この記事では、Windows Media Player 12 によってサポートされるマルチメディア ファイルの種類を示します。 (Windows Media Player のバージョンを確認する方法)。

注:  新しいコーデックを Windows にインストールすると、追加のファイル形式がサポートされる場合があります。 詳細については、「コーデック: よく寄せられる質問」を参照してください。

  • Windows Media 形式 (.asf、.wma、.wmv、.wm)

  • Windows Media メタファイル (.asx、.wax、.wvx、.wvx、.wpl)

  • Microsoft デジタル ビデオ録画 (.dvr-ms)

  • Windows Media Download パッケージ (.wmd)

  • Audio Visual Interleave (.avi)

  • MPEG (.mpg、.mpeg、.m1v、.mp2、.mp3、.mpa、.mpe、.m3u)

  • Musical Instrument Digital Interface (.mid、.midi、.rmi)

  • Audio Interchange File Format (.aif、.aifc、.aiff)

  • Sun Microsystems および NeXT (.au、.snd)

  • Audio for Windows (.wav)

  • CD オーディオ トラック (.cda)

  • Indeo Video Technology (.ivf)

  • Windows Media Player スキン (.wmz、.wms)

  • QuickTime ムービー ファイル (.mov)

  • MP4 オーディオ ファイル (.m4a)

  • MP4 ビデオ ファイル (.mp4、.m4v、.mp4v、.3g2、.3gp2、.3gp、.3gpp)

  • Windows オーディオ ファイル (.aac、.adt、.adts)

  • MPEG-2 TS ビデオ ファイル (.m2ts)

  • Free Lossless Audio Codec (.flac)

サポートされているファイルの種類の詳細情報

 

Advanced Systems Format (.asf) Advanced Systems Format (ASF) は、推奨される Windows Media ファイル形式です。 Windows Media Player では、適切なコーデックがコンピューターにインストールされている場合、さまざまなコーデックで圧縮され、.asf ファイルに格納されているオーディオ コンテンツ、ビデオ コンテンツ、またはその両方を再生できます。 また、オーディオとビデオ コンテンツを Windows Media Services でストリーミングすることも、そのコンテンツを Windows Media Rights Manager でパッケージ化することもできます。

ASF は、同期されたマルチメディア データを格納する拡張ファイル形式です。 さまざまなネットワークおよびプロトコルを介してデータ配信をサポートします。 また、ローカルの再生にも適しています。 ASF は、拡張されたメディアの種類、コンポーネントのダウンロード、拡張メディアの種類、作成者指定ストリームの優先度、複数の言語サポート、およびドキュメントとコンテンツ管理を含む大規模な参考文献機能を備えた高度なマルチメディア機能をサポートします。

通常、Windows Media オーディオ (WMA) コーデックで圧縮されたオーディオ コンテンツを含む ASF ファイルは、.wma 拡張子を使用します。 同様に、Windows Media オーディオ (WMA) と Windows Media ビデオ (WMA) コーデックで圧縮されたオーディオ コンテンツ、ビデオ コンテンツ、またはその両方を含む ASF ファイルは、.wmv 拡張子を使用します。 最後に、他のコーデックで圧縮されたコンテンツは、汎用の .asf 拡張子を使用します。 ASF の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Advanced Systems Format (ASF) ファイル

Windows Media オーディオ (.wma) Windows Media オーディオ (.wma) ファイルは、Windows Media オーディオ (WMA) コーデックで圧縮されたオーディオを含む、Advanced Systems Format (.asf) ファイルです。 ユーザーは、個別の拡張機能を使用することで、コンピューターに複数のプレイヤーをインストールし、特定のプレイヤーをオーディオ専用ソースの再生用の .wma 拡張子に関連付けることができます。

Windows Media ビデオ (.wmv、.wm) Windows Media ビデオ (.wmv) ファイルは、Windows Media オーディオ (WMA) およびWindows Media ビデオ (WMA) コーデックで圧縮されたオーディオ、ビデオ、またはその両方を含む Advanced Systems Format (.asf) ファイルです。 ユーザーは、個別の拡張機能を使用することで、コンピューターに複数のプレイヤーをインストールし、特定のプレイヤーをオーディオおよびビデオ ソースの再生用の .wmv 拡張子に関連付けることができます。

