Windows Vista の RC1 と Windows Server 2008 用 Windows PowerShell 1.0 RC2 インストール ・ パッケージ

はじめに

この資料は Microsoft Windows Vista の RC1 をインストール パッケージ用 Windows PowerShell 1.0 Release Candidate (RC) 2 を説明し、Microsoft Windows Server 2008 内部開発者サーバー (ID) は、5600 をビルドします。

このインストール パッケージは、Windows PowerShell 1.0 RC2 の日本語版をインストールします。英語 (EN-US) のバージョンの Windows Vista の RC1 と Windows Server 2008 上でのみ動作します。Windows PowerShell 1.0 RC2 のローカライズされたバージョンは利用できません Windows Vista の RC1 または Windows Server 2008 の ID のビルドの 5600 です。

ローカライズし、Web (RTW) パッケージを Windows PowerShell 1.0 のリリースの英語バージョンは Service Pack 2 の Windows XP および Windows Server 2003 Service Pack 1 を使用します。日本語版の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックして:

Windows PowerShell 1.0 英語版のインストール パッケージを Windows Server 2003 Service Pack 1 および Windows XP Service Pack 2 の

ローカライズされたバージョンについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Windows PowerShell 1.0 ローカライズ版インストール パッケージ Windows server 2003 Service Pack 1 と Windows XP Service Pack 2 の

注意事項:Windows PowerShell 1.0 RC2 をインストールする前に、Windows PowerShell 1.0 のすべての以前のバージョンをアンインストールします。それ以外の場合、インストールは失敗します。

詳細

Microsoft Windows PowerShell では、新しいコマンド ライン シェルとスクリプト言語がシステムの管理と自動化のために設計されています。.NET Framework に組み込まれている、Windows PowerShell では、IT プロフェッショナルおよび開発者が制御し、Windows およびアプリケーションの管理を自動化します。

Windows PowerShell が含まれています。

  • 130 を超えるコマンド ライン ツール ("cmdlet"と呼ばれる) サービス、プロセス、イベント ログ、証明書、レジストリを管理し、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) を使用するなどの一般的なシステム管理タスクを実行するためです。

  • コマンド ライン ツール、使いやすい名前付け規則や一般的なパラメーターは、簡単に習得するように設計された、並べ替え、フィルター、およびデータおよびオブジェクトの書式設定のシンプルなツールです。

  • 既存のスクリプト言語および既存のコマンド ライン ツール、Windows、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista™、Windows Server などの複数のバージョンのサポートはコードネーム"Longhorn"です。

  • ファイル ・ システムの場合と同様に、レジストリや証明書ストアなどのデータ ストアを移動するのにはユーザーを可能にする機能です。

  • 別のストアと Active Directory サービス インターフェイス (ADSI)、Windows 管理インストルメンテーション (WMI)、コンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクト、ActiveX データ オブジェクト (ADO)、HTML、および XML 形式の Windows データを管理するための標準的なユーティリティです。

  • 高度な式解析、およびオブジェクトのパイプライン処理など、コマンドラインでの.NET Framework オブジェクトの操作は、IT プロフェッショナルはより効率的で効果的に作業を支援します。

  • 独立系ソフトウェア ベンダーおよびエンタープライズ開発者カスタム コマンドレットを作成する独自のアプリケーションやシステム管理の要件を満たすためにできるようにする拡張可能なインターフェイスです。

Windows PowerShell の詳細については、次の Web サイトを参照してください。

  • Windows PowerShell の Web サイト:

  • Windows PowerShell のブログ:

システム要件

  • Windows Vista の RC1 または Windows Server 2008 の ID ビルド 5600

Windows PowerShell には、Windows Vista の RC1 に含まれている Microsoft.NET Framework 2.0 が必要ですし、Windows Server 2008 の ID は、5600 をビルドします。

Windows PowerShell 1.0 のすべてのバージョンがコンピューターにインストールされている場合は、アンインストールする必要があります。それ以外の場合、インストールは失敗します。

Windows PowerShell をアンインストールします。

Windows PowerShell 1.0 RC2 をインストールする前に、コンピューター上の Windows PowerShell 1.0 のすべてのバージョンをアンインストールする必要があります。
他のバージョンの Windows PowerShell 1.0 をアンインストールするには。

  1. [スタート] ボタン Start button 検索の開始] ボックスにappwiz.cplと入力し、ENTER キーを押します。

  2. アンインストール] または [プログラムの変更] ボックスの一覧では、 Windows PowerShell(TM) 1.0を右クリックし、アンインストールと変更] をクリックします。

  3. Windows PowerShell(TM) 1.0 を削除する指示に従います。

再起動の必要性

Windows PowerShell 1.0 RC2 をインストールした後にコンピューターを再起動する必要はありません。


インストールまたはアンインストールを別のプログラムで使用されているファイルである場合のみ、再起動する必要があります。このシナリオでは、同じバージョンの Windows PowerShell がコンピューターにインストールされていたし、されている場合、完全にアンインストールされていない場合にのみに発生します。これらのファイルを使用している場合、再起動を求めるメッセージが表示されます、インストーラーを無人モードで実行している場合を除き、します。

インストール フォルダー

Windows PowerShell 1.0 RC2 は、次のフォルダーにインストールされます。場所を変更することはできません。

X86 ベースのバージョンの Windows、Windows PowerShell 1.0 RC2 は %windir% が Windows システム フォルダー (通常は C:\Windows) を表す、次のフォルダーにインストールされます。

