Windows 11 の起動時に自動的に実行されるアプリを変更するための 2 つの方法を説明します。

  • [スタート] ボタンを選択し、[設定] > [アプリ] > [スタートアップ] の順に選択します。 起動時に実行するすべてのアプリが [オン] になっていることを確認します。

  • [設定] に [スタートアップ] オプションが表示されない場合は、[スタート] ボタンを右クリック (または長押し) して [タスク マネージャー] を選択し、[スタートアップ] タブを選択します。 ([スタートアップ] タブが表示されない場合は、[詳細] を選択します)。 変更するアプリを右クリック (または長押し) し、起動時に実行する場合は [有効にする]、起動時に実行しない場合は [無効にする] を選択します。

Windows 10 の起動時に自動的に実行するアプリを追加する

スタートアップ設定を開く

Windows 10 の起動時に自動的に実行されるアプリを変更するための 2 つの方法を説明します。

  • [スタート] ボタンを選択し、[設定] > [アプリ] > [スタートアップ] の順に選択します。 起動時に実行するすべてのアプリが [オン] になっていることを確認します。

  • [設定] に [スタートアップ] オプションが表示されない場合は、[スタート] ボタンを右クリック (または長押し) して [タスク マネージャー] を選択し、[スタートアップ] タブを選択します。 ([スタートアップ] タブが表示されない場合は、[詳細] を選択します)。 変更するアプリを右クリック (または長押し) し、起動時に実行する場合は [有効にする]、起動時に実行しない場合は [無効にする] を選択します。

Windows 10 の起動時に自動的に実行するアプリを追加する

スタートアップ設定を開く

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×