We couldn’t sign you in
Select the account you want to use.

PC をシャットダウンするには、完全に電源を切る、スリープ状態にする、休止状態にするなど、さまざまな方法があります。

PC を完全にオフにする

シャットダウンするには、[スタート] を 選択し 、[ Power > シャットダウン] を選択します

スリープ

スリープは、電源をほとんど使用し、PC の起動速度が速く、すぐに電源を切った場所に戻ります。 Windows は自動的にすべての作業を保存し、バッテリー残量が少なすぎると PC の電源を切るので、バッテリーの消耗のために作業が失われる心配はありません。 コーヒー 休憩を取る場合など、少しの間 PC から離れる場合は、スリープを使用します。

多くの PC (特にノート PC やタブレット) では、カバーを閉じるか電源ボタンを押すだけでスリープ状態になります。

カバーを閉じるか電源ボタンを押すと、PC がスリープ状態になじむのを設定するには:

  1. タスク バーの [検索] を選択し、「 コントロール パネル」と入力して、結果から選択します。

  2. [ システムとセキュリティ] を選択します

  3. [電源オプション] セクションで、[電源ボタンの機能を変更する] を選択します

  4. [ 現在使用できない設定の変更] を選択します

  5. スリープの動作方法に基づいてオプションを選択します。

    • ノート PC の場合は、[バッテリーオン] 列の [カバーを閉じるときに] の一覧を展開し、[スリープ] を選択します。 必要に応じて 、[接続] 列 に対して同じ手順を繰り返します。

    • デスクトップ、タブレット、またはノート PC の場合は、[バッテリーオン] 列の電源ボタンを押して [スリープ] を選択する場合の一覧を展開します。 必要に応じて 、[接続] 列 に対して同じ手順を繰り返します。

  6. [変更の 保存] を選択します

PC をスリープ状態にする準備ができたら、デスクトップ、タブレット、ノート PC の電源ボタンを押すか、ノート PC のカバーを閉じます。

ほとんどの PC では、PC の電源ボタンを押すことで作業を再開できます。 ただし、すべての PC が同じであるわけではありません。 キーボードの任意のキーを押す、マウスのボタンをクリックする、またはノート PC のカバーを開くことで、スリープ状態を解除できる場合もあります。 コンピューターに付属のドキュメントを確認するか、製造元の Web サイトをご覧ください。

休止状態

このオプションは、ノート PC を対象にして設計されたものであり、すべての PC で使用できない場合があります (InstantGo を備えた PC には休止状態オプションがありません)。 休止はスリープよりも電力消費が少なく、PC を再開すると、PC から離れたときの状態に戻ることができます (ただし戻るまでの時間はスリープより長くかかります)。

ノート PC やタブレットでは、長時間使用せず、その間バッテリを充電できないとわかっているときは、休止状態にすることをお勧めします。 お使いの PC でこのオプションが利用可能かどうかを確認し、利用できる場合はオンにします。

PC を休止状態に設定するには:

  1. タスク バーの [検索] を選択し、「 コントロール パネル」と入力して、結果から選択します。

  2. [ システムとセキュリティ] を選択します

  3. [電源オプション] セクションで、[電源ボタンの機能を変更する] を選択します

  4. [ 現在使用できない設定の変更] を選択します

  5. [シャットダウン設定] セクションで、[Hibernate] を選択します

  6. [変更の 保存] を選択します

これで、いくつかの方法で PC を休止状態にできるようになります。

  • [ スタート] を選択し、[ Power > Hibernate] を選択します

  • キーボードで Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押し、[シャットダウン] または [Hibernate からサインアウト>選択します。

注: PC に接続されているデバイス (モニターやプリンター、スキャナー) がスリープまたは休止状態からの復帰後に正しく機能しない場合、デバイスを接続し直すか、PC の再起動が必要になる場合があります。 また、お使いのデバイスのすべてに、最新のドライバーがインストールされていることを確認してください。

PC を完全にオフにする

シャットダウンするには、[スタート] を 選択し 、[ Power > シャットダウン] を選択します

スリープ

スリープは、電源をほとんど使用し、PC の起動速度が速く、すぐに電源を切った場所に戻ります。 Windows は自動的にすべての作業を保存し、バッテリー残量が少なすぎると PC の電源を切るので、バッテリーの消耗のために作業が失われる心配はありません。 コーヒー 休憩を取る場合など、少しの間 PC から離れる場合は、スリープを使用します。

多くの PC (特にノート PC やタブレット) では、カバーを閉じるか電源ボタンを押すだけでスリープ状態になります。

カバーを閉じるか電源ボタンを押すと、PC がスリープ状態になじむのを設定するには:

  1. 電源オプションを開きます。[スタート ] を選択し、[システム設定>電源>電源&の >電源設定] を選択します。  

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • デスクトップ、タブレット、またはノート PC を使用している場合は、[電源ボタンの動作 を選択する] を選択します[電源ボタンを押したときの動作] の横にある [スリープ状態] を選択し、[変更の保存] を選びます。

