Windows セキュリティ設定の [通知] ページでは、受信する通知の種類を構成できます。 これを見つけるには、Windows セキュリティ アプリの左下隅にある設定し、[通知の管理] を選択します。

次の 3 つのカテゴリに分かれています。

  • ウイルス&脅威の保護 - これらの通知は純粋に情報であり、ユーザーからの即時のアクションは必要ありません。 即時のアクションが必要な問題が発生した場合は、常に通知を受け取ります。 このページの設定では、脅威が正常にブロックされたか、マルウェア スキャンが正常に完了したかなどを知りたいかどうかを指定できます。

  • アカウント保護 - Windows Helloや動的ロックに問題がある場合(照明が正しくないため Hello が認識しづらくなったり、モバイル デバイスがデバイス ロックをアクティブ化できない場合など) が発生した場合、Windowsから通知を受け取ることができます。

  • ファイアウォールとネットワーク保護 - Microsoft Defender ファイアウォールが新しいアプリをブロックするときに通知を受信するかどうかを指定できます。 これらの通知は、アプリがドメイン ネットワーク、プライベート ネットワーク、またはパブリック ネットワーク (インターネット) でブロックされたかどうかに応じて、異なる方法で構成することもできます。

注: デバイスが職場または学校によって管理されている場合、一部の通知設定は管理者によって設定され、それらを変更することはできません。 その場合は、[ 通知] ページに通知が表示されます。

関連項目

マルウェアが PC を感染させるしくみ

セキュリティのヘルプと学習

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×