%windir%\System32\WindowsPowerShell\V1.0X64 ベースおよび Itanium ベース バージョンの Windows、Windows PowerShell 1.0 RC2 の 32 ビットおよび 64 ビット両方のバージョンは %windir% が Windows システム フォルダー (通常は C:\Windows) を表す、次の場所に既定でインストールされます。

  • Windows PowerShell の 64 ビット バージョンは、次のフォルダーにインストールされます。

    %windir%\system32\WindowsPowerShell\V1.0

  • Windows PowerShell の 32 ビット バージョンは、次のフォルダーにインストールされます。

    %windir%\Syswow64\WindowsPowerShell\V1.0

リソース ファイルは、インストール フォルダー、c:\windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\en-US などのロケール固有のサブフォルダーにインストールされます。

ドキュメントは、c:\windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Documents\en-US など、ロケール固有のサブフォルダーにインストール先フォルダーのドキュメントのサブフォルダーにインストールされます。

Windows PowerShell を検出します。

プログラムは、Windows PowerShell は、Windows Vista の RC1 を実行するコンピューターにインストールされているか、Windows Server 2008 の ID は、インストールのレジストリ エントリの値をチェックして 5600 をビルドするかどうかを判断できます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PowerShell\1\ <LCID>\Install
< >は 16 進数の 0409 en-us など、システムのロケール ID です。



インストールの値が 1 の場合は、Windows PowerShell がコンピューターにインストールします。

Windows PowerShell をダウンロードします。

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Windows Vista の RC1 と Windows Server 2008 ID ビルド 5600、x86 ベースのバージョンの Windows PowerShell 1.0 (RC2)

Download

Windows Vista の RC1 と Windows Server 2008 ID ビルド 5600、x64 ベース バージョンの Windows PowerShell 1.0 (RC2)

Download


Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

ファイル情報

更新プログラムでは、次のファイルが含まれています。

  • About_alias.help.txt

  • About_arithmetic_operators.help.txt

  • About_array.help.txt

  • About_assignment_operators.help.txt

  • About_associative_array.help.txt

  • About_automatic_variables.help.txt

  • About_break.help.txt

  • About_command_search.help.txt

  • About_command_syntax.help.txt

  • About_comparison_operators.help.txt

  • About_continue.help.txt

  • About_core_commands.help.txt

  • About_display.xml.help.txt

  • About_environment_variable.help.txt

  • About_escape_character.help.txt

  • About_execution_environment.help.txt

  • About_filter.help.txt

  • About_flow_control.help.txt

  • About_for.help.txt

  • About_foreach.help.txt

  • About_function.help.txt

  • About_globbing.help.txt

  • About_history.help.txt

  • About_if.help.txt

  • About_line_editing.help.txt

  • About_location.help.txt

  • About_logical_operator.help.txt

  • About_method.help.txt

  • About_pssnapins.help.txt

  • About_namespace.help.txt

  • About_object.help.txt

  • About_operator.help.txt

  • About_parameter.help.txt

  • About_parsing.help.txt

  • About_path_syntax.help.txt

  • About_pipeline.help.txt

  • About_property.help.txt

  • About_provider.help.txt

  • About_quoting_rules.help.txt

  • About_redirection.help.txt

  • About_ref.help.txt

  • About_regular_expression.help.txt

  • About_reserved_words.help.txt

  • About_scope.help.txt

  • About_script_block.help.txt

  • About_shell_variable.help.txt

  • About_signing.help.txt

  • About_special_characters.help.txt

  • About_switch.help.txt

  • About_system_state.help.txt

  • About_types.help.txt

  • About_commonparameters.help.txt

  • About_where.help.txt

  • About_while.help.txt

  • About_wildcard.help.txt

  • Default.help.txt

  • Microsoft.powershell.commands.management.dll

  • Microsoft.powershell.commands.management.dll-help.xml

  • Microsoft.powershell.commands.utility.dll

  • Microsoft.powershell.commands.utility.dll-help.xml

  • Microsoft.powershell.consolehost.dll

  • Microsoft.powershell.consolehost.dll-help.xml

  • Microsoft.powershell.security.dll

  • Microsoft.powershell.security.dll-help.xml

  • Microsoft.powershell.commands.management.resources.dll

  • Microsoft.powershell.commands.utility.resources.dll

  • Microsoft.powershell.consolehost.resources.dll

  • Microsoft.powershell.security.resources.dll

  • System.management.automation.resources.dll

  • System.management.automation.dll

  • System.management.automation.dll-help.xml

  • Dotnettypes.format.ps1xml

  • Filesystem.format.ps1xml

  • Registry.format.ps1xml

  • Certificate.format.ps1xml

  • Help.format.ps1xml

  • Types.ps1xml

  • Powershellcore.format.ps1xml

  • Powershelltrace.format.ps1xml

  • Pwrshmsg.dll

  • Pwrshsip.dll

  • Powershell.exe

  • Powershell.exe.mui

  • Pscustomsetuputil.exe

  • Pssetupnativeutils.exe

  • Profile.ps1

  • Releasenotes.rtf

  • Gettingstarted.rtf

  • Userguide.rtf

  • Quadfold.rtf

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×