Windows 11 では、[バックアップと復元] または [ファイル履歴] で作成されたバックアップからファイルを復元できます。

ファイル履歴を使用してファイルを復元する

  1. Connectファイルを含む外部ストレージ デバイスを選択します。

  2. タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と 入力し、結果の一覧から選択します。

  3. コントロール パネルの検索ボックスに、「ファイル履歴」と入力します。 結果の一覧から [ファイル履歴を使用してファイルのバックアップ コピーを保存する] を選択します。

  4. 指示に従ってファイルを復元します。

バックアップと復元を使用してファイルを復元する

  1. Connectファイルを含む外部ストレージ デバイスを選択します。

  2. タスク バーの検索ボックスに、「コントロール パネル」 と入力します

  3. 結果の一覧から選択し、[バックアップと復元] (Windows 7) を選択します

  4. からファイルを復元する別のバックアップを選択し、外部ストレージ デバイスの場所を選択し、指示に従ってファイルを復元します。

[バックアップを開く] Windows
の回復オプション設定

ファイル履歴を使用して PC をバックアップする 

[ファイル履歴] を使用して、外部ドライブまたはネットワークの場所にバックアップします。 [Start >設定 > Update & Security> Backup> ドライブの追加] を選択し、バックアップの外部ドライブまたはネットワークの場所 を選択します。

代替テキスト

ファイル履歴でファイルを復元

バックアップしていた重要なファイルやフォルダーを失ってしまった場合に、それらを復元する方法を紹介します。

  1. タスク バーの検索ボックスに「ファイルの復元」と入力し、[ファイル履歴でファイルを復元] を選択します。

  2. 目的のファイルを検索し、矢印を使って、そのすべてのバージョンを表示します。

  3. 目的のバージョンを見つけたら、[復元] を選んで元の場所に保存します。 別の場所に保存する場合は、[復元] を右クリックして、[復元場所の選択] を選び、新しい場所を選択します。

以前のバージョンの Windows で作成されたバックアップを探す

以前のバージョンの Windows で、[バックアップと復元] を使用してファイルのバックアップやシステム イメージのバックアップを作成した場合、それらのバックアップは Windows 10 でも利用することができます。 タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力します。 次に、[コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [バックアップと復元] (Windows 7) の順に選びます。

[バックアップを開く] Windows
の回復オプション設定

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×