Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

スナップショットを取得して PC 画面の一部または全体から文字や画像をコピーします。 Snipping Tool を使用して変更やメモの記入を行って、保存、および共有します。

Windows 10 には、もう1つのスクリーンショットアプリもあります。 Snipping Tool を開くと、"切り取り & スケッチ" アプリの紹介とキーボード ショートカットが表示されます。 このアプリの詳細については、「 Windows 10 でスクリーンショットを移動して注釈を付ける方法」を参照してください。

次の種類の領域切り取りを行うことができます。

自由形式の領域切り取り

オブジェクトの周りに任意の図形を描きます。

四角形の領域切り取り

オブジェクトの周りにカーソルをドラッグして四角形を描きます。

ウィンドウの領域切り取り

ダイアログ ボックスなど、キャプチャするウィンドウを選択します。

全画面の切り取り

画面全体をキャプチャします。

切り取り領域をキャプチャすると、変更、保存、共有を行う Snipping Tool ウィンドウに切り取り領域が自動的にコピーされます。 

Snipping Tool を開く

Windows 10 の場合

[スタート] ボタンを選択します。タスク バーの検索ボックスに「snipping tool」と入力し、結果の一覧から[Snipping Tool] を選択します。

Windows 8.1 または Windows RT 8.1 の場合

画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して [検索] を選択します)。検索ボックスに「snipping tool」と入力し、検索結果の一覧から [Snipping Tool] を選択します。

Windows 7 の場合

[ スタート] ボタンを選び、検索ボックスに「 snipping tool」と入力して、結果の一覧から [ snipping tool] を選びます。

スクリーンショットの加工

Snipping Tool を開いた状態で、次のいずれかを選択してスクリーンショットを作成し、加工を行います。

Snipping Tool で、[モード] を選択します。 以前のバージョンの Windows では、[新規] ボタンの横にある矢印を選択します。 次に、必要な切り取り領域の種類を選択すると、画面全体が少しずつ灰色に変わります。 画面に現在表示されているすべてを対象として、キャプチャする画面の領域を選択します。

Snipping Tool のモード オプション

  1. Snipping Tool を開いた後、キャプチャが必要なメニューを開きます。 Windows 7 の場合は、メニューを開く前に Esc キーを押します。

  2. Ctrl + PrintScreen キーを押します。 [開く] メニューを含めて、画面全体がグレーになります。

  3. 選択モード、または以前のバージョンの Windows では、[新規] ボタンの横にある矢印を選択します。 目的の切り取り領域の種類を選び、キャプチャする画面キャプチャの領域を選びます。

切り取り領域をキャプチャした後、[ペン] または [蛍光ペン] ボタンを選択することで、その切り取り領域上またはその周囲に書き込んだり描画したりできます。 書き込んだ線を消すには [消しゴム] を選択します。

  1. 切り取り領域をキャプチャした後、[切り取り領域の保存] ボタンを選択します。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイル名、場所、および種類を入力し、[保存] を選択します。

ブラウザー ウィンドウから切り取り領域をキャプチャし、HTML ファイルとして保存すると、切り取り領域の下に URL が表示されます。 URL が表示されないようにする方法:

  1. Snipping Tool で、[オプション] ボタンを選択します。

  2. [Snipping Tool オプション] ダイアログ ボックスで [切り取り領域の下に URL を追加する (HTML のみ)] チェック ボックスをオフにして、[OK] を選択します。

切り取り領域のキャプチャ後、[切り取り領域の送信] ボタンの横の矢印を選択し、一覧から任意のオプションを選択します。  

ショートカット キー

目的

Alt + M

切り取り領域モードを選ぶ。

Alt + N

最後に実行したモードと同じモードで新しい切り取り領域を作成する。

Shift + 方向キー

さまざまな種類の切り取り領域から選択するために、カーソルを移動する。

Alt + D

キャプチャを 1 ~ 5 秒遅延する

Ctrl + C

切り取り領域をクリップボードにコピーする

Ctrl +

切り取り領域を保存する

Snipping Tool でキャプチャを開いた状態で、[編集] > [ペイント 3D で編集する] の順に選択し、サイズ変更、色、テキストの機能、およびその他多くの拡張機能を使用できます。

切り取り領域を保存したフォルダー内で、切り取り領域を右クリックします。 オプションから [印刷] を選択し、画像の印刷方法を選択します。

タスク バーの検索ボックスに「snipping tool」と入力します。 Snipping Tool アプリと、実行可能なアクションの一覧が表示されます。 [タスク バーにピン留めする] を選択します。

最初に、キャプチャするメニューやその他のコンポーネントを特定します。 Snipping Tool で [遅延] を選択し、[5 秒] などを選択します。 [モード] を選択して、5 秒のカウントダウンを開始します。 5 秒以内に、メニューを開くなどして、イメージを準備します。 5秒後に画面が灰色表示になったら、マウスを使って目的の領域を描きます。 

関連情報

他の Windows 10 機能の詳細については、「最近の windows 10 更新プログラムの新機能」を参照してください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×