 

Advanced Stream Redirector (.asx) Advanced Stream Redirector (.asx) ファイルは、Windows Media メタファイルとも呼ばれ、ファイル ストリームとそのプレゼンテーションに関する情報を提供するテキスト ファイルです。 ASX ファイルは、プレイリストの特定のメディア アイテムを指定する方法に関する情報を Windows Media Player に提供するためにプレイリストを定義する単純なタスクだけではありません。

Windows Media メタファイルは XML 構文に基づいており、ANSI または UNICODE (UTF-8) 形式でエンコードできます。 さまざまな要素が関連するタグと属性で構成されます。 Windows Media メタファイル内の各要素は、Windows Media Player の特定の設定またはアクションを定義します。

ASX ファイルは、Windows Media Player によって認識され、サポートされるあらゆる種類のメディア ファイルを指すことができます。


Windows Media メタファイルの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows Media メタファイル 

Windows Media Audio Redirector (.wax) Windows Media Audio Redirector (.wax) ファイルは、Windows Media オーディオ (.wma) ファイルを参照する Windows Media メタファイルです。

Windows Media Video Redirector (.wvx) Windows Media Video Redirector (.wvx) ファイルは、Windows Media ビデオ (.wmv) ファイルを参照する Windows Media メタファイルです。

Windows Media Redirector (.wmx) このファイルの種類をサポートする Windows Media Player のバージョン Windows Media Redirector (.wmx) ファイルは、Windows Media オーディオ (.wma) ファイル、Windows Media ビデオ (.wmv) ファイル、またはその両方を参照する Windows Media メタファイルです。

Windows Media Player 再生リスト (.wpl) Windows Media Player 再生リスト (.wpl) ファイルは、独自の形式で記述されたクライアント側の再生リストです。 Microsoft では、このファイル形式が Windows Media Player 9 シリーズで導入されました。 .wpl 形式で動的再生リストを作成できますが、.asx 形式と .m3u 形式はできません。 Windows Media Player 9 シリーズでは、自動再生リスト機能は .wpl 形式を使用します。 .wpl 形式は、Windows Media Player 9 シリーズで保存する再生リストに使用される既定のファイル形式です。

 

Microsoft Windows XP Media Center Edition では、記録されたテレビ コンテンツを格納するために *.dvr-ms ファイル形式が導入されました。 *.asf ファイルと同様に、*.dvr-ms ファイル拡張子は、タイム シフト、ライブ ポーズ、同時再生、および記録と再生を含む主要な Personal Video Recorder (PVR) 機能を許可します。 *.dvr-ms ファイルに含まれるビデオは、MPEG-2 ビデオ ストリームとしてエンコードされ、*.dvr-msファイルに格納されたオーディオは、MPEG-1 レイヤーII 音声ストリームとしてエンコードされます。

保護されていない *.dvr-ms ファイルを Windows XP ベースのコンピュータ上で再生するには、以下のソフトウェア コンポーネントおよびハードウェア コンポーネントが必要です。

  • Microsoft Windows XP Service Pack 1 (SP1) 以降。

  • 次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている更新プログラムをコンピュータにインストールする必要があります。
    詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

    810243 Windows XP Media Center Edition で記録されたファイルの DirectShow 再生サポート
     

  • Windows XP と互換性のある DVD デコーダ。

*.dvr-ms ファイルの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

dvr-ms ファイル形式について

 

Windows Media Downloads (WMD) パッケージは、Windows Media Player スキン ボーダー、再生リスト情報、および .wmd 拡張子を使用する 1 つのダウンロード可能なファイル内のマルチメディア コンテンツを組み合わせます。 .wmd パッケージには、音楽ビデオの全体的なアルバムを含めることができ、また、オンライン ミュージック販売 Web サイトへのグラフィカルなブランディングとリンクの形式で広告を表示します。

Web サイトから .wmd パッケージをダウンロードするには、パッケージへのリンクをクリックします。 パッケージがコンピューターにダウンロードされると、Windows Media Player によってパッケージに含まれているファイルが自動的に抽出され、パッケージに再生リストが追加され、メディア ライブラリに内容が追加され、ボーダー スキンが表示されます。
Windows Media Player (フル モード) の再生ウィンドウで、再生リスト内の最初のアイテムを再生します。 .wmd ファイルの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows Media Download パッケージの作成 (非推奨)

