Windows セキュリティの最新の機能を活用して PC を保護したいですか? ここでは、Windows セキュリティに関する最新情報をご紹介します。

"TPM" とは?

Windows 11 の要件の 1 つは、PC に TPM (トラステッド プラットフォーム モジュール) バージョン 2.0 が搭載されていることです。 その結果、多くのお客様は"TPM" とは何か、また、TPM を持っているかどうかを確認する方法を尋ねています。 そこで、その質問に答える簡単な記事を作成しました。

TPM の詳細については、こちらをご覧ください

テクニカル サポート詐欺に注意してください

ユーザーがポップアップや迷惑電話を受け取り、コンピューターに問題があることを伝えられ、"テクニカル サポート エージェント" に連絡して支援を受けるように求める詐欺行為がいま問題になっています。 実際には、一般的にコンピューターに何の問題もなく、また、"エージェント" は詐欺師であり、あなたの情報や金銭を盗んだり、コンピューターにマルウェアを密かにインストールしたいと考える詐欺師です。 この短い動画では、技術サポート詐欺を見つけて回避する方法について説明します。

ヒント: 最初に Microsoft に連絡した場合を除き、Microsoft がお客様のコンピューターまたはアカウントに問題があるのを確認したという電話は一切お客様にかけることはありません。 Microsoft サポートの担当者であると主張する者からの迷惑電話はすぐに切ってください。

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。

無料のセキュリティの基礎ビデオ

ご自分や事業のために、トレーニング ビデオのクイック セットが必要ですか? YouTubeに、一般向けの短い動画の新しいプレイリストを作成しました。 専門用語をあまり使わずに、セキュリティの基本について扱っています。 プレイリスト全体の長さは 15 分未満であり、さらに自信を持ってオンラインでの安全性を高める準備ができるようになります。

もしあなたが中小企業の経営者であれば、このプレイリストをチームの必須トレーニングに追加することを検討してください。

一般ユーザーのためのセキュリティ 101

マルウェアからの最新の保護

場合によっては、Windows セキュリティがクラウドを使用して不審なプログラムを分析します。 Windows セキュリティはこの分析を通じて新しい脅威の情報を収集できるため、以前のバージョンの Windows よりもはるかに速く脅威に対応して PC を保護できます。

Windows に含まれている、Windows セキュリティが新しい脅威にさらに迅速に対応できるように、クラウドが提供する保護と自動サンプル送信の機能を改善しました。 ほとんどの場合、Windows セキュリティはクラウドが提供する保護機能を使って脅威を検出し、最初に検出した時点で脅威をブロックします。

保護を確認するには?

クラウド提供の保護機能とサンプルの自動送信機能をオンにして Windows セキュリティを実行すると、最新の脅威に対応できる最高レベルの保護と大きな安心感を得ることができます。 これで完了です。

これらの機能がオンになっていることを確認するには、[設定 > 更新とセキュリティ > Windows セキュリティ > ウイルスと脅威の防止 > 設定の管理] の順に進みます。 [クラウドによる保護]と[自動サンプル送信]の設定が表示されます。

オフライン スキャン 

オフライン スキャンを実行すると、通常のスキャンでは見つからないマルウェアを検出して削除できます。 Windows セキュリティでオフライン スキャンを実行するには、[ウイルスと脅威の防止] を選択し、[現在の脅威] の下の [スキャンのオプション][Microsoft Defender オフライン スキャン][今すぐスキャン] の順に選択します。

その他のヒントと情報について

ビデオやトレーニングなどのヒントや情報については、Microsoft セキュリティヘルプと学習ページを参照してください。

ビデオをもっと見たいですか? YouTube で Microsoft セキュリティ チャネル を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×