TCP/IP 設定を変更する

TCP/IP は、自分の PC が他の PC と通信する方法を定義するものです。

TCP/IP 設定を管理しやすくするには、自動動的ホスト構成プロトコル (DHCP) の使用をお勧めします。 ネットワークで DHCP がサポートされていると、DHCP によって自動的にインターネット プロトコル (IP) アドレスがネットワーク上のコンピューターに割り当てられます。 DHCP を使用する場合、コンピューターを別の場所に移動しても TCP/IP 設定を変更する必要はありません。DHCP では、ドメイン ネーム システム (DNS)、Windows インターネット ネーム サービス (WINS) などの TCP/IP 設定を手動で構成する必要はありません。

DHCP やその他の TCP/IP 設定を変更するには

  1. [スタート]  を選択し、[設定] [ネットワークとインターネット]  の順に選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • Wi-Fi ネットワークの場合は、[Wi-Fi] [既知のネットワークの管理] の順に選択します。 設定を変更するネットワークを選択し、[プロパティ] を選択します。

    • イーサネット ネットワークの場合は、[イーサネット]  を選択し、接続中のイーサネット ネットワークを選択します。

  3. [IP 割り当て][編集] を選択します。

  4. [IP 設定の編集] で、[自動 (DHCP)] または [手動] を選択します。

    1. IPv4 設定を手動で指定するには

      1. [IP 設定の編集] で、[手動] を選択し、[IPv4] をオンにします。

      2. IP アドレスを指定するには、[IP アドレス]、[サブネット プレフィックスの長さ][ゲートウェイ] の各ボックスに IP アドレス設定を入力します。

      3. DNS サーバーのアドレスを指定するには、[優先 DNS] ボックスと [代替 DNS] ボックスに、プライマリ DNS サーバーとセカンダリ DNS サーバーのアドレスを入力します。

    2. IPv6 設定を手動で指定するには

      1. [IP 設定の編集] で、[手動] を選択し、[IPv6] をオンにします。

      2. IP アドレスを指定するには、[IP アドレス]、[サブネット プレフィックスの長さ][ゲートウェイ] の各ボックスに IP アドレス設定を入力します。

      3. DNS サーバーのアドレスを指定するには、[優先 DNS] ボックスと [代替 DNS] ボックスに、プライマリ DNS サーバーとセカンダリ DNS サーバーのアドレスを入力します。

    • [自動 (DHCP)] を選択すると、ルーターまたはその他のアクセス ポイントにより、IP アドレスと DNS サーバー アドレスが自動的に設定されます (推奨)。

    • [手動] を設定すると、IP アドレスと DNS サーバー アドレスを手動で設定できます。

  5. 完了したら、[保存] を選択します。

DHCP やその他の TCP/IP 設定を変更するには

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows 8.1 の場合は、[スタート] ボタンを選び、「ネットワーク接続の表示」と入力して、一覧から [ネットワーク接続の表示] を選びます。

    • Windows 7 の場合は、[スタート] ボタンを選び、[コントロール パネル] を選んで、[ネットワーク接続] を開きます。 検索ボックスに「アダプター」と入力し、[ネットワークと共有センター][ネットワーク接続の表示] を選びます。

  2. 変更する接続を右クリックし、[プロパティ] を選びます。 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  3. [ネットワーク] タブを選びます。 [この接続は次の項目を使用します] で、[インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)] または [インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)] を選び、[プロパティ] を選びます。

  4. IPv4 IP アドレスの設定を指定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • DHCP を使って IP 設定を自動的に取得するには、[IP アドレスを自動的に取得する] を選び、[OK] を選びます。

    • IP アドレスを指定するには、[次の IP アドレスを使う] を選び、[IP アドレス]、[サブネット マスク][デフォルト ゲートウェイ] の各ボックスに IP アドレス設定を入力します。

  5. IPv6 IP アドレスの設定を指定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • DHCP を使って IP 設定を自動的に取得するには、[IPv6 アドレスを自動的に取得する] を選び、[OK] を選びます。

    • IP アドレスを指定するには、[次の IPv6 アドレスを使う] を選び、[IPv6 アドレス]、[サブネット プレフィックスの長さ][デフォルト ゲートウェイ] の各ボックスに IP アドレス設定を入力します。

  6. DNS サーバーのアドレスの設定を指定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • DHCP を使用して DNS サーバーのアドレスを自動的に取得するには、[DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する] を選び、[OK] を選びます。

    • DNS サーバーのアドレスを指定するには、[次の DNS サーバーのアドレスを使う] を選び、[優先 DNS サーバー] ボックスと [代替 DNS サーバー] ボックスに、プライマリ DNS サーバーとセカンダリ DNS サーバーのアドレスを入力します。

  7. DNS、WINS、IP の詳細設定を変更するには、[詳細設定] を選びます。

注: IPv4 をインストールするには、管理者としてコマンド プロンプトを実行し、「netsh interface ipv4 install」と入力して、Enter キーを押します。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×