バックアップから失われたファイルを見つけることができない場合は、Microsoft Storeから使用できるコマンド ライン アプリであるWindows ファイル回復を使用できます。 このアプリを使用して、ローカル ストレージ デバイス (内部ドライブ、外部ドライブ、USB デバイスを含む) から削除され、ごみ箱から復元できない失われたファイルを回復します。 クラウド ストレージとネットワーク ファイル共有での復旧はサポートされていません。

メモこのアプリでは、ビルド 19041 以降Windows 10必要があります (Windows 10のバージョンを確認してください)。

重要: ファイルを回復する可能性を高める場合は、コンピューターの使用を最小限に抑えるか、使用しないでください。 Windows ファイル システムでは、削除されたファイルによって使用される領域は空き領域としてマークされます。つまり、ファイル データは引き続き存在し、復旧できます。 ただし、コンピューターを使用するとファイルを作成できます。この空き領域はいつでも書き込み過ぎることがあります。 

Windows ファイル回復 - Winter 2020 リリース

  1. 必要に応じて、Microsoft Storeからアプリをダウンロードして起動します。

  2. Windows キーを押し、検索ボックスに「Windows ファイル回復」と入力し、Windows ファイル回復を選択します。

  3. アプリによるデバイスの変更を許可するように求められたら、[はい] を選択します。

  4. コマンド プロンプト ウィンドウで、次の形式でコマンドを入力します。 

    winfr source-drive: destination-drive: [/mode] [/switches]

  5. ファイルの回復に使用できる基本的なモードは、標準モードと広範モードの 2 種類です。 

    通常モードの例  

    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーにドキュメント フォルダーを回復します。 フォルダーの末尾にある円記号 (\) を忘れないでください。  

    Winfr C: E: /regular /n \Users\<username>\Documents\ 

    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに PDF ファイルと Word ファイルを回復します。 

    Winfr C: E: /regular /n *.pdf /n *.docx 

    広範なモードの例  

    ワイルドカード文字を使用して、ファイル名に "invoice" という文字列を含むファイルを回復します。 

    Winfr E: C: /extensive /n *invoice* 

    画像フォルダーから E: ドライブの回復フォルダーに jpeg と png の写真を回復します。 

    Winfr C: E: /extensive /n \Users\<username>\Pictures\*.JPEG /n\Users\<username>\Pictures\*.PNG 

    ソース ドライブとコピー先ドライブは異なる必要があります。 オペレーティング システム ドライブ (多くの場合は C: ) から回復する場合は、 /n <filter> スイッチを使用してユーザー ファイルまたはフォルダーを指定します。 
    Microsoft は、呼び出した回復フォルダーを、コピー先ドライブに Recovery_<date and time> 自動的に作成します。 

  6. 続行の確認を求められたら、Y と入力して復旧操作を開始します。 ソース ドライブのサイズによっては、しばらく時間がかかる場合があります。 回復プロセスを停止するには、Ctrl キーを押しながら Cキーを押します。 

次の情報は、使用するファイル システムと使用するモードを決定するのに役立ちます。 

ファイル システム

[ファイル システム]

FAT と exFAT

SD カード、フラッシュ ドライブ、または USB ドライブ (< 4 GB)

NTFS

コンピューター (HDD、SSD)、外付けハード ドライブ、フラッシュ ドライブ、または USB ドライブ (> 4 GB)

Windowsでサポートされているファイル システムは、ストレージ デバイスまたはオペレーティング システムによって異なります。 NTFS 以外のファイル システムからのファイルの回復は、広範なモードでのみサポートされます。 使用しているファイル システムを確認するには、エクスプローラーでドライブを右クリックし、[プロパティ] を選択します。 

使用するモードを決定する

次の表を使用して、使用するモードを決定します。 よくわからない場合は、標準モードから開始します。

[ファイル システム]

状況

推奨モード

NTFS

最近削除されました

標準

NTFS

しばらく前に削除済み

広範囲

NTFS

ディスクの書式設定後

広範囲

NTFS

破損したディスク

広範囲

FAT と exFAT

Any

広範囲

一般的な構文

次の表は、各高度なスイッチの用途をまとめたものです。

パラメーター/スイッチ  

説明

サポートされているモード

ソース ドライブ:

ファイルが失われたストレージ デバイスを指定します。 宛先ドライブとは異なる必要があります。

すべて

Destination-drive:

回復されたファイルを格納するストレージ デバイスとフォルダーを指定します。 ソース ドライブとは異なる必要があります。

すべて

/regular

通常モード(破損していない NTFS ドライブの標準復旧オプション)

標準

/extensive

広範なモード、すべてのファイル システムに適した完全な回復オプション

広範囲

/n<フィルター>

ファイル名、ファイル パス、ファイルの種類、またはワイルドカードを使用して、特定のファイルをスキャンします。 以下はその例です: 

  • ファイル名: /n myfile.docx

  • ファイル パス: /n /users/<username>/Documents/

  • ワイルドカード: /n myfile.*

  • /n *.docx

  • /n *<文字列>*

すべて

/?

