Windows 7 の既定のプログラムの変更

既定のプログラムとは、音楽ファイル、画像、web ページなど、特定の種類のファイルを開くときに Windows によって使用されるプログラムです。 たとえば、コンピューターに複数の Web ブラウザーがインストールされている場合、そのいずれかを既定のブラウザーに設定できます。


[ スタート ] ボタンをクリックし [ 既定のプログラム] をクリックして、既定のプログラムを開きます。

既定のプログラムでは、次のことができます。

このオプションを使用して、Windows で使うプログラムを既定で選択します。

プログラムが一覧に表示されない場合は、[関連付けを設定する] を使用してプログラムを既定にすることができます。

  1. [ スタート ] ボタンをクリックし [ 既定のプログラム] をクリックして、既定のプログラムを開きます。 

  2. [ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け] をクリックします。

  3. プログラムが既定として機能するファイルの種類またはプロトコルをクリックします。

  4. [プログラムの変更] をクリックします。

  5. 選択したファイルの種類の既定として使用するプログラムをクリックするか、[ほかのプログラム] の横にある矢印をクリックして追加のプログラムを表示します ([ほかのプログラム] が表示されない、または使用するプログラムが一覧にない場合、[参照] をクリックして使用するプログラムを探し、[開く] をクリックします。 該当するフアィルの種類またはプロトコルを開くことのできる他のプログラムがインストールされていない場合、選択肢は限定されます)。

    既定として使用するプログラムが表示されない場合は、[ほかのプログラム] の横にある矢印をクリックして、お使いのコンピューターで使用できるプログラムの一覧を参照してください。

  6. [OK] をクリックします。 

注: ファイルの種類やプロトコルの関連付けを変更する場合、関連付けを空のままにしたり、解除したりすることはできません。 新しいプログラムを選択する必要があります。

ここで設定したオプションは、ユーザーアカウントにのみ適用されます。 コンピューター上の他のユーザー アカウントには適用されません。


このオプションを使うと、ファイルの種類やプロトコルに基づいて既定のプログラムを微調整できます。 たとえば、.jpg 画像ファイルを開くときには特定のプログラムを使用し、.bmp 画像ファイルを開くときには別のプログラムを使うことができます。

ミュージック CD や写真が保存された DVD など各種メディアを起動するために使用するプログラムを変更することもできます。

プログラムのアクセスとコンピューターの既定値を設定する (Windows 7 で利用可能) は、web の閲覧や、コンピューターを使用しているすべてのユーザーの電子メールの送信などのアクティビティの既定のプログラムを設定するためのツールです。



ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×