PC を 10 または 11 にアップグレードした後、古いファイルWindows見Windowsがあります。 ファイルを見つけるには、次のヒントを試してください。

[アカウントの>設定>を>設定同期する] を選択します。 上部に「一時的なプロファイルでログオンしています 」というメッセージが表示される場合。ローミング オプションは現在使用できませんを選択して PC を再起動し、もう一度サインインします。 これで一時アカウントが削除され、ファイルを再び利用できるようになります。

[設定の同期] 設定ページ

PC を再起動し、もう一度サインインすると、「アカウントにサインインできません」というメッセージが表示される場合も機能します。この問題は、多くの場合、アカウントからサインアウトしてから、もう一度サインインすることで解決できます。.

注: 

  • PC を何度か再起動しないと、ファイルが再び表示されるようにならない可能性があります。

  • 必ず、アップグレード以降に作業したすべてのデータを外部ドライブにバックアップしてください。バックアップしないと、一時アカウントのサインアウト時に削除されます。

タスク バーの検索ボックスを選択して、ファイルを検索します。 一時的なプロファイルでサインインしていない場合は、トラブルシューティング ツールを使用して検索の問題を解決します。

タスク バーの検索ボックスに「インデックス」と入力し、[インデックスのオプション] を選びます。 [詳細設定] ボタンを選択してその他のオプションを表示し、[検索とインデックス作成のトラブルシューティング] リンクを 選択 し、手順に従います。

注: ファイルに保存されているファイルを見つけるのに問題がある場合は、「OneDrive で失われたファイルまたは見つからないファイルを検索する」をOneDrive。

その他の対処法:

  • 一部のファイルは、非表示にされている可能性があります。 エクスプローラーで、[表示]選択し、[>アイテム>表示] を選択します。 この状態でもう一度ファイルを検索してください。

  • アスタリスク (*) を使用して、特定の種類のすべてのファイルを検索します。 たとえば、すべての Word 文書を検索するには、"*.doc" を検索します。 音楽ファイルを検索するには、"*.mp3" を検索します。

  • 一部のファイルは、11 のバージョンにアップグレードWindows可能性があります。 検索したファイルの場所を確認するには、ファイルを長押し (または右クリック) し、[ファイルの場所を開く] を選択します。 必要に応じて、別の場所に移動するファイルをコピーします。

  • 外部ストレージ デバイスにバックアップを作成した場合は、それを使用してファイルを復元できます。 タスク バーの検索ボックスに、「コントロール パネル」 と入力します。 結果の一覧から選択し、[バックアップと復元] (Windows 7) を選択します。 Connectを含む外部ストレージ デバイスを選択します。 からファイルを復元する別のバックアップを選択し、デバイスの場所を選択し、指示に従ってファイル   を復元します。

  • 名前とファイルの種類が同じ新しいファイルOneDriveを作成することで、ファイルに保存または保存されたファイルを復元できる場合があります。 新しいファイルを作成した後、[プロパティ][以前のバージョン] タブの順に選択し、復元するファイルのバージョンを選択します。

以前のバージョンの Windows からアップグレードするときに新しい Microsoft アカウントを作成した場合、ファイルが無効な管理者アカウントにある可能性があります。 ファイルを表示するには、このアカウントを有効にし、もう一度サインインする必要があります。

  1. 検索ボックスに「コンピューターの管理」と入力し、コンピューターの管理アプリを選択します。
    コンピューター管理アプリ

  2. 左側のウィンドウで [ローカル ユーザーとグループ] を選択し、[ユーザー] を選択します。 Administrator という名前のユーザーのアイコンに下向き矢印が表示 無効なアカウント アイコン無効になっています。

  3. このアカウントを有効にするには、[管理者] アイコン をダブルクリック 無効なアカウント アイコン 、[プロパティ] ダイアログ ボックスを 開きます。 [アカウントを無効にする] チェック ボックスをオフにし、[適用] を選択して、アカウントを有効にします。
    [アカウントのプロパティ] ダイアログ