一般ユーザー向けの構文とスイッチの概要。

すべて

/!

高度なユーザー向けの構文とスイッチの概要。

すべて

高度な構文

次の表は、各高度なスイッチの用途をまとめたものです。

切り替え

説明

サポートされているモード

/ntfs

NTFS モード(マスター ファイル テーブルを使用した正常な NTFS ドライブの高速回復オプション)

NTFS

/segment

セグメント モード、ファイル レコード セグメントを使用した NTFS ドライブの回復オプション

セグメント

/signature

署名モード、ファイル ヘッダーを使用するすべてのファイル システムの種類の回復オプション

署名

/y:<型>

特定の拡張機能グループを回復する(コンマ区切り)

署名

/#

シグネチャ モード拡張機能グループとサポートされているファイルの種類。

署名

/p:<フォルダー>

復旧操作のログ ファイルを、復旧ドライブの既定の場所 (D:\logfile など) とは異なる場所に保存します。

すべて

/a

スクリプト ファイルで便利なユーザー プロンプトをオーバーライドします。

すべて

/u

たとえば、ごみ箱から削除されていないファイルを回復します。

NTFS
セグメント

/k

システム ファイルを回復します。

NTFS
セグメント

/o:<a|n|b>

ファイルを上書きするかどうかを選択するときに、常に (a)、決して (n)、または両方とも always(b) を維持するかどうかを指定します。 既定のアクションでは、上書きを求めるメッセージが表示されます。

NTFS
セグメント

/g

プライマリ データ ストリームのないファイルを回復します。

NTFS
セグメント

/e

結果を管理しやすくし、ユーザー ファイルに重点を置くために、一部のファイルの種類は既定でフィルター処理されますが、このスイッチではそのフィルターが削除されます。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、この表の後の情報を参照してください。

NTFS
セグメント

/e:<拡張機能>

フィルター処理するファイルの種類を指定します。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、この表の後の情報を参照してください。

NTFS
セグメント

/s:<セクター>

ソース デバイス上のセクターの数を指定します。 セクター情報を検索するには、 fsutil を使用します。

セグメント
署名

/b:<バイト>

ソース デバイス上のクラスター サイズ (割り当て単位) を指定します。

セグメント
署名

ファイル拡張子フィルターの一覧

次のファイルの種類は、既定で結果からフィルター処理されます。 /e スイッチを使用して、このフィルターを無効にするか、/e:<拡張子>フィルターを使用して、フィルターを適用しないファイルの種類を指定します。

_, adm, admx, appx, appx, ascx, asm, aspx, aux, ax, bin, browser, c, cab, cat cdf-ms, catalogItem, cdxm, cmake, cmd, coffee, config, cp, cpp, cs, cshtm, css, cur, dat, dll, et, evtx, exe, fon, gpd, h, h wafedcurve, htm, htm, ico, id, ildl, ilpdb, iltoc, iltocpdb, in, inf, inf_loc, ini, js, json, lib, lnk, log, man, manifest, map, metadata, mf, mof, msc, msi, ムイ, ムイ, mom, mun, nls, npmignore, nupkg, nuspec, obj, p7s, p7x, pak, pckdep, pdb, pf, pkgdef, plist, pnf, pp, pri, props, ps1, ps1xm, psm1, py, resjson, resw, resx, rl, rs, sha512, スニペット, sq, sys, t4, targets, th, tlb, tmSnippet, toc, ts, ts, tt, ttf, vbhtm, vbs, vsdir, vsix, vsixpack, vsixmanifest, vstdir, vstemplate, vstman, winmd, xam, xbf, xm, xrm-ms, xs, xsd, ym

正しい構文を使用するのに役立つヒントを教えてください。  

  • ソースパスと宛先パスでは常にドライブ文字を使用します。コロン (:)忘れないでください)ドライブ文字の後に、コピー元とコピー先の間にスペースがあることを確認します。

  • /n \Myfolder\などのフォルダー名だけを指定する場合は、その末尾に円記号 (\) を追加します。

  • ファイル名またはフォルダー名にスペースがある場合は、引用符で囲みます。 以下はその例です:

winfr C: E: /regular /n "\Users\<username>\Documents\Quarterly Statement.docx" 

コマンドの例<ユーザー名>意味は何ですか? 

