Windows 10 で失われたファイルを復元する

バックアップから失われたファイルが見 つからない場合は、Microsoft Store から利用可能なコマンドライン アプリである Windows ファイルの回復を使用できます。 このアプリを使用して、ローカル ストレージ デバイス (内蔵ドライブ、外付けドライブ、USB デバイスなど) から削除され、ごみ箱から復元できない紛失したファイルを復元します。 クラウド ストレージとネットワーク ファイル共有での回復はサポートされていません。

メモこのアプリには、Windows 10 ビルド 19041 以降が必要です (使用しているWindows 10 のバージョンを確認してください)。

重要: ファイルを回復する機会を増やす場合は、コンピューターの使用を最小限に抑えるか、使用を避ける必要があります。 Windows ファイル システムでは、削除されたファイルで使用される領域は空き領域としてマークされます。つまり、ファイル データは引き続き存在し、復元することができます。 ただし、コンピューターを使用するとファイルが作成され、この空き領域がいつでも書き込み過ぎる可能性があります。 

Windows ファイルの回復 - 2020 年冬リリース

  1. 必要に応じて、Microsoft Store からアプリをダウンロードして起動します。

  2. Windows キーを押し、検索ボックスに「Windows ファイルの回復」と入力して、[Windows ファイルの回復] を選択します

  3. デバイスに変更を加えるアプリを許可するように求めるメッセージが表示されたら、[はい] を選択します

  4. [コマンドプロンプト] ウィンドウで、次の形式でコマンドを入力します。 

    winfr source-drive: destination-drive: [/mode] [/switches]

  5. ファイルの回復に使用できる基本モードは、標準モードと広範モードの 2 種類です。 

    通常モードの例  

    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに [ドキュメント] フォルダーを復元します。 フォルダーの最後にある円記号 (\) を忘れないでください。  

    Winfr C: E: /regular /n \Users\<username>\Documents\ 

    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに PDF ファイルと Word ファイルを復元します。 

    Winfr C: E: /regular /n *.pdf /n *.docx 

    広範なモードの例  

    ワイルドカード文字を使用して、ファイル名に "invoice" という文字列を含むファイルを復元します。 

    Winfr E: C: /extensive /n *invoice* 

    ピクチャ フォルダーから E: ドライブの回復フォルダーに jpeg や png の写真を復元します。 

    Winfr C: E: /extensive /n \Users\<username>\Pictures\*.JPEG /n\Users\<username>\Pictures\*.PNG 

    ソース ドライブとコピー先ドライブは異なる必要があります。 オペレーティング システム ドライブ (多くの場合 C: ) から回復する場合は、 /n <filter> を使用してユーザーのファイルまたはフォルダーを指定します。 
    Microsoft は、呼び出された回復フォルダーを自動的に作成し、 Recovery_<date and time> ドライブに保存します。 

  6. 続行の確認を求めるメッセージが表示されたら、Y と入力して回復操作を開始します。 ソース ドライブのサイズによっては、しばらく時間がかかる場合があります。 回復プロセスを停止するには、Ctrl キーを押しながら C キーを 押します。 

次の情報は、使用しているファイル システムと使用するモードを決定するのに役立ちます。 

ファイル システム

[ファイル システム]

FAT と exFAT

SD カード、フラッシュまたは USB ドライブ (< 4 GB)

NTFS

コンピューター (HDD、SSD)、外付けハード ドライブ、フラッシュ ドライブまたは USB ドライブ (> 4 GB)

Windows でサポートされるファイル システムには、ストレージ デバイスやオペレーティング システムによって異なる複数のファイル システムがあります。 NTFS 以外のファイル システムからのファイルの回復は、広範なモードでのみサポートされます。 使用しているファイル システムを確認するには、エクスプローラーでドライブを右クリックし、[プロパティ] を選択します。 

使用するモードを決定する

使用するモードを決定するには、次の表を参照してください。 確信が持てない場合は、標準モードから始める。

[ファイル システム]

状況

推奨モード

NTFS

最近削除されました

標準

NTFS

しばらく前に削除されました

広範

NTFS

ディスクの書式を設定した後

広範

NTFS

破損したディスク

広範

FAT と exFAT

Any

広範

一般的な構文

次の表に、各詳細スイッチの使用例を示します。

パラメーター/スイッチ  

説明

サポートされているモード

ソース ドライブ:

ファイルが失われたストレージ デバイスを指定します。 コピー先ドライブとは異なる必要があります。

すべて

Destination-drive:

回復されたファイルを格納するストレージ デバイスとフォルダーを指定します。 ソース ドライブとは異なる必要があります。

すべて

/regular

標準モード、破損しない NTFS ドライブの標準的な回復オプション

標準

/extensive

広範なモード、すべてのファイル システムに適した完全な回復オプション

広範

/n<フィルター>

ファイル名、ファイル パス、ファイルの種類、またはワイルドカードを使用して特定のファイルをスキャンします。 以下はその例です: 

  • ファイル名: /n myfile.docx

  • ファイル パス: /n /users/<ユーザー>/Documents/

  • ワイルドカード: /n myfile.*

  • /n *.docx

  • /n *<文字列>*

すべて

/?

一般ユーザー向け構文とスイッチの概要。

すべて

/!

高度なユーザー向け構文とスイッチの概要。

すべて

高度な構文

次の表に、各詳細スイッチの使用例を示します。

切り替え

説明

サポートされているモード

/ntfs

マスター ファイル テーブルを使用する正常な NTFS ドライブの高速回復オプションである NTFS モード

NTFS

/segment

セグメント モード、ファイル レコード セグメントを使用する NTFS ドライブの回復オプション

セグメント

/signature

ファイル ヘッダーを使用してすべてのファイル システムの種類の署名モード、回復オプション

署名

/y:<の種類>

特定の拡張グループを回復する、コンマ区切り

署名

/#

署名モード拡張グループとサポートされるファイルの種類。

署名

/p:<フォルダー>

回復操作のログ ファイルが、回復ドライブの既定の場所 (D:\logfile など) とは異なる場所に保存されます。

すべて

/a

スクリプト ファイルで便利なユーザー プロンプトを上書きします。

すべて

/u

削除されていないファイル (ごみ箱など) を復元します。

NTFS
セグメント

/k

システム ファイルを回復します。

NTFS
セグメント

/o:<|n|b>

ファイルを上書きするかどうかを選択するときに、常に (a)、しない (n)、または always(b) の両方を維持するかどうかを指定します。 既定のアクションでは、上書きを求めるメッセージが表示されます。

NTFS
セグメント

/g

プライマリ データ ストリームのないファイルを回復します。

NTFS
セグメント

/e

結果を管理し、ユーザー ファイルに集中するために、一部のファイルの種類は既定でフィルター処理されますが、このスイッチはフィルターを削除します。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、次の表の後の情報を参照してください。

NTFS
セグメント

/e:<>

フィルター処理するファイルの種類を指定します。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、次の表の後の情報を参照してください。

NTFS
セグメント

/s:<機関>

ソース デバイス上の分野の数を指定します。 分野情報を検索するには 、fsutil を使用します

セグメント
署名

/b:<バイト>

ソース デバイスのクラスター サイズ (割り当て単位) を指定します。

セグメント
署名

ファイル拡張子フィルター の一覧

既定では、次のファイルの種類は結果からフィルター処理されます。 /e スイッチを使用して、このフィルターを無効にするか、フィルターを適用しない</e:>拡張子を使用して、ファイルの種類を指定します。

_, adm, admx, appx, appx, ascx, asm, aspx, aux, ax, bin, browser, c, cab, cat cdf-ms, catalogItem, cdxm, cmake, cmd, coffee, config, cp, cpp, cs, cshtm, css, cur, dat, dll, et, evtx, exe, fon, gpd, h,edcurve, htm, htm, ico, id, ildl, ilpdb, iltoc, iltocpdb, in, inf, inf_loc, ini, json, lib, lnk, log, man, manifest, map, metadata, mf, mof, msc、 msi、mui、mui、mum、pris、npmignore、nupkg、nuspec、obj、p7s、p7x、pak、pckdep、pdb、pf、pkgdef、plist、pnf、pp、pri、props、ps1、ps1xm、psd1、psm1、py、resjson、 resw、resx、rl、rs、sha512、スニペット、sq、sys、t4、targets、th、tlb、tmSnippet、toc、ts、tt、ttf、vb、vbhtm、vbs、vsdir、vsix、vsixlangpack、vsixmanifest、vstdir、vstemplate、vstman、winmd、xam、xbf、xm、xrm-ms、xs、xsd、ym

正しい構文の使用に役立つヒントを教えてください。  

  • 必ずソース パスとコピー先パスにドライブ文字を使用します。コロン (:)ドライブ文字の後に移動し、ソースと宛先の間にスペースが入ります。

  • /n \Myfolder\ などのフォルダー名を指定する場合は、末尾に円記号 (\) を追加します。

  • ファイル名またはフォルダー名にスペースがある場合は、引用符で囲む。 以下はその例です:

winfr C: E: /regular /n "\Users\<username>\Documents\Quarterly Statement.docx" 

コマンド例<ユーザー>意味は何ですか? 

