入力にスクリーン キーボード (OSK) を使用する

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

PC のキーボードには、いくつかの種類があります。 最も一般的な種類のキーボードは、PC に物理的に接続して使う外付けのキーボードです。 Windows には、スクリーン キーボード (OSK) という簡単操作ツールも用意されています。物理キーボードの代わりにこれを使うことができます。

OSK を使うために、タッチスクリーンは必要ありません。 すべての標準キーを備えた視覚的なキーボードが表示されるので、マウスなどのポインティング デバイスを使ってキーを選んだり、単独の物理キーまたは物理キーのグループを使って画面上のキーを巡回したりできます。

注: タッチスクリーン付きの PC には、タッチ キーボードも用意されています。 タッチ キーボードは、PC がタブレット モードで使われているときに、テキスト ボックスの中をタップすると、表示されます。

スクリーン キーボードを開くには

[スタート ] に移動して、[設定 > 簡単操作 > キーボード] で [設定] を選択し、[ Ease of Access スクリーンキーボードの使用] でトグルKeyboardをオンにします。 画面にキーボードが表示され、画面上を移動したり、テキストを入力したりできるようになります。 キーボードは、手動で閉じない限り画面に表示されたままになります。

注: サインイン画面で OSK を開くには、サインイン画面の右下隅にある [コンピューターの簡単操作]  ボタンを選択し、[スクリーン キーボード] を選びます。

スクリーン キーボードに情報を入力する方法を変更するには

OSK を開いた状態で [オプション] キーを選択し、次のうち、必要なオプションを選びます。

  • [クリック音を使用する]: キーを押したときにサウンドが聞こえるようにするには、このオプションを使います。

  • [画面上での移動をしやすくするようにキーを表示する]: 入力時にキーを点灯させるには、このオプションを使います。

  • [テン キーを有効にする]: OSK にテン キーを表示するには、このオプションを使います。

  • [キーをクリックする]: スクリーン キーをクリックまたはタップしてテキストを入力する場合は、このモードを使います。

  • [キーをポイントする]: マウスまたはジョイスティックを使ってキーをポイントする場合は、このモードを使います。 指定した時間キーをポイントし続けると、その文字が自動的に入力されます。

  • [キーをスキャンする]: OSK でキーボードを継続的にスキャンする場合は、このモードを使います。 スキャン モードでは、キーボード ショートカットを押すか、スイッチ入力デバイスを使うか、またはマウス クリックと同じ動作をするデバイスを使ったときに、キーボードの文字を入力できる領域が強調表示されます。

  • [予測入力を使用する]: 入力時に OSK で単語の候補が表示されるようにするには、このオプションを使います。単語全体を入力する必要がなくなります。

注: 

  • 予測入力は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、およびスペイン語で使うことができます。 これらの言語のいずれかを使う必要があり、その言語がインストールされていない場合は、その言語用の言語ファイルをインストールしてください。

  • ポイント モードまたはスキャン モードの使用中に誤って OSK を最小化してしまった場合は、タスク バー上の最小化された OSK をポイントするか (ポイント モードの場合)、またはスキャンされるキーを押すと (スキャン モードの場合)、元のサイズに戻すことができます。

  • OSK を最小化してからタブレット モードに切り替えた場合は、[タスク ビュー] ボタンを押すと OSK が再び表示されます。

Surface Book のデバイスの写真

キーボードにはいくつかの種類があります。 最も一般的なキーボードは、PC に物理的に接続して使う外付けのキーボードです。

Windows には、簡単操作ツールであるスクリーンキーボード (OSK) もあります。 物理キーボードの代わりに OSK を使って、PC の画面上を移動したり、テキストを入力したりできます。 OSK を使うために、タッチスクリーンは必要ありません。 OSK は、すべての標準キーを備えた視覚的なキーボードを表示します。 マウスなどのポインティングデバイスを使用してキーを選択するか、物理的な1つまたは複数のキーを使用して、画面上のキーを順に移動します。

注: タッチスクリーン付きの PC には、タッチ キーボードも用意されています。 タッチスクリーン付きの Windows PC を使っている場合、テキスト フィールドや、入力が可能な他の領域をタップすると、タッチ キーボードが表示されます。 タッチ キーボードの詳細については、「タッチ キーボードを使用する方法」を参照してください。

スクリーン キーボードを開くには

  1. 画面の右端から内側へスワイプし、[検索] をタップします。
    (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウスポインターを上に移動して、[検索] をクリックします)。

  2. [検索] ボックスにスクリーンキーボードを入力し、[スクリーンキーボード] をタップまたはクリックします。

    PC 内を移動してテキストを入力するために使用できるキーボードが画面に表示されます。 キーボードは、手動で閉じない限り画面に表示されたままになります。
     

    注: サインイン画面から OSK を開くには、サインイン画面の左下隅にある [簡単操作[簡単操作] ボタン ] ボタンをタップまたはクリックして、[スクリーンキーボード] をタップまたはクリックします。