エクスプローラーアドレス バーに「C:\users」と入力して、コンピューター上の潜在的なユーザーの一覧を表示します。 コンピューターには、ユーザー、管理者、既定のアカウントなど、複数のユーザーが存在する場合があります。 ファイル パスに<ユーザー名>が表示されると、コンピューター上の現在のユーザー名のプレースホルダーになります。 

このメッセージが表示される理由: "ソースと宛先は、同じ物理パーティションを参照できませんか? 

移行元と移行先のドライブまたはパーティションのパスが同じでない必要があります。 ドライブが 1 つしかない場合は、USB または外付けハード ドライブを宛先パスとして使用します。 データを失った後にパーティションを作成しないでください。これは、回復に成功する可能性が低下するためです。 

回復操作に時間がかかるのはなぜですか? 

ディスクのサイズによっては、特に広範なモードを使用している場合は、ファイルの回復に時間がかかる場合があります。 

オペレーティング システム ドライブから追加のファイルが回復されるのはなぜですか? 

バックグラウンドでは、Windowsは常にファイルの作成と削除を行います。 既定では、Windows ファイル回復はこれらのファイルを除外しますが、一部のファイルは除外されます。 これを防ぐには、この記事の例に従って、/n <フィルター>を使用します。 

$Recycle.Bin フォルダーとは何ですか? 

NTFS モードとセグメント モードの場合は、ごみ箱から回復された失われたファイル (ごみ箱内のファイル、または完全に削除されたファイル) が $files.xxx という名前で表示され、$RECYCLE という名前のフォルダーに格納されている場合もあります。箱。 

移行先ドライブがいっぱいの場合はどうなりますか? 

次のメッセージが表示される場合は、"変換先ディスクがいっぱいです。再開する前に領域を解放してください: (R)esume、(S)kip ファイル、または (A)bort"、変換先ドライブのドライブ領域を解放し、オプションのいずれかを選択します。 

ファイルを回復できませんでした。これで何ができますか? 

通常モードを使用した場合は、ファイルの種類がサポートされている場合は、広範なモードでもう一度試してください。 空き領域は、特にソリッド ステート ドライブ (SSD) で上書きされた可能性があります。 ヘルプが必要な場合は、管理者にお問い合わせください。 

Windows ファイル回復 - 2020 年夏リリース

  1. 必要に応じて、Microsoft Storeからアプリをダウンロードして起動します

  2. Windows キーを押し、検索ボックスに「Windows ファイル回復 」と入力し、Windows ファイル回復を選択します

  3. アプリによるデバイスの変更を許可するように求められたら、[ はい] を選択します。

  4. コマンド プロンプト ウィンドウで、次の形式でコマンドを入力します。

    winfr source-drive: destination-drive: [/switches]


    ソース ドライブとコピー先ドライブは異なる必要があります。 オペレーティング システム ドライブ (多くの場合 C: ) から回復する場合は、/n <フィルター>と /y:<の種類<>スイッチを使用して、ユーザー ファイルまたはフォルダーを指定します。

    Microsoft では、コピー先ドライブにRecovery_<日時>呼び出された回復フォルダーが自動的に作成されます。

    ファイルの回復には、既定、セグメント、署名の 3 つのモードがあります。

    既定のモードの例

    特定のファイルを C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに回復します。

    winfr C: E: /n \Users\<username>\Documents\QuarterlyStatement.docx


    画像フォルダーから E: ドライブの回復フォルダーに jpeg と png の写真を回復します。

    winfr C: E: /n \Users\<username>\Pictures\*.JPEG /n \Users\<username>\Pictures\*.PNG


    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーにドキュメント フォルダーを回復します。

    winfr C: E: /n \Users\<username>\Documents\


    フォルダーの末尾にある円記号 (\) を忘れないでください。

    セグメント モードの例 (/r)

    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに PDF ファイルと Word ファイルを回復します。

    winfr C: E: /r /n *.pdf /n *.docx


    ワイルドカード文字を使用して、ファイル名に "invoice" という文字列を含むファイルを回復します。

    winfr C: E: /r /n *invoice*


    シグネチャ モードの例 (/x)