 

Audio Video Interleave (AVI) は、リソース交換ファイル形式 (RIFF) の特殊なケースです。 AVI は、Microsoft によって定義されます。 .avi ファイル形式は、コンピューター上のオーディオおよびビデオ データの最も一般的な形式です。

さまざまなコーデックで圧縮されているオーディオ コンテンツまたはビデオ コンテンツは、適切なコーデックがコンピューターにインストールされていれば、.avi ファイルに格納して Windows Media Player で再生できます。 .avi ファイルで頻繁に使用される音声コーデックには、以下のコーデックが含まれます。

  • DivX コーデック

    詳細については、次の DivX Web サイトを参照してください。

    DivX

  • Cinepak コーデック

    詳細については、次の Cinepak Web サイトを参照してください。

    Cinepak

  • Indeo コーデック

    詳細については、次の Ligos Web サイトを参照してください。

    Ligos Corporation 

  • DV コーデック

  • MJPEG コーデック

  • 圧縮されていない RGB コーデックまたは YUY2 コーデック

.avi ファイルで頻繁に使用されるオーディオ コーデックには、以下のオーディオ コーデックが含まれます。

  • MP3 コーデック

  • MS ADPCM (Microsoft Adaptive Differential Pulse Code Modulation)

  • 圧縮されていない PCM (Pulse Code Modulation) コーデック

 

Moving Picture Experts Group は、Moving Picture Experts Group (MPEG) 標準を開発します。 これらの標準は、ビデオと音声圧縮の標準的な進化セットです。

MPEG-1 (.mpeg、.mpg、.m1v) この標準は、1 秒あたり (bps) 約 1.5 Mb 以上の送信速度でプログレッシブ ビデオのコーディングを許可します。 このファイル形式は、特にビデオ CD および CD-i メディアで使用するために設計されました。 MPEG-1 標準の最も一般的な実装は、1 秒あたり 30 フレーム (fps) で 352x240 のビデオ解像度を提供します。 この標準を使用すると、標準的な VCR ビデオ以外のわずかに低品質なビデオが受信されます。

.m1v 拡張子を使用するファイルは、通常、ビデオ情報のみが含まれている MPEG-1 エレメンタリ ストリームです。 .mpg または .mpeg 拡張子を使用するファイルは、通常、MPEG-1 エンコード ビデオおよび MPEG-1 レイヤ― II (MP2) エンコード音声を含む MPEG-1 システム ストリームです。

ただし、MPEG-1 システム ストリームでは、.mpg および .mpeg 拡張子は独自に使用されません。 MPEG-2 プログラムでは、.mpg ファイルと .mpeg ファイル拡張子も頻繁に使用されますが、これには MPEG-2 エンコード ビデオが含まれます。 Microsoft Windows オペレーティング システムでは、MPEG-1 ビデオ デコーダーのみが提供されているため、Windows Media Player は、追加の MPEG-2 ビデオ デコーダー (DVD デコーダー パックとも呼ばれます) をインストールせずに MPEG-2 プログラム ストリームを再生できません。 DVD デコーダー パックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows 用ダウンロード

MPEG Audio Layer III (.mp3) この標準は、初期段階の MPEG からのものでもあります。 これは、MPEG-1 仕様および MPEG-2 仕様に含まれる音声圧縮テクノロジです。 Fraunhofer Institute は 1991 年に MP3 を開発しました。 MP3 では、永続的な音声コーディングを使用して、ほぼ同じ忠実性を持つ CD 品質のサウンドを圧縮します。

MPEG Audio Layer II (.mp2、.mpa) MPEG Audio Layer II は、当初は MPEG-1 仕様の一部として開発され、後に MPEG-2 仕様向けに更新されたオーディオ コーディングの規格です。

M3U (.m3u) .m3u ファイルは、.mp3 ファイルを参照するメタファイル再生リストで、再生リストに含まれる項目の追加のメタデータを提供します。

 

