Microsoft Security Essentials 製品情報

Windows 7 のサポートは、2020年1月14日に終了しました

引き続き Microsoft からセキュリティ更新プログラムを受け取るためには Windows 10 PC に移行することをお勧めします。

詳細情報

Microsoft Security Essentials の概要

インターネットは、ウイルス、トロイの木馬、ワーム、スパイウェアなどの危険にあふれています。Microsoft Security Essentials は、実績のある保護を提供して、これらの危険に対処します。処理を妨げることもありません。

最高の頭脳と技術力による後方支援

Microsoft Security Essentials は、個人ユーザーや小規模企業向けに作られたものですが、大企業向けのウイルス対策に使用されているのと同じ Microsoft テクノロジ (Microsoft Forefront、悪意のあるソフトウェアの削除ツール、Windows Defender などのセキュリティ製品) をベースに設計されています。Microsoft には、新しい脅威の監視および対処のための総合チームも設置されています。

Microsoft が提供している保護機能は業界で高く評価されており、Virus Bulletin Ltd の VB100 賞、West Coast Labs のチェックマーク認証、ICSA Labs の認証を受けています。

Westcoast Labs ICSA LabsVirus Bulletin 


インストールも使い方も簡単

Microsoft Security Essentials は、無料で* 簡単にダウンロードしてインストールできます。いったんインストールすると、1 日に 1 回自動的に更新されます。Microsoft は継続的に新しい脅威を追跡しており、PC では最新の保護状態が保たれます。ユーザー側で必要な操作はありません。

Microsoft Security Essentials では、緑、黄、赤の色分けで PC のセキュリティ状態を示します。また、タスク バーにある色分けアイコンで対応の必要性がひとめでわかります。見分け方は簡単で、アイコンが緑であれば問題はありません。アイコンが赤または黄色の場合は、警告または対処のアドバイスが Microsoft Security Essentials から提供されます (アプリケーションを開くことなく、直接通知領域から操作を実行できます)。

PC のパフォーマンスを低下させることなく静かに動作する

Microsoft Security Essentials はバックグラウンドで静かに作動し、何か操作が必要な場合にのみ警告を表示します。ユーザーがその場にいないときや、時間がない場合は、Microsoft Security Essentials がユーザーに代わって既定の操作を実行します。後でプログラムを開いて、その内容を確認することも、必要に応じてそれらの操作を取り消すこともできます。

Microsoft Security Essentials は、効率的かつコンパクトです。スキャンと更新プログラムは、PC がアイドル状態のときに実行するようにスケジュールされます。また、スキャンと更新プログラムの実行中にユーザーが PC を使用する場合も PC の動作が重くならないように設計されています。このように、Microsoft Security Essentials は、古い PC、新しい PC、ノート PC、小型ネットブックなど、あらゆるコンピューターで快適に使用できるようになっています。

* ダウンロード中にインターネット アクセス料金がかかる場合があります。 | Microsoft Security Essentials のプライバシーに関する声明 | Microsoft Security Essentials のライセンス条項

機能と利点

Microsoft Security Essentials を入手する理由

Microsoft Security Essentials は、無料で* 簡単にダウンロードできる、PC 向けの世界に通用するセキュリティ ソフトウェアです。Microsoft Security Essentials は、次のような方法で PC を安全に保ちます。操作の邪魔になったり、ユーザーを煩わしたりすることはありません。

リアルタイム保護を使用すると、潜在的な脅威が実際の問題として発生する前に対処できます。スパイウェア、ウイルス、その他の悪意のあるソフトウェアが PC で実行またはインストールされそうになった場合には警告が通知され、不審なファイルやプログラムが開かれないようにします。
 

Microsoft Security Essentials の包括的なシステム スキャン機能には、定期スキャンとオンデマンド スキャンのオプションが用意されており、さらに安心感が得られます。定期スキャンは既定で有効になっており、システムがアイドル状態になりやすい午前 2 時ごろに週 1 回のペースで実行されるように構成されています。スキャンのオプションには次の 3 つがあります。

  • クイック スキャン: 既定で有効になっており、マルウェアの影響を最も受けやすい領域を迅速に確認します。これには、メモリ内で実行中のプログラム、システム ファイル、およびレジストリが含まれます。

  • フル スキャン:PC 上のすべてのファイル、レジストリ、実行中のすべてのプログラムを確認します。

  • カスタム スキャン:選択した領域のみをスキャンできます。

定期スキャンをいつ実行するかを選択し、除去する前にスキャンの結果を確認し、必要に応じてスキャンを実行できます。スキャンの実行予定時間に PC の電源がオフになっていた場合は、次回 PC が起動されてアイドル状態になったときに、Microsoft Security Essentials によってスキャンが自動的に開始されます。

Microsoft Security Essentials が PC 上で脅威の可能性を検出すると、警告機能によってその脅威に関する通知が行われます。脅威は「重大」、「高」、「中」、「低」のいずれかに分類され、その項目に対するアクションとして、無視、検疫、またはシステムからの削除を選択できます。