    署名モードを使用する場合は、サポートされている拡張グループと対応するファイルの種類を最初に確認すると便利です。

    winfr /#


    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに JPEG (jpg、jpeg、jpe、jif、jfif、jfi) と PNG の写真を回復します。

    winfr C: E: /x /y:JPEG,PNG


    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに ZIP ファイル (zip、docx、xlsx、ptpx など) を回復します。

    winfr C: E:\RecoveryTest /x /y:ZIP

  5. 続行の確認を求められたら、 Y と入力して復旧操作を開始します。

    ソース ドライブのサイズによっては、しばらく時間がかかる場合があります。

    回復プロセスを停止するには、 Ctrl キーを押しながら C キーを押します

次の情報は、使用するファイル システムと使用するモードを決定するのに役立ちます。

ファイル システム

Windowsでサポートされているファイル システムは、ストレージ デバイスまたはオペレーティング システムによって異なります。 NTFS 以外のファイル システムからのファイルの回復は、署名モードでのみサポートされます。 使用しているファイル システムを確認するには、エクスプローラーでドライブを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

[ファイル システム]

FAT と exFAT

SD カード、フラッシュ ドライブ、または USB ドライブ (< 4 GB)

Refs

ワークステーションのWindows サーバーとWindows Pro

NTFS

コンピューター (HDD、SSD)、外付けハード ドライブ、フラッシュ ドライブ、または USB ドライブ (> 4 GB)

使用するモードを決定する

次の表を使用して、使用するモードを決定します。 わからない場合は、既定のモードから開始します。

[ファイル システム]

状況

推奨モード

NTFS

最近削除されました

既定

NTFS

しばらく前に削除済み

セグメントの後に署名が続く

NTFS

ディスクの書式設定後

セグメントの後に署名が続く

NTFS

破損したディスク

セグメントの後に署名が続く

FAT、exFAT

回復ファイルの種類がサポートされています (次の表を参照)。

署名

シグネチャ モードの拡張機能グループとファイルの種類

次の表は、/y:<の種類>スイッチを使用する場合に、各グループの拡張子グループとサポートされているファイルの種類をまとめたものです。 

拡張機能グループ

ファイルの種類

ASF

wma、wmv、asf

JPEG

jpg、jpeg、jpe、jif、jfif、jfi

MP3

mp3

MPEG

mpeg, mp4, mpg, m4a, m4v, m4b, m4r, mov, 3gp, qt

PDF

pdf

PNG

png

ZIP

zip, docx, xlsx, pptx, odt, ods, odp, odg, odi, odf, odc, odm, otg, otg, otp, ots, otc, oti, otf, oth

一般的な構文

次の表は、各基本的なコマンド ライン パラメーターとスイッチの用途をまとめたものです。

パラメーターまたはスイッチ

説明

サポートされているモード

ソース ドライブ:

ファイルが失われたストレージ デバイスを指定します。 宛先ドライブとは異なる必要があります。

すべて

Destination-drive:

回復されたファイルを格納するストレージ デバイスとフォルダーを指定します。 ソース ドライブとは異なる必要があります。

すべて

/r

セグメント モードを使用し、ファイル レコード セグメント (FRS) を調べます。

セグメント

/n <フィルター>

ファイル名、ファイル パス、またはワイルドカードを使用して、特定のファイルをスキャンします。 以下はその例です:

  • ファイル名: /n myfile.docx

  • ファイル パス: /n /users/<username>/Documents/

  • ワイルドカード: /n myfile.*
    /n *.docx
    /n *<文字列>*

既定
セグメント

/x

シグネチャ モードを使用します。これは、ファイルの種類を調べ、すべてのファイル システムで動作します。

署名

/y:<型>

特定の種類のファイルをスキャンします。 コンマを使用して複数のエントリを区切ります。 拡張グループと対応するファイルの種類の一覧については、「モードとファイル システムについて」セクションの「シグネチャ モード拡張機能グループとファイルの種類」の表を参照してください。

署名

/#

署名モードの拡張機能グループと、各グループ内の対応するファイルの種類を表示します。

すべて

/?

一般ユーザー向けの構文とスイッチの簡単な概要を示します。

すべて

/!