エクスプローラーのアドレス バーに「C:\users」と入力すると、コンピューター上の潜在的なユーザーの一覧が表示されます。 自分、管理者、既定のアカウントなど、複数のユーザーがコンピューターにインストールされている場合があります。 ファイル パスにユーザー<が>、コンピューター上の現在のユーザー名のプレースホルダーです。 

"ソースと宛先は同じ物理パーティションを参照できませんか?" というメッセージが表示される理由 

ソース ドライブとターゲット ドライブ、またはパーティション パスが同じになる必要があります。 ドライブが 1 つしか持てない場合は、USB または外付けハード ドライブを接続先のパスとして使用します。 データを失った後にパーティションを作成しない。 

回復操作に時間がかかる理由 

ディスクのサイズによっては、特に広範なモードを使用している場合は、ファイルの回復に時間がかかる場合があります。 

オペレーティング システム ドライブから他のファイルが回復される理由 

Windows の背後では、常にファイルの作成と削除が行っています。 既定では、Windows ファイルの回復はこれらのファイルをフィルター処理しますが、一部はフィルター処理されます。 これを防ぐには、この記事の例に</n>を使用します。 

$Recycle.Bin フォルダーとは 

NTFS モードとセグメント モードの場合、ごみ箱 (ごみ箱内のファイルまたは完全に削除されたファイル) から復元された失われたファイルが $files.xxx という名前で表示され、$RECYCLE というフォルダーに保存されている場合もあります。BIN。 

接続先ドライブがフルの場合は、どうなるでしょうか。 

次のメッセージが表示される場合は、次のメッセージが表示されます。"コピー先ディスクがフルです。(R)esume、(S)kip ファイル、または (A)bort" を再送信する前に空き領域を解放し、コピー先ドライブのドライブの空き領域を解放し、オプションのいずれかを選択します。 

ファイルを復元できない場合 

標準モードを使用した場合は、ファイルの種類がサポートされている場合は、広範なモードでもう一度お試しください。 空き領域は、特に SSD (Solid-state Drive) で上書きされた可能性があります。 サポートが必要な場合は、管理者にお問い合わせください。 

Windows ファイルの回復 - Summer 2020 リリース

  1. 必要に応じて、Microsoft Store からアプリをダウンロードして 起動します。

  2. Windows キーを押し、 検索ボックスに「Windows ファイルの回復」と入力して、[Windows ファイルの 回復] を選択します。

  3. デバイスに変更を加えるアプリを許可するように求めるメッセージが表示されたら、[はい] を 選択します

  4. [コマンド プロンプト] ウィンドウ で、次の形式でコマンドを入力します。

    winfr source-drive: destination-drive: [/switches]


    ソース ドライブとコピー先ドライブは異なる必要があります。 オペレーティング システム ドライブ (多くの場合 C: ) から回復する場合は、/n <フィルター> と /y:<型<(s)> スイッチを使用して、ユーザー のファイルまたはフォルダーを指定します。

    Microsoft では、ユーザーが呼び出した回復フォルダーが自動的にRecovery_<ドライブの日付と>に保存されます。

    ファイルの回復には、既定、セグメント、署名の 3 つのモードがあります。

    既定のモードの例

    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに特定のファイルを回復します。

    winfr C: E: /n \Users\<username>\Documents\QuarterlyStatement.docx


    ピクチャ フォルダーから E: ドライブの回復フォルダーに jpeg や png の写真を復元します。

    winfr C: E: /n \Users\<username>\Pictures\*.JPEG /n \Users\<username>\Pictures\*.PNG


    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに [ドキュメント] フォルダーを復元します。

    winfr C: E: /n \Users\<username>\Documents\


    フォルダーの最後にある円記号 (\) を忘れないでください。

    セグメント モードの例 (/r)

    C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに PDF ファイルと Word ファイルを復元します。

    winfr C: E: /r /n *.pdf /n *.docx


    ワイルドカード文字を使用して、ファイル名に "invoice" という文字列を含むファイルを復元します。

    winfr C: E: /r /n *invoice*


    署名モードの例 (/x)

