概要

この資料では、2014 年 10 月 14 日は日にリリースされた Microsoft Word 2013 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 自分のユーザー名に"&"文字が含まれていると仮定します。単語にコメントを追加して"&"文字の文書が存在しないか、文字"&"文字の横に表示される下線付き。

  • Word 2013 の特定のフォントを含む Word 文書を開くと、Word がクラッシュします。

  • Word 2013 年に 2 つの非表示のテキストの 2 つの間で表示されるテキストを含む Word 文書を開くことを想定していて、非表示と非表示のテキストを設定します。表示されているテキストを選択する、新しいテキストに置き換えるし、表示と非表示のテキストを設定します。このような場合は、新しいテキストが表示されますされ、中間の代わりに非表示のテキストの 2 つの外側にします。

  • Word 2013 または Outlook 2013 は、予想よりも多くのシステム リソースを使用します。

  • Word 2013 では、Word 文書を web ページとして保存することを想定しています。一部の web ブラウザーで web ページを開くとき、フォントの外観とは異なる Word 文書に表示するフォントです。
    同様に、2013 年 Outlook で電子メール メッセージを作成し、一部の web ブラウザーでメッセージを表示すると、フォントは電子メール メッセージで使用されるフォントと異なる表示される可能性があります。

  • Word 2013 では、フィールド、図形、または画像を含む文書で、変更の履歴にすることと仮定します。ドキュメントに変更を加えます。保存し、文書を閉じます。ドキュメントを再び開くと、いくつか予期しない書式変更の履歴リビジョンのバルーンに表示されます。

  • Word 2013 では、オート コレクトが Capitalized 文を適用しない設定を無効にするグループ ポリシー設定を使用することを想定しています。Word 文書を開くし、段落を入力します。このような場合は、段落の最初の文はまだ大文字で始めます。

  • Word 2013 では、アウトライン ビューでのいくつかの内部リンクを含むドキュメントを保存して、PDF ファイルとして保存する、ことを想定しています。Word 文書を開くと、いくつか追加のページが予期せず、追加および内部リンクは、これで正しい。これらの問題は、新しく作成された PDF ファイルにも発生します。

  • Word 2013 では、表のセルを選択し、キーボードおよびマウスの操作の組み合わせを使用して、この選択範囲を別のテーブル セルを拡張するものとします。たとえば、Shift キーを押しながらし、別のセルをクリックします。この状況で期待どおりにWindowSelectionChangeイベントは発生しません。

  • Word 2013 年では、Ruby のフィールド内にテキストに合わせてセルの設定をオンになっている段落には、.rtf 文書を開くと、テキストに四角形のボックスが予期しない文字が表示されます。

  • Word 2013 では、繰り返しテーブルの行を複数ページにわたる内のグラフィック オブジェクトのアンカーがある場合にレンダリングし、パフォーマンスの問題が発生します。

  • 編集の制限によって保護されているテキスト ボックスを含む Word 文書を使用するいると仮定変更不可 (読み取り専用)。この状況では、テキスト ボックスを編集するのにはできます。コピーして、テキスト ボックスを貼り付けると、移動または編集できません。

  • ドキュメントを開こうとすると、破損したブックマークを含む Word 2013 で、ドキュメントは開くことができません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    Word は、ドキュメントを読み取ることができませんでした。破損している場合があります。

  • シリアまたはモルディブ文字を含む Word 文書を印刷するとき、文字可能性がありますいないが正しく表示、印刷物に。

  • 次のような状況を考えます。

    • 2013 年 Word で文書にコンテンツ コントロールを挿入します。

    • コンテンツ コントロールを右クリックして、コンテンツ コントロールの削除不可] チェック ボックスを選択します。

    • コンテンツ コントロール、ブックマークを挿入して、ブックマークを参照する相互参照を挿入します。

    • コンテンツ コントロールのコンテンツを更新、相互参照を選択して f9 キーを押します。

    このシナリオで期待どおりに相互参照は更新されません。

  • Word 2010 ドキュメントの一部のフィールドをグループ化すると、フィールドの詳細については更新されません。グループ化など、期待どおりに、日付と時刻のフィールドとグループ化されたページ番号のフィールドが更新されません。

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support 注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラム パッケージをインストールするには、Office 2013 のインストールが必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するのには必要なファイルのみが含まれています。
この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×