高度なユーザー向けの構文とスイッチの簡単な概要を示します。

すべて

高度な構文

次の表は、各高度なスイッチの用途をまとめたものです。

切り替え

説明

サポートされているモード

/p:<フォルダー>

復旧操作のログ ファイルを、復旧ドライブの既定の場所 (D:\logfile など) とは異なる場所に保存します。

すべて

/a

スクリプト ファイルで便利なユーザー プロンプトをオーバーライドします。

すべて

/u

たとえば、ごみ箱から削除されていないファイルを回復します。

既定
セグメント

/k

システム ファイルを回復します。

既定
セグメント

/o:<a|n|b>

ファイルを上書きするかどうかを選択するときに、常に (a)、決して (n)、または両方とも always(b) を維持するかどうかを指定します。 既定のアクションでは、上書きを求めるメッセージが表示されます。

既定
セグメント

/g

プライマリ データ ストリームのないファイルを回復します。

既定
セグメント

/e

結果を管理しやすくし、ユーザー ファイルに重点を置くために、一部のファイルの種類は既定でフィルター処理されますが、このスイッチではそのフィルターが削除されます。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、この表の後の情報を参照してください。

既定
セグメント

/e:<拡張機能>

フィルター処理するファイルの種類を指定します。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、この表の後の情報を参照してください。

既定
セグメント

/s:<セクター>

ソース デバイス上のセクターの数を指定します。 セクター情報を検索するには、 fsutil を使用します。

セグメント
署名

/b:<バイト>

ソース デバイス上のクラスター サイズ (割り当て単位) を指定します。

セグメント
署名

/f:>セクター>

ソース デバイスでスキャンする最初のセクター。

セグメント
署名

正しい構文を使用するのに役立つヒントを教えてください。

いくつかの提案を次に示します。

  • ソースパスと宛先パスでは常にドライブ文字を使用します。コロン (:)忘れないでください)ドライブ文字の後に、コピー元とコピー先の間にスペースがあることを確認します。

  • スイッチに /y: などのコロンがある場合は、コロンと値の残りの部分の間にスペースを追加しないでください。

  • /n \Myfolder\などのフォルダー名だけを指定する場合は、その末尾に円記号 (\) を追加します。

  • ファイル名またはフォルダー名にスペースがある場合は、引用符で囲みます。 以下はその例です:

    winfr C: E: /n "\Users\<username>\Documents\Quarterly Statement.docx"
  • 回復プロセスを停止するには、 Ctrl キーを押しながら C キーを押します

コマンドの例<ユーザー名>意味は何ですか?

エクスプローラー アドレス バーに「C:\users」と入力して、コンピューター上の潜在的なユーザーの一覧を表示します。 コンピューターには、ユーザー、管理者、既定のアカウントなど、複数のユーザーが存在する場合があります。 ファイル パスに<ユーザー名>が表示されると、コンピューター上の現在のユーザー名のプレースホルダーになります。

このメッセージが表示される理由: "ソースと宛先は、同じ物理パーティションを参照できませんか?

移行元と移行先のドライブまたはパーティションのパスが同じでない必要があります。 ドライブが 1 つしかない場合は、USB または外付けハード ドライブを宛先パスとして使用します。 データを失った後に パーティション を作成しないでください。これは、回復に成功する可能性が低下するためです。

回復操作に時間がかかるのはなぜですか?

ディスクのサイズによっては、特に署名モードを使用している場合は、ファイルの回復に時間がかかる場合があります。

オペレーティング システム ドライブから追加のファイルが回復されるのはなぜですか?

バックグラウンドでは、Windowsは常にファイルの作成と削除を行います。 既定では、Windows ファイル回復はこれらのファイルを除外しますが、一部のファイルは除外されます。 これを防ぐには、既定のモードとセグメント モードで /n <フィルター> スイッチを使用し、署名モードでは /y:<の種類>スイッチを使用します。

$Recycle.Bin フォルダーとは何ですか?

既定のモードとセグメント モードでは、ごみ箱から回復されたファイル (ごみ箱内のファイル、または完全に削除されたファイル) が $files.xxx という名前で表示され、$RECYCLE という名前のフォルダーに格納される場合もあります。箱。

移行先ドライブがいっぱいの場合はどうなりますか?

次のメッセージが表示される場合は、"変換先ディスクがいっぱいです。再開する前に領域を解放してください: (R)esume、(S)kip ファイル、または (A)bort"、コピー先ドライブのドライブ領域を解放 し、オプションのいずれかを選択します。

ファイルを回復できませんでした。これで何ができますか?

既定またはセグメント モードを使用した場合は、ファイルの種類がサポートされている場合は、署名モードでもう一度試してください。 特にソリッド ステート ドライブ (SSD) では、空き領域が過剰に書き込まれた可能性があります。 ヘルプが必要な場合は、管理者にお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×