    署名モードを使用する場合は、サポートされている拡張グループと対応するファイルの種類を最初に確認すると便利です。

    winfr /#


    JPEG (jpg、jpeg、jpe、jif、jfif、jfi) と PNG の写真を C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに復元します。

    winfr C: E: /x /y:JPEG,PNG


    ZIP ファイル (zip、docx、xlsx、ptpx など) を C: ドライブから E: ドライブの回復フォルダーに復元します。

    winfr C: E:\RecoveryTest /x /y:ZIP

  5. 続行の確認を求めるメッセージが表示されたら 、Y と 入力して回復操作を開始します。

    ソース ドライブのサイズによっては、しばらく時間がかかる場合があります。

    回復プロセスを停止するには、Ctrl キーを押しながら C キーを押します

次の情報は、使用しているファイル システムと使用するモードを決定するのに役立ちます。

ファイル システム

Windows でサポートされるファイル システムには、ストレージ デバイスやオペレーティング システムによって異なる複数のファイル システムがあります。 NTFS 以外のファイル システムからのファイルの回復は、署名モードでのみサポートされます。 使用しているファイル システムを確認するには、エクスプローラーでドライブを右クリックし、[プロパティ] を選択 します

[ファイル システム]

FAT と exFAT

SD カード、フラッシュまたは USB ドライブ (< 4 GB)

ReFS

Windows Server と Windows Pro for Workstations

NTFS

コンピューター (HDD、SSD)、外付けハード ドライブ、フラッシュ ドライブまたは USB ドライブ (> 4 GB)

使用するモードを決定する

使用するモードを決定するには、次の表を参照してください。 不明な場合は、既定のモードから開始します。

[ファイル システム]

状況

推奨モード

NTFS

最近削除されました

既定

NTFS

しばらく前に削除されました

セグメント、その後に署名

NTFS

ディスクの書式を設定した後

セグメント、その後に署名

NTFS

破損したディスク

セグメント、その後に署名

FAT、exFAT

回復用ファイルの種類がサポートされています (次の表を参照)

署名

署名モードの拡張グループとファイルの種類

次の表は、/y:<スイッチを使用する場合の拡張機能グループと各グループでサポートされているファイルの種類>します。 

拡張機能グループ

ファイルの種類

ASF

wma、wmv、asf

JPEG

jpg、jpeg、jpe、jif、jfif、jfi

MP3

mp3

MPEG

mpeg、mp4、mpg、m4a、m4v、m4b、m4r、mov、3gp、qt

PDF

pdf

PNG

png

ZIP

zip、docx、xlsx、pptx、odt、ods、odp、odg、odi、odf、odc、odm、ott、otg、otp、ots、otc、oti、otf、oth

一般的な構文

次の表に、各基本的なコマンド ライン パラメーターとスイッチの使用例を示します。

パラメーターまたはスイッチ

説明

サポートされているモード

ソース ドライブ:

ファイルが失われたストレージ デバイスを指定します。 コピー先ドライブとは異なる必要があります。

すべて

Destination-drive:

回復されたファイルを格納するストレージ デバイスとフォルダーを指定します。 ソース ドライブとは異なる必要があります。

すべて

/r

ファイル レコード セグメント (FRS) を調べるセグメント モードを使用します。

セグメント

/n <フィルター>

ファイル名、ファイル パス、またはワイルドカードを使用して特定のファイルをスキャンします。 以下はその例です:

  • ファイル名: /n myfile.docx

  • ファイル パス: /n /users/<ユーザー>/Documents/

  • ワイルドカード: /n myfile.*
    /n *.docx
    /n *<文字列>*

既定
セグメント

/x

署名モードを使用し、ファイルの種類を調べ、すべてのファイル システムで動作します。

署名

/y:<の種類>

特定のファイルの種類のファイルをスキャンします。 コンマを使用して複数のエントリを区切ります。 拡張機能グループと対応するファイルの種類の一覧については、「モードとファイル システムについて」セクションの「署名モード拡張グループとファイルの種類」の表を参照してください。

署名

/#

各グループの署名モード拡張グループと対応するファイルの種類を示します。

すべて

/?

一般ユーザー向け構文とスイッチの簡単な概要を示します。

すべて

/!

