ここでは、Windows の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンに関してよく寄せられる質問への回答を紹介します。 

32 ビット バージョンから 64 ビット バージョンの Windows にアップグレードするには、ハード ディスクを再フォーマットし、64 ビット バージョンの Windows をインストールし、デバイスにインストールしていたその他すべてのコンテンツを再インストールします。

Windows 10 と Windows 8.1

  1. [スタート ] ボタンを選択し、[設定]、[ Systemバージョン情報>>] の順に選択し ます。  
    [詳細情報] の設定を開く

  2. 右側の [デバイスの仕様] で、[システムの種類] を確認します。

Windows 7

  1. [スタート] ボタン アイコンの [ スタート ] ボタンを選択し、[コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] を選択します。

  2. [システム] で、システムの種類を確認します。

64ビットバージョンの Windows をインストールするには、64ビットバージョンの Windows を実行できる CPU が必要です。 64 ビットのオペレーティング システムを使用する利点は、大量のランダム アクセス メモリ (RAM) がコンピューターに搭載されている場合に最も明確に表れます。一般的には、4 GB 以上の RAM が搭載されている場合です。 このような場合、64 ビットのオペレーティング システムは、32 ビットのオペレーティング システムよりも大量のメモリを効率的に処理できるため、複数のプログラムを同時に実行しながらそれらを頻繁に切り替える際には、64 ビット システムの方が応答性が高くなる可能性があります。

64ビットバージョンの Windows を実行するには、コンピューターに64ビット対応のプロセッサが搭載されている必要があります。 使用しているプロセッサが64ビット対応かどうかを確認するには、次の操作を行います。

Windows 10 と Windows 8.1

  1. [スタート ] ボタンを選択し、[設定]、[ Systemバージョン情報>>] の順に選択し ます。  
    [詳細情報] の設定を開く

  2. 右側の [デバイスの仕様] で、[システムの種類] を確認します。

Windows 7

  1. [スタート] ボタン アイコンの [ スタート ] ボタンを選択し、[コントロールパネル] を選択します。 検索ボックスに「パフォーマンスの情報とツール」と入力し、結果の一覧で[パフォーマンスの情報とツール] を選択します。

  2. [パフォーマンスとシステムに関する詳細情報を表示および印刷します] を選択します。

  3. [システム][システムの種類] で、現在実行しているオペレーティング システムの種類を確認でき、[64-bit 対応] で、64 ビット バージョンの Windows を実行できるかどうかを確認できます (既に 64 ビット バージョンの Windows を実行している場合は、[64-bit 対応] は表示されません)。

64ビット版と 32 ビット版のどちらの Office を選ぶかについては、こちらを参照してください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×