーネント(ルーターまたはブリッジ)が関係する場合のトラブルシューティングに役立ちます。


TRACERT オプションの使用方法

TRACERT で使用できるコマンドラインオプションはいくつかありますが、通常、標準的なトラブルシューティングには必要ありません。


次のコマンド構文の例では、使用可能なオプションをすべて示しています。

tracert -d -h maximum_hops -j host-list -w timeout target_hostパラメータの内容:


-d
Specifies to not resolve addresses to host names

-h maximum_hops
Specifies the maximum number of hops to search for the target

-j host-list
Specifies loose source route along the host-list

-w timeout
Waits the number of milliseconds specified by timeout for each
reply

target_host
Specifies the name or IP address of the target host

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×