Musical Instrument Digital Interface (MIDI) は、楽器、シンセサイザー、コンピューター間の音楽情報交換の標準プロトコルです。 この標準は、メモの開始、ピッチ、長さ、音量、およびビブラートなどの音楽属性を含む音楽イベントのコードを定義します。 また、シンセサイザーで使用される、さまざまなボタン、ダイヤル、およびペダルのためのコードも定義します。

 

Apple Computer は、Audio Interchange File Format (AIFF) 音声ファイル形式を開発しました。 この形式を使用して、高品質のサンプル音声と楽器情報を格納できます。

 

Unix Audio (.au) は UNIX で生成されるサウンド ファイルです。

サウンド (.snd) ファイルは、Sun、NeXt および Silicon Graphics コンピューターで使用される交換可能な音声ファイル形式です。 ファイルには、通常、テキスト識別子が続く未加工の音声データが含まれます。

 

Windows は、Wave Form Audio (WAV) ファイル形式を使用して、オーディオを波形として格納します。 Pulse Code Modulation (PCM) エンコード オーディオの 1 分は、644 キロバイト (KB) から 27 メガバイト (KB) の記憶域を占める可能性があります。 記憶域のサイズは、サンプリング頻度、オーディオの種類 (モノまたはステレオ)、およびサンプルで使用されるビット数によって決まります。

AVI および ASF 形式と同様に、WAV はファイル コンテナーのみです。 さまざまなコーデックで圧縮され、.wav ファイルに格納されるオーディオ コンテンツは、適切なコーデックがコンピューターにインストールされている場合に、Windows Media Player で再生されます。 .wav ファイルで使用される最も一般的なオーディオ コーデックには、 Microsoft Adaptive Differential Pulse Code Modulation (MS ADPCM) と非圧縮の Pulse Code Modulation (PCM) が含まれます。

 

CD オーディオ (.cda) は、CDメディアに格納されているオーディオ ファイルです。 .cda ファイルは、CD-ROM からのみ再生できます。 そのため、この記事に再生するサンプル ファイルを含めることはできません。 .cda ファイルをテストするには、CD-ROM から別の .cda ファイルを再生するか、別の CD-ROM から .cda ファイルを再生します。 .cda ファイルは、CD オーディオ トラックを表し、実際のパルス符号変調 (PCM) 情報を格納しません。 CD-ROM からハード ディスクに .cda ファイルをコピーした場合、ファイルを再生することはできません。

 

Indeo Video Files (IVF) は、Ligos Corporation からの Indeo コーデックを使用してエンコードされるビデオ ファイルです。 Indeo 標準が頻繁に変わる場合があります。 このコーデックでエンコードされたファイルを再生できるようにするには、最新の Indeo パッケージがあることを確認します。 最新の Indeo パッケージがあることを確認するには、Ligos Corporation に問い合わせてください。 そうするには、以下の Ligos Web サイトを参照してください。

Ligos Corporation .ivf ファイルを再生するには、ハード ディスクにファイルをダウンロードしてから再生します。 これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. .ivf ファイルのリンクを右クリックし、次をクリックします。
    [対象をファイルに保存]。

  2. ハード ディスク上のファイルを保存する場所を指定します。

  3. ハード ディスクに保存したファイルをダブルクリックして、ファイルを再生します。

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

281919 IVF (Indeo Video Format) ファイルの再生時にメッセージ "エラーを特定できません" が表示される
 

 

Windows Media Player スキン (.wms) 定義ファイルは、スキン、その関係、およびその機能に存在する要素を定義する XML テキスト ドキュメントです。 スクリプト作成者は、アート要素を組み込み、そのスキンに機能を追加するスキン定義ファイル (.wms) および関連する JScript ファイル (.js) を作成します。

.wmz ファイルは、Windows Media Player スキン定義ファイルと関連する Jscript ファイル、およびそれをサポートするグラフィック ファイルを含む、圧縮された ZIP アーカイブです。

 

Apple Computer は、マルチメディア ファイルを作成、編集、表示するための QuickTime ファイル形式を開発しました。 QuickTime 形式には、ビデオ、アニメーション、グラフィックス、3D および仮想現実 (VR) コンテンツを含めることができます。 Windows Media Player では、QuickTime ファイルのバージョン 2.0 以前のみを再生できます。 それ以降のバージョンの QuickTime には、独自の Apple QuickTime Player が必要です。 詳細については、次の Apple Web サイトを参照してください。

