Windows 11のエクスプローラーは、必要なファイルをすばやく簡単に取得するのに役立ちます。

Windows 11で確認するには、タスク バーまたは [スタート] メニューで選択するか、キーボードの Windows ロゴ キー + E キーを押します。

エクスプローラー表示され、ファイルの右クリック メニューが開きます。 メニューで [クイック アクセスにピン留め] が強調表示されています。

エクスプローラーを使用する方法:

  • フォルダーをクイック アクセスにピン留めするには、フォルダーを右クリック (または長押し) し、[クイック アクセスにピン留め] を選択します。

  • ファイルを共有するには、ファイルを選択し、リボンの [共有 ] を選択します。

  • ファイルまたはフォルダーの場所を移動するには、ファイルまたはフォルダーを選択し、リボンの [切り取り ] を選択します。 新しい場所に移動し、[貼り付け] を選択します

    注: クイック アクセスのファイルとフォルダーの場合は、切り取って貼り付ける前に、右クリック (または長押し) して [開く] を選択する必要があります。

  • エクスプローラーでのアイテムの表示方法を変更するには、リボン [表示] を選択し、アイコン、リスト、詳細などを表示するかを選択します。

  • ファイル間の領域を減らすには、[ ビュー > コンパクト ビュー] を選択します。

  • PC とクラウドから関連ファイルを検索するには、ホームエクスプローラーから検索します。

    注:  Start > Settings > Accounts からクラウド アカウントにサインインして、クラウド検索を有効にします。

エクスプローラーには新しい合理化されたコンテキスト メニューがあり、一般的なコマンドに簡単にアクセスできます。 ファイルを右クリックして、新しいコンテキスト メニューにアクセスします。 詳細については、「エクスプローラー コンテキスト メニューでアイテムを検索する」を参照してください。

世の中の多くの優れたものと同様に、エクスプローラーも時代と共に進化しています。 Windows 10で確認するには、タスク バーまたは [スタート] メニューのアイコンを選択するか、キーボードの Windows ロゴ キー + E キー を押します。

タスク バーエクスプローラーアイコンを表示する

Windows 10 の特に重要な変更点を次に示します。

  • OneDrive がエクスプローラーの一部になりました。 Windows 10 で OneDrive がどのように機能するかの概要については、「PC の OneDrive」をご覧ください。

  • エクスプローラーが開くと、クイック アクセスが表示されます。 よく使うフォルダーと最近使ったファイルの一覧が表示されるので、それらを見つけるために一連のフォルダーを検索する必要がなくなります。 お気に入りのフォルダーをクイック アクセスにピン留めして、いつでもすぐ選べるようにすることができます。 詳しくは、「クイック アクセスでのピン留め、削除、カスタマイズ」をご覧ください。

    エクスプローラーのクイック アクセス

  • アプリを使ってファイルや写真をエクスプローラーから直接共有できるようになりました。 共有するファイルを選択し、[ 共有 ] タブに移動し、[ 共有 ] ボタンを選択して、アプリを選択します。 共有オプションについて詳しくは、「エクスプローラーでファイルを共有する」をご覧ください。

Windows 7 から移行している場合は、さらにいくつかの違いがあります。

  • [マイ コンピューター] は [PC] という名前になり、既定ではデスクトップに表示されなくなりました。 デスクトップや [スタート] メニューに [PC] を追加する方法については、「[マイ コンピューター] が [PC] に」をご覧ください。

  • ライブラリは、既定ではエクスプローラーに表示されません。 左側のウィンドウに追加するには、ナビゲーション ウィンドウの [表示] タブ> [ライブラリの表示] >選択します。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加

コミュニティにたずねる >

サポートを受ける

お問い合わせ >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×