Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows 7 を実行しているコンピューター上のリモート共有フォルダーから Excel 2007 ドキュメントを開しようとしても、"ファイルが使用されています" というメッセージが正Windows Server 2008 R2

現象

Windows エクスプローラーで、詳細ビューを使用し、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでプレビュー ウィンドウ レイアウトが有効になっているリモート共有フォルダーを開きます。 リモート共有フォルダーからブックを開Microsoft Office Excel 2007、次のメッセージが表示されることがあります。

[使用しているファイルfile_name編集用にロックされていますuser_nameただし、この場合、他のユーザーがこのドキュメント


を使用しているわけではありません。

この問題は、他の共有 2007 および他の共有ドキュメントを開Officeされます。 このような共有ドキュメントは、他のユーザーが排他的に編集することはできません。

解決方法

問題を解決するには、「問題を解決する」セクション移動してください。この問題を自分で解決したい場合は、「自分で解決する」セクションに移動してください


Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。 次に 、[ファイルの ダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、修正ウィザードの手順に従います。


  • Service Pack 1 がインストールされていない Windows Vista または Windows Server 2008 を使用している場合は、修正プログラムソリューションを実行する前に、このサポート技術情報の記事の先頭にある 「修正プログラムのダウンロードが利用可能」セクションに修正プログラムをインストールしてください。

  • この修正プログラムソリューションは、2007 年と 2010 年Office両方Microsoft Office適用されます。

  • このウィザードは英語版のみである場合があります。 しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。 フィードバックを送信したり、このソリューションに関する問題を報告したりするには、ブログの"問題を解決する" ブログにコメントを残してください。または、メール メッセージを 送信 してください。



Windows 7 および Windows 2013 の問題を解決Windows Server 2008 R2、次のレジストリ キーを追加できます。

  • キー: HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{993BE281-6695-4BA5-8A2A-7AACBFAAB69E}

    名: EnableShareDenyNone

    型: REG_DWORD

    値: 1

  • キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{993BE281-6695-4BA5-8A2A-7AACBFAAB69E}

    名: EnableShareDenyNone

    型: REG_DWORD

    値: 1

注: この設定は、2007 年と 2010 年Office両方Office適用されます。

Service Pack 情報この問題を解決するには、Windows Vista 用の最新の Service Pack を入手します。 詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

935791 Windows Vista Service Pack 2 (SP2) のインストール

修正プログラム情報 サポートされている修正プログラムは、Microsoft から入手できます。 ただし、この修正プログラムは、この記事で説明されている問題のみを修正することを目的としています。 この修正プログラムは、この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラムは、追加のテストを受け取る場合があります。 したがって、この問題の深刻な影響を受けない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムをお待ちください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に 「修正プログラムのダウンロードが利用可能です」セクションがあります。 このセクションが表示されない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートに連絡して修正プログラムを入手してください。

注: その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス 要求を作成する必要がある場合があります。 通常のサポート コストは、この特定の修正プログラムの対象ではない追加のサポートに関する質問や問題に適用されます。 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号の完全な一覧については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support"修正プログラムのダウンロードが利用可能" フォームには、修正プログラムが利用可能な言語が表示されます。 言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

PrerequisitesNo の前提条件は必須です。

再起動の要件この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置換情報この修正プログラムは、その他の修正プログラムを置き換える必要はありません。

ファイル情報 この修正プログラムの英語版には、次の表に記載されているファイル属性 (以降のファイル属性) があります。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC と現地時間の違いを確認するには、コントロール パネルの[日付と時刻] アイテムの [タイム ゾーン] タブを使用します。

Windows Vista、32 ビット版

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Update.mum

Not Applicable

27,118

2007 年 9 月 5 日

11:18

Not Applicable

X86_microsoft-windows-propsys_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20674_none_00b914b04a9af30b.manifest

Not Applicable

119,358

2007 年 9 月 5 日

1,119

Not Applicable

X86_microsoft-windows-shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20674_none_6a84d8d12e282864.manifest

Not Applicable

975,772

2007 年 9 月 5 日

1,119

Not Applicable

Propsys.dll

6.0.6000.20674

733,696

2007 年 9 月 5 日

02:18

x86

Shell32-ppdlic.xrm-ms

Not Applicable

3,150

2007 年 9 月 5 日

02:07

Not Applicable

Shell32.dll

6.0.6000.20674

11,318,784

2007 年 9 月 5 日

02:19

x86

Windows Vista、64 ビット版

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Amd64_microsoft-windows-propsys_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20674_none_5cd7b03402f86441.manifest

Not Applicable

119,382

2007 年 9 月 5 日

11:54

Not Applicable

Amd64_microsoft-windows-shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20674_none_c6a37454e685999a.manifest

Not Applicable

977,919

2007 年 9 月 5 日

11:54

Not Applicable

Update.mum

Not Applicable

27,629

2007 年 9 月 5 日

1,119

Not Applicable

Wow64_microsoft-windows-shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20674_none_d0f81ea71ae65b95.manifest

Not Applicable

968,819

2007 年 9 月 5 日

11:54

Not Applicable

Propsys.dll

6.0.6000.20674

907,264

2007 年 9 月 5 日

03:15

Not Applicable

Shell32-ppdlic.xrm-ms

Not Applicable

3,150

2007 年 9 月 5 日

03:04

Not Applicable

Shell32.dll

6.0.6000.20674

12,786,688

2007 年 9 月 5 日

03:16

x64 プラットフォーム

Shell32.dll

6.0.6000.20674

11,318,784

2007 年 9 月 5 日

02:19

x86

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows Vista Service Pack 1 で最初に修正されました。

詳細情報

2007 Officeシステムを使用している場合は、この修正プログラムをインストールした後に、次のレジストリ キーを追加する必要があります。

  • キー:
    HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{993BE281-6695-4BA5-8A2A-7AACBFAAB69E}
    名: EnableShareDenyNone
    型: REG_DWORD
    値: 1

  • キー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{993BE281-6695-4BA5-8A2A-7AACBFAAB69E}

    名: EnableShareDenyNone
    型: REG_DWORD
    値: 1

次のテキストを .reg ファイルとして保存し、ファイルをダブルクリックします。

Windows Registry Editor Version 5.00 
[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{993BE281-6695-4BA5-8A2A-7AACBFAAB69E}]
@="Microsoft Office Metadata Handler"
"EnableShareDenyNone"=dword:00000001
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{993BE281-6695-4BA5-8A2A-7AACBFAAB69E}]
@="Microsoft Office Metadata Handler"
"EnableShareDenyNone"=dword:00000001

注: この問題に影響を与えるコンポーネントは、Windows 7 と Windows Server 2008 R2 で更新されましたが、上記のレジストリ エントリを Windows 7 および Windows Server 2008 R2 コンピューターでも実行する必要がある問題を解決するためです。

詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

822227 Windows エクスプローラーからファイルを開いた場合、プログラムによって共有違反が発生する場合があります。ソフトウェア更新の用語の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事

を参照してください。

824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×