Visio でカスタム プロパティをテキストとして表示する方法

概要

この記事では、Microsoft Visio で図形のカスタム プロパティから派生したテキストを表示する方法について説明します。 この記事では、基本フローチャート ステンシルの "プロセス" 図形を図の目的で使用します。 別の図形を使用する場合は、図形にカスタム プロパティが設定され、カスタム プロパティに値を入力した必要があります。

この記事では、以前にシェイプシートを使用し、セクションの追加や数式の入力に慣れたユーザーを想定しています。

詳細情報

簡単な例

"プロセス" 図形を図面ページにドラッグします。 図形を右クリックし、3 つのカスタム プロパティ (コスト、期間、リソース) に値を入力します。 各プロパティは数値のみを受け入れる。

  1. 図形が選択されている間、[挿入] メニューの [フィールド] をクリックします。

  2. [カテゴリ] メニューの [ユーザー設定の数式] をクリックします。

  3. 選択すると、ユーザー設定の数式バーがアクティブになります。 フィールドにマウス ポインターを置き、「Prop.Cost」と入力します。

  4. [OK] をクリックします。 図形のテキストに、シェイプシートの [カスタム プロパティ] セクションの [Prop.Cost] 行の値が表示されます。

有効な行名を決定する

既にカスタム プロパティが設定されている図形の場合は、カスタム プロパティの行を適切に参照する方法を決定する必要があります。

  1. 図形が選択されている間、[ウィンドウ] メニューの [シェイプシートの表示] をクリックします。

  2. スクロールして、シェイプシートの [カスタム プロパティ] セクションを見つける。 表示されない場合は、[表示] メニューの [セクション] をクリックします。 カスタム プロパティを確認します。

  3. [カスタム プロパティ] セクションには、名前付き行があります。 "プロセス" 図形には、Prop.Cost、Prop.Duration、Prop.Resources の 3 があります。 名前の "Prop" は Visio によって自動的に追加されます。

複雑な例

この簡単な例では、1 つのカスタム プロパティを表示できます。 次の例では、ディスプレイにテキストとカスタム プロパティを追加する方法について説明します。 もう一度、カスタム プロパティに値を追加した "プロセス" 図形を使用して、テキスト ツールを選択し、次の手順を実行します。

  1. 次の情報を入力します。

    コスト: $Follow前の「簡単な例」セクションの手順 1 から 4 を参照してください。 Enter キーを押します。

  2. 次の単語を入力します。

    Duration:手順 1 から 4 にもう一度従い、Prop.Duration としてカスタム数式を入力します。 Enter キーを押します。 必要に応じて、"週" などの時間枠を入力します。

  3. 入力

    Resources:手順 1 から 4 にもう一度従い、Prop.Resources としてカスタム数式を入力します。


    結果の図形は図 1 に似ています。

代替テキスト


図 1

より複雑な例: カスタム プロパティの表示と非表示を選ぶ

次の例では、図形のカスタム プロパティ値を表示または非表示にする右マウス アクションを設定する方法を示します。 この例では、前の例の既に変更されたプロセス図形を使用します。


この例を表示するには、次の手順を実行します。

  1. スクロールして、シェイプシートの [ユーザー定義のセル] セクションを見つける。 シェイプシートの [ユーザー定義セル] セクションが表示されない場合は、[表示] メニューの [セクション] をクリックし、ユーザー定義セルを調べてください。

  2. 新しい行を作成し、HideProperties という名前を付けします。 このセクションの値とプロンプトは変更されません。

  3. 図形シートの [アクション] セクションの末尾に 2 行追加します。

  4. このセクションに次の数式または値を追加します。

    アクション

    アクション

    メニュー

    プロンプト

    オン

    無効

    2

    =SETF
    ("User.HideProperties",0)
    +SETF("Actions.D2",1)
    +SETF("Actions.D3",0)

    プロパティを表示
    する

    カスタム プロパティ
    を表示
    する

    0

    1

    3

    =SETF
    ("User.HideProperties",1)
    +SETF("Actions.D3",1)
    +SETF("Actions.D2",0)

    プロパティを非表示
    にする

    カスタム プロパティ
    を非表示
    にする

    0

    0

    注: Microsoft Office Visio 2003 または Microsoft Visio 2002 では、[操作] セクションに [プロンプト] が表示できません。

  5. [図形シート] の [その他] セクションの [テキストの非表示] セルに、次のセル参照を入力します。

    User.HideProperties

  6. これで、図形を右クリックすると、[プロパティの表示] と [プロパティの非表示] という 2 つの追加オプションが表示されます。 いずれかのオプションを選択すると、テキストを表示するか、テキストを非表示にするかどうかを決定できます。

  7. ユーザーが図形に手動でテキストを入力して新しい数式を上書きするのを防ぐには、図形シートの [保護] セクションの LockTextEdit セルに「1」と入力して、図形のテキストを編集から保護します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×