ポートを開く

ファイアウォールやネットワーク ハードウェア (ルーターなど) を使っている環境では、Xbox One 本体から Xbox Live と通信できるように構成を変更することが必要になる場合があります。 この構成の変更は、"ポート フォワーディング" とも呼ばれます。 Xbox Live を利用するには、ルーターで次のポートを開いておく必要があります。

  • ポート 88 (UDP)

  • ポート 3074 (UDP と TCP)

  • ポート 53 (UDP と TCP)

  • ポート 80 (TCP)

  • ポート 500 (UDP)

  • ポート 3544 (UDP)

  • ポート 4500 (UDP)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×