Windows 7 がリリースされた 2009 年 10 月 22 日に、Microsoft では、Windows 7 の製品サポートを 10 年間提供することをお約束しました。 この 10 年の期間が終了とともに、Microsoft では Windows 7 のサポートを終了しました。これに伴い、今後はより新しいテクノロジと優れた新しいエクスペリエンスのサポートに専念することになります。 Windows 7 のサポート終了日は、2020年1月14日です。 お客様の PC を保護するための技術的なサポートや Windows Update からのソフトウェア更新プログラムは、当該製品に対してご利用いただけなくなります。 Microsoft では、Windows 11 に移行することを強くお勧めします。これにより、必要なサービスやサポートが利用できなくなっているという事態を回避することができます。

2020 年 1 月 14 日時点で、Windows 7 を実行している PC では、セキュリティ更新プログラムを受け取ることができなくなりました。 そのため、ユーザーやユーザーのデータの安全を確保する際に役立つ最新のセキュリティ更新プログラムを提供できる、Windows 11 などの最新のオペレーティング システムにアップグレードすることが重要となります。 また、Microsoft カスタマー サービスを利用して、Windows 7 のテクニカル サポートを受けることもできません。 Windows 7 の関連サービスも徐々に廃止されています。 たとえば、インターネット バックギャモン、インターネット チェッカーなどの特定のゲームや Windows Media Center の電子番組ガイドは、2020 年 1 月にサービスが廃止される予定です。

ほとんどの Windows 7 ユーザーには、Windows 11 を搭載した新しいデバイスに移行することが、今後に備えた推奨の手順となります。 現代の PC は、より高速、軽量であり、また性能も向上して安全性も高く、平均価格が 8 年前の一般的な PC よりも大幅にリーズナブルになっています。 最適な PC を見つけるには、「互換性のある Windows 11 PC の閲覧」をご覧ください。 

Microsoft は、Windows 11 を搭載した新しい PC を購入することを強くお勧めしますが、必ずしもそれが可能とは限りませんので、Windows 10 へのアップグレードの検討もお勧めします。 

最新のハードウェア機能を活用するために、新鮮な外観と創造性と生産性の維持を取り入れる Windows 11 を搭載した新しい PC に移行することをお勧めします。

ほとんどの Windows 7 デバイスは、Windows 11 へのアップグレードのハードウェア要件を満たしていませんが、代替手段として、互換性のある Windows 7 PC は、ソフトウェア通常版を購入しインストールすることで Windows 10 にアップグレードできます。 Windows 10 のアップグレードに投資する前に、Windows 10 が 2025 年 10 月 14 日にサポートを終了することを念頭に置いてください。

Windows 10 への無償アップグレードは、2016 年 7 月 29 日に終了しました。 Windows 10 へのアップグレードには、対応 PC とソフトウェアの通常版の購入が必要です。 古いデバイスに Windows 10 をインストールしないことをお勧めします。一部の Windows 7 デバイスは Windows 10 と互換性がないか、または一部の機能が使用できない可能性があります。 Windows 10 のアップグレードに投資する前に、Windows 10 が 2025 年 10 月 14 日にサポートを終了することを念頭に置いてください。 

サポートが終了した現在も Windows 7 を搭載した PC を引き続き使うことはできますが、お使いの PC はセキュリティのリスクやウイルスの被害を受けやすくなります。 引き続き PC を起動して実行できますが、セキュリティ更新プログラムを含むソフトウェア更新プログラムは、Microsoft から届かなくなります。

サポート終了後も Windows 7 をインストールし、ライセンス認証することはできます。ただし、セキュリティ更新プログラムがないことが原因となり、セキュリティのリスクやウイルスの被害を受ける可能性が高くなります。 2020 年 1 月 14 日以降は、Windows 7 ではなく、新しいバージョンの Windows を使用することを Microsoft では強くお勧めしています。

Windows 7 デバイスでの Internet Explorer のサポートも、2020 年 1 月 14 日に終了しました。 Windows のコンポーネントである Internet Explorer は、インストールされている Windows オペレーティング システムのサポート ライフサイクルに従います。 詳しくは、「ライフサイクルに関する FAQ – Internet Explorer」をご覧ください。

Microsoft Edge の使用をお勧めします。 Microsoft Edge は、ブラウザーとして制御とプライバシーの機能を強化し、優れた Web 体験を実現する目的で作成されました。 

Microsoft Security Essentials (MSE) は、2020 年 1 月 14 日以降も引き続き定義の更新を受け取ります。 ただし、MSE プラットフォームは更新されなくなりました。 詳細については、「Microsoft Security Essentials の概要」をご覧ください。

作業環境の一部として Windows を使用している場合は、最初に IT 部門に確認することをお勧めします。または、「Windows 10 の展開に関するサポート」で詳細をご確認ください。

ATM やガソリン ポンプなどの組み込みデバイスの Windows では、ライフサイクルの日付が PC デバイスで使用されている Windows のバージョンとは異なる場合があります。

最適なエクスペリエンスのためには、新しい Windows 11 PC でプログラムとアプリの新規インストールを行うことをお勧めします。 Microsoft Store には、簡単にダウンロードしてインストールすることができる、さまざまなサードパーティ製アプリがあります。 Windows 11 PC で、タスク バーのアイコンを選択するか、タスク バーの検索ボックスで「Microsoft Store」を検索して、Microsoft Store を開くことができます。

Microsoft Store で現在利用できないソフトウェアについては、その会社の公式 Web サイトにアクセスして、そこから Windows 11 バージョンをダウンロードすることをお勧めします。 限定的な状況において、一部の古いソフトウェアには Windows 11 と互換性のある更新されたバージョンが用意されていない場合があります。

実行している Office のバージョンによって、エクスペリエンスが異なる場合があります。 詳しくは、「Windows 7 のサポート終了および Office」をご覧ください。 重要な注意点として、Windows 7 自体にセキュリティ更新プログラムが届かなくなり、デバイスがセキュリティの脅威に対して脆弱になります。 このため、Windows 7 の PC で Microsoft Office を実行している場合は、Windows 11 PC に移行することをお勧めします。

Windows 7 のサポートは、2020 年 1 月 14 日に終了しました。 Windows 7 のユーザーには、お使いのデバイスのサポートとるセキュリティ更新プログラムの提供が終了していることを示す通知をお送りしています。  これを受け、Windows 11 が搭載された 新しい PC への移行をお勧めします。  この通知に関する詳細については、こちらでご確認いただけます。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加

コミュニティにたずねる >

サポートを受ける

お問い合わせ >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×