QuickTime Player のサポート

 

.m4a (オーディオのみ) は、AAC エンコーディング (損失) を使用して頻繁に圧縮されますが、Apple Lossless 形式でも使用できます。

 

MPEG-4 は、圧縮、作成、および配信を含むマルチメディア プレゼンテーションの多くの側面をカバーする国際標準化機構 (ISO) 仕様です。 ビデオ圧縮とファイル コンテナーの定義は、MPEG-4 仕様の 2 つの独立したエンティティとなりますが、多くの人がその 2 つが互換性があると間違って認識しています。 MPEG-4 仕様の一部のみを実装し、標準に準拠させることができます。

MPEG-4 仕様によって定義された MPEG-4 ファイル形式には、MPEG-4 エンコードのビデオと高品位オーディオ コーディング (AAC) エンコードのオーディオ コンテンツが含まれます。 通常は .mp 4 拡張子を使用します。 Windows Media Player では、.mp 4 ファイル形式の再生はサポートされていません。 Windows Media Player の .mp 4 メディア ファイルは、DirectShow 互換の MPEG-4 デコーダー パックのインストール時に再生できます。 DirectShow 互換の MPEG-4 デコーダー パックには、Ligos LSX-MPEG Player および EnvivioTV が含まれています。

LSX-MPEG Player の詳細については、次の Ligos Web サイトを参照してください。

Ligos Corporation EnvivioTV の詳細については、次の Envivio Web サイトを参照してください。

Ericsson Portfolio Microsoft は、MPEG-4 標準のビデオ圧縮部分を実装することを選択しました。 Microsoft は、現在、次の MPEG-4 ベースのビデオ コーデックを作成しています。

  • Microsoft MPEG-4 v1

  • Microsoft MPEG-4 v2

  • Microsoft MPEG-4 v3

  • ISO MPEG-4 v1

MPEG-4 ビデオ コンテンツは、Windows Media Tools および Windows Media エンコーダーを使用して、.asf ファイル コンテナーにエンコードおよび格納できます。 その後、これらのファイルを Windows Media Player で再生できます。 Microsoft および MPEG-4 サポートの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows Media Player の入手 .m4v ファイル形式は、Apple によって開発されたビデオ ファイル形式で、MP4 形式に近いものです。 違いはオプションの Apple の DRM コピー保護であり、MP4 コンテナーに標準化されていない AC3 (Dolby デジタル) オーディオを処理します。

.mp4v ファイルは MPEG-4 ビデオ ファイルです。

.3gp (3GPP ファイル形式) は、3G UMTS マルチメディア サービス用の Third Generation Partnership Project (3GPP) で定義されたマルチメディア コンテナー形式です。 これは 3G 携帯電話で使用されますが、一部の 2G および 4G 電話で再生することもできます。

.3g2 ファイル形式 (3GPP2 ファイル形式) は、3G CDMA2000 マルチメディア サービスの 3GPP2 で定義されているマルチメディア コンテナー形式です。 3GP ファイル形式に似ていますが、3GP と比較して一部の拡張子と制限事項があります。

.3gp2 ファイルの種類は、主に '3GPP2' と関連付けられています。

 

高品位オーディオ コーディング (.aac) は、デジタル オーディオ用の標準化された、損失圧縮とエンコード方式です。 MP3 形式の後継として設計された AAC は、一般的に MP3 よりも同様のビット レートでサウンドの品質がよりよくなっています。

Audio Data Transport Stream (.adts) は、各フレームにヘッダー付きの AAC オーディオ データがある、一連のフレームで構成される MPEG-2 トランスポート ストリーム内でのデータをストリームする場合に使用します。

 

.m2ts は、Blu-ray Disc Audio-Video (BDAV) MPEG-2 トランスポート ストリーム (M2TS) コンテナー ファイル形式で使用されるファイル名拡張子です。 これは、多重オーディオ、ビデオ、およびその他のストリームに使用されます。 これは、MPEG-2 トランスポート ストリーム コンテナーに基づいています。 このコンテナーの形式は、通常、ブルーレイ ディスクおよび AVCHD 上で高解像度のビデオで使用されます。

詳細情報

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×