高度なユーザー向け構文とスイッチの簡単な概要を示します。

すべて

高度な構文

次の表に、各詳細スイッチの使用例を示します。

切り替え

説明

サポートされているモード

/p:<フォルダー>

回復操作のログ ファイルが、回復ドライブの既定の場所 (D:\logfile など) とは異なる場所に保存されます。

すべて

/a

スクリプト ファイルで便利なユーザー プロンプトを上書きします。

すべて

/u

削除されていないファイル (ごみ箱など) を復元します。

既定
セグメント

/k

システム ファイルを回復します。

既定
セグメント

/o:<|n|b>

ファイルを上書きするかどうかを選択するときに、常に (a)、しない (n)、または always(b) の両方を維持するかどうかを指定します。 既定のアクションでは、上書きを求めるメッセージが表示されます。

既定
セグメント

/g

プライマリ データ ストリームのないファイルを回復します。

既定
セグメント

/e

結果を管理し、ユーザー ファイルに集中するために、一部のファイルの種類は既定でフィルター処理されますが、このスイッチはフィルターを削除します。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、次の表の後の情報を参照してください。

既定
セグメント

/e:<>

フィルター処理するファイルの種類を指定します。 これらのファイルの種類の完全な一覧については、次の表の後の情報を参照してください。

既定
セグメント

/s:<機関>

ソース デバイス上の分野の数を指定します。 分野情報を検索するには 、fsutil を使用します

セグメント
署名

/b:<バイト>

ソース デバイスのクラスター サイズ (割り当て単位) を指定します。

セグメント
署名

/f:>機関>

ソース デバイスでスキャンする最初の分野。

セグメント
署名

正しい構文の使用に役立つヒントを教えてください。

次に、いくつかの提案を示します。

  • 必ずソース パスとコピー先パスにドライブ文字を使用します。コロン (:)ドライブ文字の後に移動し、ソースと宛先の間にスペースが入ります。

  • スイッチに /y: などのコロンがある場合は、コロンと値の残りの部分の間にスペースを追加しない。

  • /n \Myfolder\ などのフォルダー名を指定する場合は、末尾に円記号 (\) を追加します。

  • ファイル名またはフォルダー名にスペースがある場合は、引用符で囲む。 以下はその例です:

    winfr C: E: /n "\Users\<username>\Documents\Quarterly Statement.docx"
  • 回復プロセスを停止するには、Ctrl キーを押しながら C キーを押します

コマンド例<ユーザー>意味は何ですか?

エクスプローラーのアドレス バーに 「C:\users」 と入力すると、コンピューター上の潜在的なユーザーの一覧が表示されます。 自分、管理者、既定のアカウントなど、複数のユーザーがコンピューターにインストールされている場合があります。 ファイル パスにユーザー<が>、コンピューター上の現在のユーザー名のプレースホルダーです。

"ソースと宛先は同じ物理パーティションを参照できませんか?" というメッセージが表示される理由

ソース ドライブとターゲット ドライブ、またはパーティション パスが同じになる必要があります。 ドライブが 1 つしか持てない場合は、USB または外付けハード ドライブを接続先のパスとして使用します。 データを失 った後に パーティションを作成しない。

回復操作に時間がかかる理由

ディスクのサイズによっては、特に署名モードを使用している場合は、ファイルの回復に時間がかかる場合があります。

オペレーティング システム ドライブから他のファイルが回復される理由

Windows の背後では、常にファイルの作成と削除が行っています。 既定では、Windows ファイルの回復はこれらのファイルをフィルター処理しますが、一部はフィルター処理されます。 これを防ぐには、/n <フィルター> を既定モードとセグメント モードで使用し、署名モードでは /y:<type(s)> スイッチを使用します。

$Recycle.Bin フォルダーとは

既定のモードとセグメント モードでは、ごみ箱 (ごみ箱内のファイル、または完全に削除されたファイル) から復元された失われたファイルが $files.xxx という名前で表示され、$RECYCLE というフォルダーに保存されている場合もあります。BIN。

接続先ドライブがフルの場合は、どうなるでしょうか。

次のメッセージが表示される場合は、次のメッセージが表示されます。"コピー先ディスクが空き容量です。(R)esume、(S)kip ファイル、または (A)bort"、コピー先ドライブのドライブの空き領域を解放し、オプションのいずれかを選択します。

ファイルを復元できない場合

既定またはセグメント モードを使用した場合は、ファイルの種類がサポートされている場合は、署名モードでもう一度試してください。 空き領域が書き込み過ぎである可能性があります (特に、SOLID STATE ドライブ (SSD) 上)。 サポートが必要な場合は、管理者にお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×