Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターは、スクリーン セーバーが有効になっている場合、黒い画面で応答を停止します。

これが適切な修正かどうかわからないことがあります。この問題を確認できるを追加しました。

現象

次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1

  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでスクリーン セーバーを有効にします。

  • 、[再開時にログオン画面を表示、スクリーン セーバーのオプションを有効にするとします。

  • [電源オプション] では、時間の長さが同じに表示をオフにする] と [コンピューターをスリープ状態を配置を設定します。さらに、設定した時間の長さは、トリガーするスクリーン セーバーの設定した時間を超えています。

  • 表示をオフにする値が経過して表示の時間が自動的にオフにします。

シナリオ 2

  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているポータブル コンピューターでは、スクリーン セーバーを有効にします。

  • 、[再開時にログオン画面を表示、スクリーン セーバーのオプションを有効にするとします。

  • スクリーン セーバーが起動したら、ポータブル コンピューターのカバーを閉じます。

両方のシナリオでは、コンピューターが実行されています。ただし、キーボードまたはマウスを使用して、ディスプレイ上にできません。強制的にコンピューターを再起動するまでは、表示を有効にできない場合があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×