    • ノート PC のみを使用している場合は、[カバーを閉じたときの動作の選択] を選択します。 [カバーを閉じたときの動作] の横にある [スリープ状態] を選択し、[変更の保存] を選びます。

PC をスリープ状態にする準備ができたら、デスクトップ、タブレット、ノート PC の電源ボタンを押すか、ノート PC のカバーを閉じます。

ほとんどの PC では、PC の電源ボタンを押すことで作業を再開できます。 ただし、すべての PC が同じであるわけではありません。 キーボードの任意のキーを押す、マウスのボタンをクリックする、またはノート PC のカバーを開くことで、スリープ状態を解除できる場合もあります。 コンピューターに付属のドキュメントを確認するか、製造元の Web サイトをご覧ください。

休止状態

このオプションは、ノート PC を対象にして設計されたものであり、すべての PC で使用できない場合があります (InstantGo を備えた PC には休止状態オプションがありません)。 休止はスリープよりも電力消費が少なく、PC を再開すると、PC から離れたときの状態に戻ることができます (ただし戻るまでの時間はスリープより長くかかります)。

ノート PC やタブレットでは、長時間使用せず、その間バッテリを充電できないとわかっているときは、休止状態にすることをお勧めします。 お使いの PC でこのオプションが利用可能かどうかを確認し、利用できる場合はオンにします。

PC を休止状態にするには、以下の手順を実行します。

  1. 電源オプションを開きます。[スタート ] を選択し、[システム設定>電源>電源&の >電源設定] を選択します。  

  2. [電源ボタンの動作の選択] を選択し、[現在利用可能ではない設定を変更します] を選びます。 [シャットダウン設定] で、[休止状態] チェック ボックス (利用可能な場合) をオンにし、[変更の保存] を選択します。

これで、いくつかの方法で PC を休止状態にできるようになります。

  • [ スタート] を選択し、[ Power > Hibernate] を選択します

  • キーボードで Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押し、[シャットダウン] または [Hibernate からサインアウト>選択します。

注: PC に接続されているデバイス (モニターやプリンター、スキャナー) がスリープまたは休止状態からの復帰後に正しく機能しない場合、デバイスを接続し直すか、PC の再起動が必要になる場合があります。 また、お使いのデバイスのすべてに、最新のドライバーがインストールされていることを確認してください。

PC を完全にオフにする

Windows 8.1 または Windows RT 8.1 をシャットダウンするには、画面の左下隅にマウスを移動し、[スタート] を右クリックするか、キーボードの Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押します。 [シャットダウンまたはサインアウト] をタップまたは選択し、[ シャットダウン] を選択します

スリープ

スリープは、電源をほとんど使用し、PC の起動速度が速く、すぐに電源を切った場所に戻ります。 Windows は自動的にすべての作業を保存し、バッテリー残量が少なすぎると PC の電源を切るので、バッテリーの消耗のために作業が失われる心配はありません。 コーヒー 休憩を取る場合など、少しの間 PC から離れる場合は、スリープを使用します。

多くの PC (特にノート PC やタブレット) では、カバーを閉じるか電源ボタンを押すだけでスリープ状態になります。

カバーを閉じるか電源ボタンを押すと、PC がスリープ状態になじむのを設定するには:

  1. 電源オプションを開く — 画面の端からスワイプインし、[検索] をタップします (または、マウスを使用している場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[検索] を選択します)、検索ボックスに「Power options」と入力して、[電源オプション] をタップまたは選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • デスクトップ、タブレット、またはノート PC を使用している場合は、[電源ボタンの動作の選択] を選択します。 [電源ボタンを押したときの動作] の横にある [スリープ状態] を選択し、[変更の保存] を選びます。

    • ノート PC のみを使用している場合は、[カバーを閉じたときの動作の選択] を選択します。 [カバーを閉じたときの動作] の横にある [スリープ状態] を選択し、[変更の保存] を選びます。

PC をスリープ状態にする準備ができたら、デスクトップ、タブレット、ノート PC の電源ボタンを押すか、ノート PC のカバーを閉じます。

ほとんどの PC では、PC の電源ボタンを押すことで作業を再開できます。 ただし、すべての PC が同じであるわけではありません。 キーボードの任意のキーを押す、マウスのボタンをクリックする、またはノート PC のカバーを開くことで、スリープ状態を解除できる場合もあります。 コンピューターに付属のドキュメントを確認するか、製造元の Web サイトをご覧ください。

休止状態

このオプションは、ノート PC を対象にして設計されたものであり、すべての PC で使用できない場合があります (InstantGo を備えた PC には休止状態オプションがありません)。 休止はスリープよりも電力消費が少なく、PC を再開すると、PC から離れたときの状態に戻ることができます (ただし戻るまでの時間はスリープより長くかかります)。

