Word 2010 の修正プログラム パッケージ (Word x none.msp): 2010 年 12 月 14 日

概要

この資料では、2010 年 12 月 14 日は日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正される Word 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 次のような状況を考えます。

    • Microsoft Outlook 2010 で電子メール メッセージを作成します。

    • ヘブライ語のキーボード ドライバーを使用しているときに、電子メール メッセージにテキストを入力します。

    • 大文字のラテン文字を入力するのには、Capslock キーを押します。

    • Caps Lock キーを離すし、ヘブライ語の文字の入力を続けます。

    このシナリオでは、ヘブライ語のテキストのフォントが正しく表示されません。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 27875 (OfficeQFE)

  • 次のような状況を考えます。

    • Word 2010 のドキュメントを追加する段落を現在のページの下部と、次のページの一番上にまたがっています。

    • StyleRefフィールドをフィールドに\lスイッチのヘッダーと、文書のフッターに追加します。

    このシナリオでは、現在のページの下部にあるテキストのスタイルは、 StyleRefフィールド内のテキストには適用されません。代わりに、次のページの上部にあるテキストのスタイルが正しく適用されていません、 StyleRefフィールド内のテキストにします。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 28807 (OfficeQFE)

  • Helvetica タイプ 1 フォントを Word 2010 ドキュメントを使用すると、Word 2010 がクラッシュします。また、Outlook 2010 の電子メール メッセージに Helvetica Type 1 フォントを使用するときに、Outlook 2010 がクラッシュします。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 27554 (OfficeQFE)

  • Word 2010 文書に番号の書式を持つテキスト フォームフィールドを挿入するとします。保存し、文書を閉じます。このような状況では、番号の書式には、ドキュメントを再び開くと表示されなくなります。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 28058 (OfficeQFE)

  • Word 2010 ドキュメントの段落に段落番号の箇条書きを適用するとします。[PDF または XPS ファイルとして文書を保存するとします。この状況では、Word 2010 がクラッシュします。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 28220 (OfficeQFE)

  • Word 2010 ドキュメントは、PDF または XPS ファイルとして保存します。次に、PDF または XPS ファイルを開きます。このような場合は、ファイル内のいくつかの単語が重複しているかまたは存在しません。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 28806 (OfficeQFE)

  • インデックスフィールドを追加するには、Word 2010 の文書にします。さらに、インデックスフィールドには、別の Word 文書をポイントする参照ドキュメント(RD) フィールドがあります。この状況では、インデックスフィールドを更新しようとすると、Word 2010 がクラッシュします。


    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 27822 (OfficeQFE)

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。これらの問題による大きな障害が発生していない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことを勧めします。


修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×