Windows RT 8.1、Windows 8.1 の場合、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターは、DRIPS に入ることはありません。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

Windows RT 8.1、Windows 8.1 の場合、または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターにインストールされている更新プログラムを使用するいると仮定します。デバイス電源管理フレームワーク (PoFx) には、プラグイン (PEP) は登録されていない電源エンジンによって報告されるときに、コンピューターは、最も深いランタイム アイドル電源状態 (DRIPS) を入力できません。

解決策

更新プログラムの情報

この問題を解決するには、更新プログラムのロールアップ 2903939 をインストールします。この更新プログラムのロールアップ パッケージを入手する方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 更新プログラムのロールアップ: 2013年 12 月

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×