ノート PC やタブレットでは、長時間使用せず、その間バッテリを充電できないとわかっているときは、休止状態にすることをお勧めします。 お使いの PC でこのオプションが利用可能かどうかを確認し、利用できる場合はオンにします。

PC を休止状態にするには、以下の手順を実行します。

  1. 電源オプションを開く — 画面の端からスワイプインし、[検索] をタップします (または、マウスを使用している場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[検索] を選択します)、検索ボックスに「Power options」と入力して、[電源オプション] をタップまたは選択します。

  2. [電源ボタンの動作の選択] を選択し、[現在利用可能ではない設定を変更します] を選びます。 [シャットダウン設定] で、[休止状態] チェック ボックス (利用可能な場合) をオンにし、[変更の保存] を選択します。

これで、いくつかの方法で PC を休止状態にできるようになります。

  • マウスを画面の左下隅に移動し、[スタート] を右クリックするか、キーボードの Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押します。 [シャットダウンまたはサインアウト] をタップまたは選択し、[休止状態] を選択します。 

  • 画面の右端からスワイプインし、[次へ] をタップ設定。 (マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上に移動し、[マウス] 設定。 [Power> Hibernate] をタップまたは選択します

注: PC に接続されているデバイス (モニターやプリンター、スキャナー) がスリープまたは休止状態からの復帰後に正しく機能しない場合、デバイスを接続し直すか、PC の再起動が必要になる場合があります。 また、お使いのデバイスのすべてに、最新のドライバーがインストールされていることを確認してください。

PC を完全にオフにする

シャットダウンするには、[スタート] を選択 [スタート] ボタン アイコン 、[シャットダウン] を選択します

スリープ

スリープは、電源をほとんど使用し、PC の起動速度が速く、すぐに電源を切った場所に戻ります。 Windows は自動的にすべての作業を保存し、バッテリーが少なすぎる場合は PC をオフにすることができるため、バッテリーのドレインのために作業が失われる心配はありません。 コーヒー 休憩を取る場合など、少しの間 PC から離れる場合は、スリープを使用します。

多くの PC (特にノート PC やタブレット) では、カバーを閉じるか電源ボタンを押すだけでスリープ状態になります。

カバーを閉じるか電源ボタンを押すと、PC がスリープ状態になじむのを設定するには:

  1. 電源オプションを開き、[スタート] [スタート] ボタン アイコンを選択し、[システムとセキュリティ] >[Power Options] >選択します。  

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • デスクトップ、タブレット、またはノート PC を使用している場合は、[電源ボタンの動作の選択] を選択します。 [電源ボタンを押したときの動作] の横にある [スリープ状態] を選択し、[変更の保存] を選びます。

    • ノート PC のみを使用している場合は、[カバーを閉じたときの動作の選択] を選択します。 [カバーを閉じたときの動作] の横にある [スリープ状態] を選択し、[変更の保存] を選びます。

  3. PC をスリープ状態にする準備ができたら、デスクトップ、タブレット、ノート PC の電源ボタンを押すか、ノート PC のカバーを閉じます。

ほとんどの PC では、PC の電源ボタンを押すことで作業を再開できます。 ただし、すべての PC が同じであるわけではありません。 キーボードの任意のキーを押す、マウスのボタンをクリックする、またはノート PC のカバーを開くことで、スリープ状態を解除できる場合もあります。 コンピューターに付属のドキュメントを確認するか、製造元の Web サイトをご覧ください。

休止状態

このオプションは、ノート PC を対象にして設計されたものであり、すべての PC で使用できない場合があります (InstantGo を備えた PC には休止状態オプションがありません)。 休止はスリープよりも電力消費が少なく、PC を再開すると、PC から離れたときの状態に戻ることができます (ただし戻るまでの時間はスリープより長くかかります)。

ノート PC やタブレットでは、長時間使用せず、その間バッテリを充電できないとわかっているときは、休止状態にすることをお勧めします。 お使いの PC でこのオプションが利用可能かどうかを確認し、利用できる場合はオンにします。

PC を休止状態にするには、以下の手順を実行します。

  1. 電源オプションを開き、[スタート] [スタート] ボタン アイコン を選択し 、[システムとセキュリティ]> [Power Options] >選択します

  2. [電源ボタンの動作の選択] を選択し、[現在利用可能ではない設定を変更します] を選びます。 [シャットダウン設定] で、[休止状態] チェック ボックス (利用可能な場合) をオンにし、[変更の保存] を選択します。

これで、PC を休止状態にできます。[スタート] [スタート] ボタン アイコンを選択し、[シャットダウン] の横にある矢印を選択し、[休止状態] を選択します

注: PC に接続されているデバイス (モニターやプリンター、スキャナー) がスリープまたは休止状態からの復帰後に正しく機能しない場合、デバイスを接続し直すか、PC の再起動が必要になる場合があります。 また、お使いのデバイスのすべてに、最新のドライバーがインストールされていることを確認してください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×