改ざん防止機能によってセキュリティ設定の変更を防止する

Windows セキュリティの改ざん防止により、悪意のあるアプリが、リアルタイム保護やクラウド配信の保護などの Microsoft Defender ウイルス対策の重要な設定を変更することを防止できます。 [改ざん防止] がオンになっていても、コンピューターの管理者であれば、Windows セキュリティ アプリでこれらの機能を変更できます。 他のアプリでは、これらの設定を変更できません。

サード パーティ製ウイルス対策アプリが Windows セキュリティにどのように登録され、どのように動作するかについて、[改ざん防止] の設定の影響はありません。

既定では、[改ざん防止] がオンになっています。 [改ざん防止] をオフにした場合は、Windows セキュリティ アプリの [ウイルスと脅威の防止] に黄色で警告が表示されます。

[改ざん防止] 設定を変更する

  1. タスク バーの検索ボックスに、「Windows セキュリティ」と入力し、検索結果の一覧から [Windows セキュリティ] を選択します。

  2. Windows セキュリティで、[ウイルスと脅威の防止] を選択し、[ウイルスと脅威の防止の設定] の下で [設定の管理] を選択します。

  3. [改ざん防止] の設定を [オン] または [オフ] に変更します。

注: 不正使用防止の設定がオンになっている場合は、DisableAntiSpyware ウェア対策グループポリシーキーを使用して Microsoft Defender ウイルス対策サービスを無効にすることはできません 。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×