PC をバックアップおよび復元する

Windows ベースのコンピューターに個々のファイルをバックアップして復元する方法については、以下をご覧ください。

Windows 10 でバックアップおよび復元を行う方法については、以下をご覧ください。

後退する

お使いの PC をバックアップする方法はいくつかあります。

  1. [スタート ] ボタンを選択し、[コントロールパネル]> [システムとメンテナンス>バックアップと復元] を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows バックアップを初めて使う場合、または最近 Windows のバージョンをアップグレードした場合は、[バックアップの設定] を選び、ウィザードの手順に従います。

    • これまでバックアップを作成したことがある場合は、定期的に実行するようにスケジュールされたバックアップの実行を待つか、[今すぐバックアップ] を選んで新しいバックアップを手動で作成することができます。

    • これまでバックアップを作成したことがあるが、古いバックアップを更新するのではなく、新しい完全バックアップを作成する場合は、[新しい完全バックアップを作成する][完全バックアップ] の順に選び、ウィザードの手順に従います。

注: Windows がインストールされているのと同じハード ディスク上にファイルをバックアップしないでください。 たとえば、ファイルを回復パーティションにバックアップしないでください。 許可されていないユーザーがファイルにアクセスすることを防ぐために、バックアップに使用したメディア (外付けハード ディスク、DVD、または CD) は常に安全な場所に保管してください。コンピューターとは別の場所にある耐火設備に保管することをお勧めします。 また、バックアップ データの暗号化も必要に応じて検討してください。

システム イメージの作成

システム イメージには特定の状態にある PC 上のすべての情報が含まれます。

  1. [スタート ] ボタンを右クリックして、[コントロールパネル] > [システムとメンテナンス>バックアップと復元] を選択します。

  2. 左側のウィンドウで、[ システムイメージの作成] を選び、ウィザードの手順に従います。 管理者のパスワードの必要性管理者パスワードまたは確認メッセージが表示された場合は、パスワードを入力するか、確認を入力します。

注: ドライブのシステム イメージを作成するには、そのドライブが NTFS ファイル システムでフォーマットされている必要があります。 システム イメージをハード ドライブまたは USB フラッシュ ドライブ上に保存するには、そのドライブが NTFS ファイル システムでフォーマットされている必要があります。

複数バージョンのシステム イメージを保持する

複数のバージョンのシステムイメージを保持することができます。 内蔵および外付けハード ドライブの場合、空き領域が不足すると古いシステム イメージが削除されます。 ディスク領域を節約するには、古いシステム イメージを削除してください。

ネットワーク上の場所にシステムイメージを保存する場合は、コンピューターごとに最新のシステムイメージしか保持できません。 システム イメージは、ドライブ\WindowsImageBackup\コンピューター名\ の形式で保存されます。 既にコンピューターのシステムイメージを作成していて、そのコンピューター用に新しいイメージを作成している場合は、新しいシステムイメージによって古いものが上書きされます。

古いシステムイメージを残しておく場合は、次の手順に従って新しいシステムイメージを作成する前に、別の場所にコピーします。

  1. システム イメージがある場所に移動します。

  2. WindowsImageBackup フォルダーを新しい場所にコピーします。

復元ポイントを作成する

復元ポイントを使用して、コンピューターのシステム ファイルを以前の時点の状態に戻すことができます。 復元ポイントはシステムの復元によって毎週自動的に作成され、アプリやドライバーのインストールなど、PC で変更操作が検出された場合にも自動的に作成されます。

ここでは、復元ポイントを作成する方法について説明します。

  1. [スタート]  ボタンを右クリックし、[コントロール パネル][システムとメンテナンス][システム] の順に選びます。

  2. 左側のウィンドウで、[システムの保護] を選びます。

  3. [システムの保護] タブを選び、[作成] を選びます。

  4. [システムの保護] ダイアログ ボックスで、説明を入力し、[作成] を選びます。

復元

  1. [スタート]  ボタンを右クリックし、[コントロール パネル][システムとメンテナンス][バックアップと復元] の順に選びます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 自分のファイルを復元するには、[ファイルの復元] を選びます。

    • すべてのユーザーのファイルを復元するには、[すべてのユーザーのファイルを復元] を選びます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • バックアップの内容を参照するには、[ファイルの参照] または [フォルダーの参照] を選びます。 フォルダーを参照する場合は、フォルダー内にある個々のファイルは表示できません。 個々のファイルを表示する場合は [ファイルの参照] オプションを使用します。

    • バックアップの内容を検索するには、[検索] を選び、ファイル名の一部または全体を入力して [検索] を選びます。

ヒント: 特定のユーザー アカウントに関連付けられているファイルまたはフォルダーを検索する場合、[検索] ボックスにファイルまたはフォルダーの場所を入力すると、より適切な検索結果を得ることができます。 たとえば、バックアップされたすべての JPG ファイルを検索するには、[検索] ボックスに「JPG」と入力します。 Bill というユーザーに関連付けられている JPG ファイルだけを検索するには、[検索] ボックスに「C:\Users\Bill\JPG」と入力します。 ワイルドカード文字を使用して「*.jpg」のように入力すると、バックアップされている JPG ファイルをすべて検索できます。

別のコンピューターで行われたバックアップを復元する

Windows Vista または Windows 7 を実行している別のコンピューターで作成したバックアップからファイルを復元できます。

  1. [スタート] ボタンを選び、[コントロール パネル][システムとメンテナンス][バックアップと復元] の順に選びます。

  2. [ファイルの復元先とする別のバックアップを選択してください] を選び、ウィザードの手順に従います。 管理者のパスワードの必要性 管理者パスワードまたは確認メッセージが表示された場合は、パスワードを入力するか、確認を入力します。

別のコンピューター上で作成されたバックアップから復元したファイルを見つける

別のコンピューター上で作成されたバックアップから復元したファイルは、バックアップの作成時に使われたユーザー名のフォルダー内に復元されます。 ユーザー名が異なる場合は、復元したファイルのあるフォルダーに移動する必要があります。 たとえば、バックアップを作成したコンピューターで使用しているユーザー名が Molly、復元先のコンピューターで使用しているユーザー名が MollyC の場合、復元したファイルは Molly というフォルダーに保存されます。

復元ファイルを見つけるには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]  ボタンを選び、[コンピューター] を選びます。

  2. 目的のファイルが保存されているドライブ (たとえば C:\) のアイコンをダブルクリックします。

  3. [ユーザー] フォルダーをダブルクリックします。 各ユーザーアカウントのフォルダーが表示されます。

  4. バックアップの作成に使用したユーザー名のフォルダーをダブルクリックします。 復元したファイルは、元の場所に応じたさまざまなフォルダー内に格納されています。

コンピューターをシステム イメージ バックアップから復元後に、ファイル バックアップからファイルを復元する

システムイメージのバックアップからコンピューターを復元した後、ファイルのバックアップで、復元するファイルの新しいバージョンが存在する可能性があります。

システムイメージのバックアップが作成された後に作成されたファイルバックアップからファイルを復元するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]  ボタンを選び、[コントロール パネル][システムとメンテナンス][バックアップと復元] の順に選択します。

  2. [別のバックアップを選択]を選択して、ファイルを復元します。 管理者のパスワードの必要性管理者パスワードまたは確認メッセージが表示された場合は、パスワードを入力するか、確認を入力します。

  3. [バックアップ期間] で、復元するファイルを含むバックアップの日付範囲を選択し、ウィザードの手順に従います。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×