Wwlib.dll 15.0.4535.1507 のバージョンの outlook 2013 がクラッシュしました。

現象

特定の会議を開くか、連絡先アイテム、クラッシュの次のシグネチャを持つ Outlook がクラッシュします。

エラーが発生したアプリケーション名: OUTLOOK します。Exe ファイルのバージョン: 15.0.4535.1508Faulting モジュール名: wwlib.dll、バージョン: 15.0.4535.1507コンピューターのクラッシュの署名情報を確認する方法の手順については「詳細」を参照していますください。

原因

以下の更新プログラムをインストールした場合、この問題が発生することができます。

Word 2013 の更新プログラムの説明: 2013 年 10 月 8 日http://support.microsoft.com/kb/2817631この更新プログラムは、Wwlib.dll バージョン 15.0.4535.1507 をインストールします。

解決方法

この問題は、次の更新プログラムによって修正されます。

Word 2013 の修正プログラム パッケージ (Word x none.msp): 2013 年 12 月 10 日http://support.microsoft.com/kb/2837674Office 2013 の MSI インストールがあり、12 月から更新プログラムをインストールできない場合は、Word 2013 2013 年 10 月 8 日更新プログラムをアンインストールするオプションする必要は。この更新プログラムをアンインストールするのには、次の手順を使用できます。

  1. [コントロール パネル] を開きます。

  2. プログラムと機能を選択します。

  3. [インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。

  4. [インストールされた更新プログラムの一覧で、検索し、KB2817631 用の更新プログラムを選択します。

  5. [アンインストール] をクリックします。

Office 2013 のクイック実行のインストールがあれば、インストール (15.0.4551.1011) の最新バージョンに更新をお待ちください。

http://support.microsoft.com/gp/office-2013-click-to-runこの問題が発生すると、この時点で実行をクリックして最新バージョンにアップデートすることは、次のサポート技術情報資料の手順を使用して 15.0.4535.1004 のバージョンに戻すことができます。

2770432以前のバージョンの Office 2013 のクイック実行を元に戻す方法

詳細情報

Wwlib.dll バージョン 15.0.4535.1507 でこの問題が発生しているかどうかを判断するのにはアプリケーション イベント ログを確認するのには、次の手順を使用できます。

  • Windows 8

    1. [開始] ページで[コンピューター]を入力します。

    2. アプリケーションの一覧が表示されますでは、 'コンピューター'を右クリックし、画面の下部にある [管理] を選択します。

    3. コンピューターの管理ウィンドウで、イベント ビューアーを展開し、 Windows ログを展開し、[アプリケーションです。

    4. 右側の [操作] ウィンドウでは、現在のログをフィルターをクリックします。

    5. 現在のログをフィルター ] ダイアログ ボックスでアプリケーション エラーをイベント ソース] ボックスで選択し、 < すべてのイベント Id >を参照してください、 1000を入力します。

    6. [OK] をクリックします。

    7. フィルター処理されたログに記録される各イベントの [全般] タブに表示される情報を確認します。

    8. フィルター処理されたログの確認が終了したら後、は、フィルターを削除するのには [操作] ウィンドウでフィルターのクリアをクリックします。

    9. コンピューターの管理ウィンドウを閉じます。

  • Windows 7

    1. [スタート] ボタンし、コンピューターを右クリックし、[管理] をクリックします。

    2. コンピューターの管理ウィンドウで、イベント ビューアーを展開し、 Windows ログを展開し、[アプリケーションです。

    3. 右側の [操作] ウィンドウでは、現在のログをフィルターをクリックします。

    4. フィルターの現在のログ] ダイアログ ボックスで、アプリケーション エラーを選択します[イベント ソース] ボックス< すべてのイベント Id >を参照してください、 1000を入力します。

    5. [OK] をクリックします。

    6. フィルター処理されたログに記録される各イベントの [全般] タブに表示される情報を確認します。

    7. フィルター処理されたログの確認が終了したら後、は、フィルターを削除するのには [操作] ウィンドウでフィルターのクリアをクリックします。

    8. コンピューターの管理ウィンドウを閉じます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×