Word 2013 (KB2956085) は 2015 年 2 月 10 日更新

この資料では、2015 年 2 月 10 日にリリースされた Microsoft Word 2013 の KB2956085 更新プログラムについて説明します。この更新プログラム、Word 2013 が含まれているにも適用されます。この更新プログラムには、必要条件があります。




ダウンロード センターの更新プログラムは Office 2013 の Microsoft インストーラー (.msi) ベースのエディションに適用されることに注意してください。それは、Microsoft Office 365 ホームなど、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化および修正

  • 意味が次の言語バージョンでは正確であることを確認するのには、ローカリゼーションが向上します。

    • スウェーデン語

    • キルギス語

    • (ブラジル)

    • インドネシア語

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3495240 (Office15)

  • 次の問題が修正されます。

    • がインストールされていると仮定します。場合印刷または印刷プレビューは、「マークアップを印刷する」オプションを有効にする Word 2013 内のドキュメント、ドキュメントのページ番号が正しく表示されない可能性があります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3493573 (Office15)

    • ページの一番上の余分なスペースを削除してページの一番下の余分なスペースを削除するオプションでは、Word 2013 のドキュメントにWord のオプションの詳細設定パネルでは使用できません。この更新プログラムを適用すると、これらのオプションが利用可能なレイアウトのオプション] セクションで。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3469951 (Office15)

    • サイズを変更する電子メールの本文内のテーブル数時間後は、件名宛先、または [ CC ] フィールドに、Microsoft Outlook 2013 に中国語の文字を入力できません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3479420 (Office15)

    • 縦書きテキスト内の脚注参照番号は、正しくは 90 度回転時計回りです。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3472660 (Office15)

    • 2013 年 Outlook のリッチ テキスト形式 (RTF) 電子メール メッセージを作成して、Outlook のフォーム テンプレート (OFT) ファイルとして保存する、ことを想定しています。OFT ファイルを開くには、ファイル エクスプ ローラーから、ファイルが不適切なフォントおよび書式設定を持つ HTML ファイルとして開きます。この問題は、Outlook がオンライン モード プロファイルを使用するときにのみ発生します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3480980 (Office15)

    • 挿入] ダイアログ ボックスで Windows 8 や 8.1 に正しい向きで写真が表示されますが、スマート フォン、タブレットでは、Word、Excel、または PowerPoint 2013 年にデジタル カメラで撮影する写真を挿入すると、写真、文書の間違った方向に表示されます。

      注 この問題を修正するのにする必要があります、 、およびがインストールされています。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3484808 (Office15)

    • Word 2013 の文書を作成して、文書に番号を含むヘブライ語テキストを入力することを想定しています。Word 文書は、PDF ファイルとして保存します。PDF ファイルを開くし、番号のコピーを新しい文書に貼り付けます。このような場合は、(たとえば、「123」ではなく「321」)、数字の桁数を元に戻すことがありますかの数字が完全に異なる可能性があります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3480982 (Office15)

    • 垂直 ruby の発音区別符号が含まれている Word 2013 のドキュメントを印刷すると印刷時の発音区別符号の向きを印刷レイアウト表示で画面に表示される内容とは異なります。など、発音区別符号は、回転し、の誤った位置に表示されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3482143 (Office15)

    • Word 2013 のドキュメントのカスタム ドキュメント プロパティを参照するDOCPROPERTYフィールドを挿入することを想定しています。.Odt ファイルとして文書を保存してして閉じます。ファイルを再び開くと、 DOCPROPERTYフィールドがテキスト形式で復元されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3488039 (Office15)

    • Selection.Information(wdVerticalPositionRelativeToPage)メソッドを実行すると、メソッドは、誤った結果を返すことがあります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3474610 (Office15)

    • Office のアプリケーションを使用すると Word 2013 がアプリケーションからの活動が多すぎると過負荷になっている場合を応答を停止する場合があります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3407755 (Office15)

    • 2013 の Word 文書内の signature オブジェクトの折り返しのスタイルを変更すると (既定とは異なる行内スタイル)、ショートカット メニューの [署名] ボタンが見つからない。さらに、Word 2013 では、Word アプリケーションの以前のバージョンを使用して作成された Word 文書を開くし、ドキュメントには、signature オブジェクト折り返しのスタイルのカスタマイズにはが含まれています、Word 2013 は、署名を検証できません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3467321 (Office15)

    • トラックの変更機能が有効になる Word 2013 ドキュメントにコンテンツを貼り付けると Word がクラッシュする可能性があります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3481906 (Office15)

    • 次のような状況を考えます。

      • Unicode 文字を含む Word 文書 (.docx) を開きます。

      • ドキュメントの変更の履歴を有効にするとします。

      • Unicode 以外の文字 (日本語フォント) フォントを変更するとします。

      • 保存して、文書を閉じます。

      • 文書を開いたとします。

      このシナリオでは、Unicode 文字が予期せず変更されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3473114 (Office15)

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Windows Update

自動的にダウンロードして更新プログラムをインストールするには、 を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。Office Home and Student 2013 RT. には、ダウンロード センターから更新プログラムをインストールできません。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォームがどちらか (32 ビットまたは 64 ビット) わからない場合は、 を参照してください。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。


必要条件

この修正プログラム パッケージをインストールするには、Microsoft Office 2013 またはがインストールされているが必要です。

詳細

[Office のインストールがクイック実行または MSI ベースかどうかを判断する方法。

  1. Office 2013 アプリケーション (Microsoft Word 2013 など) を起動します。

  2. [ファイル] メニューの [アカウント] をクリックします。

  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新プログラムのオプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×