Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の更新履歴

リリース日:

バージョン:

2017/05/24

Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise、Windows Embedded 8.1 Industry Pro

Windows Update で Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用に公開されているセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムについて詳しく説明します。 これらの更新プログラムは、オペレーティング システムの問題の修正および全体的な信頼性の向上に役立ちます。

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のロールアップ (マンスリー ロールアップおよびセキュリティのみの更新プログラム) は、既定で次の Windows 8.1 Industry ベースの埋め込み型の製品に適用されます。

  • Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise。

  • Windows Embedded 8.1 Industry Pro。

ロールアップが埋め込み型の製品に適用されない場合、適用されないことを明示的に記載します。

このページの左側に、このバージョンの Windows 用にリリースされているすべての更新プログラムの参照が掲載されています。お使いのデバイスに適用できるすべての Windows の更新プログラムをインストールすることをお勧めします。 最新の更新プログラムをインストールすると、重要なセキュリティ修正プログラムを含む、それまでのすべての更新プログラムもインストールされることになります。 

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の現在の状態

Windows および Windows Server の既知の問題に関する最新情報については、Windows リリース正常性ダッシュボード () を参照してください。

メモとメッセージ

全般

重要 2020 年 7 月から、セキュリティの脆弱性により、すべての Windows Update で RemoteFX vGPU 機能が無効になります。この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1036KB4570006 を参照してください。この更新プログラムをインストールした後で、RemoteFX vGPU が有効になっている仮想マシン (VM) を起動しようとすると失敗し、次のようなメッセージが表示されます。

RemoteFX vGPU を再度有効にすると、次のようなメッセージが表示されます。

  • 「Hyper-V マネージャーでは、すべての RemoteFX 対応 GPU が無効になっているため、仮想マシンを起動することはできません。」

  • 「サーバーに十分な GPU リソースがないため、仮想マシンを起動できません。」

  • 「RemoteFX 3D ビデオ アダプターは現在サポートされていません。このアダプターを引き続き使用すると、セキュリティ リスクにさらされる可能性があります。詳細情報 (https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2131976)」

関連情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×