スクリーン キーボードに情報を入力する方法を変更するには

OSK を開いた状態で [オプション] キーをタップまたはクリックし、次のうち、必要なオプションを選びます。

  • [クリック音を使用する]:  キーを押したときにサウンドが聞こえるようにするには、このオプションを使います。

  • [画面上での移動をしやすくするようにキーを表示する]:  入力時にキーを点灯させるには、このオプションを使います。

  • [テン キーを有効にする]:  OSK にテン キーを表示するには、このオプションを使います。

  • [キーをクリックする]:  スクリーン キーをクリックまたはタップしてテキストを入力する場合は、このモードを使います。

  • [キーをポイントする]:  マウスまたはジョイスティックを使ってキーをポイントする場合は、このモードを使います。 指定した時間キーをポイントし続けると、その文字が自動的に入力されます。

  • [キーをスキャンする]:  OSK でキーボードを継続的にスキャンする場合は、このモードを使います。 スキャン モードでは、キーボード ショートカットを押すか、スイッチ入力デバイスを使うか、またはマウス クリックと同じ動作をするデバイスを使ったときに、キーボードの文字を入力できる領域が強調表示されます。

  • [予測入力を使用する]:  入力時に OSK で単語の候補が表示されるようにするには、このオプションを使います。単語全体を入力する必要がなくなります。

注: 

  • 予測入力は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、およびスペイン語で使うことができます。 これらの言語のいずれかを使う必要があり、その言語がインストールされていない場合は、その言語用の言語ファイルをインストールしてください。

  • ポイント モードまたはスキャン モードの使用中に誤って OSK を最小化してしまった場合は、タスク バー上の最小化された OSK をポイントするか (ポイント モードの場合)、またはスキャンされるキーを押すと (スキャン モードの場合)、元のサイズに戻すことができます。

  • OSK を最小化し、スタート画面または全画面表示のアプリに切り替えた場合は、OSK に戻ることはできません。 OSK を開いてから、スタート画面またはアプリに移動してください。

データを入力して入力するには、物理キーボードを使うのではなく、スクリーンキーボードを使用することができます。 スクリーン キーボードは、すべての標準キーを備えた視覚的なキーボードを表示します。 マウスなどのポインティングデバイスを使用してキーを選ぶことができます。または、1つのキーまたはキーグループを使って画面上のキーを切り替えることができます。

キーボードを使用しないで入力する方法については、このビデオをご覧ください (1:21)

Surface Book のデバイスの写真

キーボードを使わずに入力するには

スクリーンキーボードを開くには、[スタート] ボタン、 [すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[簡単操作]、[スクリーンキーボード] の順にクリックします。

  1. スクリーンキーボードを開くには、[スタート] ボタン、 [すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[簡単操作]、[スクリーンキーボード] の順にクリックします。

  2. [オプション] をクリックし、以下の [スクリーン キーボードの使用方法] のモードから使用するモードを選択します。

入力モード

説明

キーをクリックする

クリック モードでは、スクリーン キーをクリックしてテキストを入力します。

キーをポイントする

ポイント モードでは、定義されている時間マウスかジョイスティックでキーをポイントすると、選択された文字が自動的に入力されます。

キーをスキャンする

スキャン モードでは、スクリーン キーボードによって常時キーボードがスキャンされ、キーボード ショートカットを押すか、スイッチ入力デバイスを使うか、またはマウス クリックと同じ動作をするデバイスを使ったときに、キーボードの文字を入力できる領域が強調表示されます。

注: 

  • ポイント モードまたはスキャン モードを使っているときに、誤ってスクリーン キーボードを最小化した場合、タスク バー上の最小化されたスクリーン キーボードをポイントするか (ポイント モードの場合)、またはスキャンされるキーを押すと (スキャン モードの場合)、元のサイズに戻すことができます。

  • キーのスキャン モードのときに、マウス クリックによってキーを選択する場合は、スクリーン キーボード上にマウス ポインターが置かれている必要があります。

  • スクリーン キーボードのキーボード レイアウトは、アクティブなプログラムで表示される言語に応じて変化します。

オンスクリーン キーボードのキーが押されたときに、クリック音が鳴るように設定できます。

  1. スクリーンキーボードを開くには、[スタート] ボタン、 [すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[簡単操作]、[スクリーンキーボード] の順にクリックします。

  2. [オプション] をクリックし、[クリック音を使用する] チェック ボックスを選択して、[OK] をクリックします。

スクリーン キーボードでテン キーを使用して数値を入力できます。

  1. スクリーンキーボードを開くには、[スタート] ボタン、 [すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[簡単操作]、[スクリーンキーボード] の順にクリックします。

  2. [オプション] をクリックし、[テン キーを有効にする] チェック ボックスを選択して、[OK] をクリックします。

予測入力を有効にすると、単語の入力中に、目的の単語の候補の一覧がスクリーン キーボードによって表示されます。

  1. スクリーンキーボードを開くには、[スタート] ボタン、 [すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[簡単操作]、[スクリーンキーボード] の順にクリックします。

  2. [オプション] をクリックし、[予測入力を使用する] チェックボックスをオンにして、[ OK]をクリックします。

    予測入力を使用して単語を挿入した後にスペースを自動的に追加しない場合は、[予測された単語の後にスペースを挿入する] チェックボックスをオフにして、[ OK]をクリックします。

注: 

  • 予測入力は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、およびスペイン語のみで使うことができます。 特定の言語で予測入力を有効にするには、その言語の追加言語ファイルをインストールしておく必要があります。 
     

  • 予測入力は Windows 7 Home Basic には含まれておりません。


ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×