Windows: 仮想プリンター メモリの定義

概要

「仮想メモリ」PostScript プリンターに関連して使用すると実際には、プリンターにインストールされている物理 RAM の一部です。このタイプのプリンタ メモリは、コンピューター上の RAM メモリまたは仮想メモリの独自の種類として Windows 386 拡張モードを使用するコンピューターのハード ディスク上の空きディスク領域とは異なります。次のセクションでは、定義し、プリンターの仮想メモリの説明、[コントロール パネル] の [プリンター] セクションおよびプリンターの仮想メモリに関する情報源で仮想メモリの設定について説明します。

詳細情報

プリンター仮想メモリの説明

PostScript 印刷のコンテキストで使用されている「仮想メモリ」の語句では、PostScript 言語がプリンターの RAM メモリの特定のセグメントを使用する方法について説明します。メモリの PostScript の使用状況は、2 つの基本的な部分に分割できます。最初の領域は、PostScript の操作用に予約されている領域です。このエリアには、PostScript インタープリターと、スタックの 3 つが含まれています: オペランド スタック、ディクショナリ スタック、および実行のスタックです。メモリ、仮想メモリ、または VM 領域の 2 番目の領域は、PostScript の複合オブジェクトの値が格納される領域です。PostScript オブジェクトは、数値、ブール値、文字列、および配列など、データだけです。複合オブジェクトには、配列、ディクショナリ、または文字列があります。インタプリタとのスタックは、PostScript 印刷処理中にオブジェクトと複合オブジェクトを操作します。したがって、メモリの最初の領域がありますと見なすこと操作のオーバーヘッドを修正します。メモリの 2 番目の領域は、PostScript プリンター (下記参照) の [詳細オプション] ダイアログ ボックスを動的に調整可能なデータに対するストレージ ・ エリアです。

コントロール パネルの [仮想メモリの設定

PostScript プリンター ドライバーをインストールするには Windows 3.1 では、[詳細] 表示されますオプション] ダイアログ ボックスをオンにします。(オプション] ダイアログ ボックスにアクセスするにコントロール パネルを実行、[プリンター] アイコンを選択して、セットアップ] をクリックしておよび [オプション] ボタンを選択します。)[詳細設定] を選択した場合は、メモリ グループ] ボックスには、PostScript プリンターの仮想メモリの量を設定できますが、[詳細オプション] ダイアログ ボックスの操作を元に入ります。目的の量は、仮想メモリ (KB)] ボックスに入力されます。仮想メモリ] ボックスに表示される既定の設定は、プリンターの製造元によって推奨されるものです。既定値は、ほとんどの場合十分です。ただし、ドキュメントでは、TrueType フォントまたはソフト フォントの数が多いを使用する場合、プリンターのメモリをより多くの場合オフにするように、仮想メモリの設定を減らすために役立つ場合があります。これにより、プリンターのメモリが使用されていないフォントの情報を使用してオーバー ロードされていることを防ぐためです。ページあたりのメモリのクリア] オプションは、同様の機能を実行します。このオプションでは、各ページが表示され、フォントがプリンターにもう一度ダウンロードした後、プリンターのメモリがクリアされます。ただし、これらの設定では、PostScript の印刷に関する問題を処理するにのみ限られた有効性があります。TESTPS を印刷することで、PostScript プリンターでは、RAM メモリ (つまり、「仮想メモリ」) の実際の容量を指定できます。TXT ファイルが WINDOWS ディレクトリにします。多くの物理 RAM を追加するプリンターを使用すると、仮想メモリ] ボックスで有効な最大の値を大きくできます。

ドキュメントのソース

いいえ」の取得を開始で Microsoft Windows」ガイドの章 (「トラブルシューティング」) の 4 の仮想プリンター メモリをに関する詳細情報が存在しているオペレーティング システムのバージョン 3.1 が示すとおりのガイドの「Microsoft Windows リソース キット」ページ 334 ですがプリンターの仮想メモリに関する追加情報が存在します。それにもかかわらず、「を取得する開始を Microsoft Windows」のページ 84 ガイドの「PostScript プリンター オプションを変更する」セクションでは、ページあたりメモリのクリア] チェック ボックスに関する情報を提供は。 しますカーソルが仮想メモリの設定] ボックスの中に f1 キーを押すか [ヘルプ] ボタンを選択することによって、仮想メモリに関する他の情報が見つかりました。

参照情報

「PostScript 言語のリファレンス マニュアル、「Adobe Systems Inc. では 18 ~ 19、45-46 ◆ センターのページで、Windows バージョン 3.1 では、ページ 334「はじめに、Microsoft Windows で"の"Microsoft Windows リソース キット」のバージョン 3.1 では、ページの 1990 84HELP。TXT、Windows のバージョン 3.1

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×