  • 検疫:Microsoft Security Essentials は、重大度の低い脅威をブロックして、脅威となる項目を検疫キューに移動します。検疫キューでは、これらの項目を復元するか、完全に削除するかを選択できます。項目を検疫に配置すると、その項目をシステムから削除する前に、削除した場合の影響をテストできます。

  • 削除:項目をシステムから完全に削除します。

  • 許可:項目を [許可された項目] の一覧に追加すると、それ以降 Microsoft Security Essentials でスキャンを実行しても、その項目は検出されなくなります。[許可された項目] の一覧にある項目は、いつでも削除できます。

PC を安全に使用するには、ファイアウォールをアクティブにしておくことも必要です。Microsoft Security Essentials はセットアップ中に PC をスキャンして、その PC でファイアウォールがアクティブになっているかどうかを確認します。PC がファイアウォールによって保護されていない場合は、Windows ファイアウォールを有効にするオプションが表示されます。

保護機能を有効にするには、最新の状態にしておく必要があります。動的シグネチャは、不審なプログラムが安全かどうかを確認するための 1 つの手段です。Microsoft Security Essentials は、不審なプログラムが実行される前に、擬似的に実行して動作を確認します。その結果、プログラムに固有のシグネチャが取得され、そのシグネチャが Microsoft のデータベースと照合されます。プログラムが許可された後も監視は続けられ、予期しないネットワーク接続の確立、オペレーティング システムのコア部分の変更、悪意のあるコンテンツのダウンロードなど、潜在的な危険を伴う操作が行われていないかどうかが確認されます。

Microsoft Security Essentials で保護できる、あらゆる最新の脅威に関する情報、定義の更新プログラム、分析結果についてはMicrosoft マルウェア プロテクション センターをご覧ください。

ルートキットは、特に対処が難しいタイプのマルウェアですが、Microsoft Security Essentials には、ルートキットなど攻撃的な脅威に対処するための新しい強化されたテクノロジが多数用意されています。

  • カーネルは、PC のオペレーティング システムの心臓部です。Microsoft Security Essentials は、カーネルを監視して、攻撃や有害な変更が行われていないかどうかを確認します。

  • ルートキットは、ステルス技術を使って自らを隠蔽しますが、Microsoft Security Essentials には、ルートキットを検出するための最新のステルス対策機能が備わっています。たとえば、直接ファイル システムを解析すると、ルートキットがこっそり持ち込もうとする悪意のあるプログラムやドライバーを検出して削除できます。

Microsoft Security Essentials を使用すると、不正なソフトウェアをブロックできます。Microsoft では、インターネット上で最も一般的な Web サイトとダウンロードの最新のリストを使用して、マルウェア対策の定義と更新プログラムをリリース前にテストしています。これにより、PC の安全を脅かすソフトウェアのみがブロックされ、問題のないソフトウェアはブロックされないことを確認できます。

* ダウンロード中にインターネット アクセス料金がかかる場合があります。 |  Microsoft Security Essentials のプライバシーに関する声明 |  Microsoft Security Essentials のライセンス条項

システム要件

新しい Windows には Windows Defender が付属

Windows 10、Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows 8、および Windows RT には、Windows Defender によるマルウェア対策が組み込まれています。Microsoft Security Essentials は使用できませんが、Windows Defender があらかじめ含まれていて、すぐに使用できるようになっているため、Microsoft Security Essentials を使う必要はありません。ただし、旧バージョンの Windows を実行している PC については、Microsoft Security Essentials を使って、ウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアから保護することができます。ご家庭や小規模企業の PC をリアルタイムで保護できます。

Microsoft Security Essentials を実行するのに必要な最小システム要件

Microsoft Security Essentials は、無料で* 簡単にダウンロードして使用できます。実行するために必要なものは、次のとおりです。

  • オペレーティング システム:Windows Vista (Service Pack 1 または Service Pack 2)、Windows 7

  • クロック速度 1.0 GHz 以上の CPU と 1 GB 以上の RAM を搭載した PC。

  • VGA ディスプレイ (800 × 600 以上)。

  • 200 MB の使用可能なハード ディスク領域。

  • Microsoft Security Essentials のインストールや、最新のウイルスとスパイウェアの定義のダウンロードには、インターネット接続が必要です。

  • インターネット ブラウザー:

    • Windows Internet Explorer 6.0 以降。

    • Mozilla Firefox 2.0 以降。

注意

2014 年 4 月 8 日をもって、Windows XP と Windows XP モードのテクニカル サポートは利用できません。PC を保護するための自動更新も行われません。Windows XP のサポート終了についての詳細をご覧ください

* ダウンロード中にインターネット アクセス料金がかかる場合があります。 |  Microsoft Security Essentials のプライバシーに関する声明 |  Microsoft Security Essentials のライセンス条項

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×