  4. サインアウトし、Administrator アカウントを使ってもう一度サインインします。

[スタート]>設定>アカウント] > 設定を同期する] を選択します 。 上部に「一時的なプロファイルでログオンしています 」というメッセージが表示される場合。ローミング オプションは現在使用できませんを選択して PC を再起動し、もう一度サインインします。 これで一時アカウントが削除され、ファイルを再び利用できるようになります。

[設定の同期] 設定ページ

PC を再起動し、もう一度サインインすると、「アカウントにサインインできません」というメッセージが表示される場合も機能します。この問題は、多くの場合、アカウントからサインアウトしてから、もう一度サインインすることで解決できます。.

注: 

  • PC を何度か再起動しないと、ファイルが再び表示されるようにならない可能性があります。

  • 必ず、アップグレード以降に作業したすべてのデータを外部ドライブにバックアップしてください。バックアップしないと、一時アカウントのサインアウト時に削除されます。

タスク バーの検索ボックスを選択して、ファイルを検索します。 一時的なプロファイルでサインインしていない場合は、トラブルシューティング ツールを使用して検索の問題を解決します。

タスク バーの検索ボックスに「インデックス」と入力し、[インデックスのオプション] を選びます。 [詳細]管理者アイコンを選択してその他のオプションを表示し、[検索とインデックス作成のトラブルシューティング] リンクを選択し、手順に従います。

注: ファイルに保存されているファイルを見つけるのに問題がある場合は、「OneDrive で失われたファイルまたは見つからないファイルを検索する」をOneDrive。

その他の対処法:

  • 一部のファイルは、非表示にされている可能性があります。 タスク バーの検索ボックスに「エクスプローラーのオプション」と入力し、[表示] タブを選択します。 [ファイルとフォルダーの表示][隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] オプションを選択します。 この状態でもう一度ファイルを検索してください。

  • アスタリスク (*) を使用して、特定の種類のすべてのファイルを検索します。 たとえば、すべての Word 文書を検索するには、"*.doc" を検索します。 音楽ファイルを検索するには、"*.mp3" を検索します。

  • Windows 10 にアップグレードすると、一部のファイルが移動されている場合があります。 検索したファイルの場所を確認するには、ファイルを長押し (または右クリック) し、[ファイルの場所を開く] を選択します。 必要に応じて、別の場所に移動するファイルをコピーします。

  • [バックアップ>設定>更新&を>] を選択し、[バックアップと復元 ](Windows 7) を選択します。 [ファイルの復元] を選択し、指示に従ってファイルを復元します。

  • 同じ名前とファイルの種類で新しいファイルを作成することによって、ファイルを回復できる場合があります。 新しいファイルを作成した後、[プロパティ][以前のバージョン] タブの順に選択し、復元するファイルのバージョンを選択します。

Windows 7 からアップグレードするときに新しい Microsoft アカウントを作成した場合、ファイルが無効な管理者アカウントに存在する可能性があります。 ファイルを表示するには、このアカウントを有効にし、もう一度サインインする必要があります。

  1. 検索ボックスに「コンピューターの管理」と入力し、コンピューターの管理アプリを選択します。
    コンピューター管理アプリ

  2. 左側のウィンドウで [ローカル ユーザーとグループ] を選択し、[ユーザー] を選択します。 Administrator という名前のユーザーのアイコンに下向き矢印が表示 無効なアカウント アイコン無効になっています。

  3. このアカウントを有効にするには、[管理者] アイコン をダブルクリック 無効なアカウント アイコン 、[プロパティ] ダイアログ ボックスを 開きます。 [アカウントを無効にする] チェック ボックスをオフにし、[適用] を選択して、アカウントを有効にします。
    [アカウントのプロパティ] ダイアログ

  4. サインアウトし、Administrator アカウントを使ってもう一度サインインします。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×