[Windows バックアップ] がオンになっている場合、Microsoft アカウントでサインインしたすべての Windows 11 デバイスで、選択した設定が Windows によってバックアップされます。  

[Windows バックアップを有効にする] を選びます。

Windows バックアップをオンにしてバックアップ設定を選択するには、[スタート] > [設定 ] > [アカウント] > [Windows バックアップ] の順に選択します。

Windows バックアップの設定を開く

次の項目をバックアップできます。

  • OneDrive のフォルダー同期

    OneDrive フォルダーの同期をオンにして、[設定] からファイルとフォルダーのバックアップを開始します。 この設定は、職場または学校のアカウントでは使用できません。

  • 自分のアプリを思い出す

    Windows、インストールしたアプリを記憶し、新しいデバイス上の Microsoft Storeか ら復元するのに役立ちます。  この設定は、職場または学校のアカウントでは使用できません。また、Windows は、職場または学校のアカウントのアプリを記憶していません。

  • 自分の設定を保存する

    パスワード、言語、その他の Windows 設定などの設定をバックアップできます。 [その他の Windows の設定] をオンにすると、いくつかのデバイス設定 (プリンターやマウスのオプションなど)、エクスプローラーの設定、通知設定が同期されます。

    注: 組織で許可されている場合は、職場または学校のアカウントで [自分の設定を保存する] を利用できます。 ユーザーとアプリの設定をAzure Active Directory State Roaming Enterpriseをクラウドに同期する方法の詳細については、「Enterprise State Roaming の概要」を参照してください。

アイテムのバックアップを停止する方法

設定のバックアップを停止してクラウドから削除するには、Microsoft アカウントに接続されているすべてのデバイスで Windows バックアップ設定をオフにします。 この設定が完了したら、アカウントからこれらの設定を削除する必要があります。 以下にその方法を示します:

  1. [account.microsoft.com/devices] に移動する

  2. ページの下部にある [保存されている設定をクリアする] を選択します。

[同期の設定] がオンになっている場合、Microsoft アカウントでサインインしたすべての Windows 10 デバイスで、選択した設定が Windows によって同期されます。

備考

  • 組織によって許可されている場合は、職場または学校のアカウントの設定を同期することもできます。 ユーザーとアプリの設定を Azure Active Directory と Enterprise State Roaming がクラウドに同期する方法の詳細については、「Enterprise State Roaming の概要」を参照してください。

[同期の設定]を見つけるには、[スタート]を選択し、[設定] > [アカウント] > [設定の同期] の順に選択します。

代替テキスト

設定のバックアップを停止してクラウドから削除するには、Microsoft アカウントに接続されているすべてのデバイスで Windows バックアップ設定をオフにします。 これが完了したら、アカウントから削除する必要があります。 以下にその方法を示します:

  1. https://account.microsoft.com/devicesに移動します。

  2. ページの一番下までスクロールして [保存されている設定をクリア] を選択します。

言語の設定、パスワード、色のテーマなどの設定を選択します。 [その他の Windows の設定] をオンにすると、いくつかのデバイス設定 (プリンターやマウスのオプションなど)、エクスプローラーの設定、通知設定が同期されます。 Windows で同期できる設定を網羅した一覧については、「Windows 10 ローミング設定リファレンス」をご覧ください。

同期の設定を開く

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×