Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 用更新プログラム (KB2734608) をご利用いただけます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2734608 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 Service Pack 2 (SP2) の更新プログラムをリリースしました。この資料には、更新プログラムの入手方法、更新プログラムの内容に関する情報が含まれます。

修正される問題

Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 SP2 を実行しているこの更新プログラムによりサーバーを Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターに更新プログラムを提供します。

この更新プログラムには、次の問題が修正されます。
  • Service Pack 2 が以前にアンインストールおよび再インストールし、2720211 の更新プログラムのインストールが失敗します。
  • 2720211 の更新プログラムをインストールした後、WSUS サーバーが SSL を使用して構成されている場合は、稼働状態の監視が失敗します。

また、この更新プログラムには、以下の修正が含まれます。
  • 2530678 システム センターの更新の発行元が公開を行わないカスタマイズ更新プログラムをコンピューターに WSUS 3.0 SP2 と.NET Framework 4 がインストールされている場合
  • 2530709 WSUS 3.0 SP2 で「メタデータのみ」更新プログラムを有効期限切れや改訂することができない
  • 2720211 Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 用の更新プログラムが利用可能

注:
  • 2720211 の更新プログラムはこの更新プログラムに含まれての WSUS 通信チャネルを強化する.
  • Windows 更新エージェント (WUA) この WSUS サーバーによって管理されているコンピューターでは、この更新プログラムを適用する upgradedas neededafter 自動的にされます。
  • WSUS は、この更新プログラムを操作するため、既知の適切な稼動状態でなければなりません。Microsoft Update から更新プログラムの同期を WSUS が構成されている場合は WSUS の更新プログラムを同期できることを確認します。クライアントが WSUS サーバーと通信できる必要があります。

    WSUS サーバー上の基本的なチェックを実行する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    WSUS データベースのインデックスを再構築します。
    サーバー クリーンアップ ウィザードを使用してください。

この更新プログラムを適用する方法

この更新プログラムを適用した後、すべての WSUS サーバーを同期することをお勧めします。WSUS サーバーの階層がある場合は、この更新プログラムを適用してし、階層の最上位のサーバーを同期でダウンします。この方法では、サーバーを同期するには、次の手順に従います。

メモ 3.2 の WSUS サーバーで Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターを更新することができます、前に thesesteps を完了する必要があります。
  1. Microsoft Update との同期を WSUS 3.0 SP2 でプロセスを開始します。
  2. この更新プログラムを適用します。
  3. 同期を開始します。
  4. 同期が成功するを待ちます。
  5. 更新するだけで、サーバーに同期を WSUS 3.0 SP2 サーバーごとに手順 2 〜 4 を繰り返します。

この更新プログラムに関する既知の問題

  • WSUS サーバーはこの更新プログラムで更新するときに、リモートの WSUS コンソールからローカルの発行機能を使用する場合、リモート WSUS コンソール API のバージョンと一致していることを確認するも更新しなければなりません。
  • 更新、ローカルに発行した場合に再署名し、この更新プログラムを適用した後、ローカルのすべての更新を再発行する必要があります。最低、1024年キー長の証明書の SHA1 が必要であることに注意してください。更新プログラムのローカル コンピューターに発行する方法の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。
    ローカルに発行
  • この更新プログラムを適用する前に、WSUS の 3SP2 との同期を Windows 8 または Windows Server 2012 のクライアントの場合は、WSUS サーバーに適用する更新プログラムまで待つし、次の手順に従います。
    1. 影響を受けるクライアントでは、管理者特権モードで cmd.exe を開く
    2. 次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。

      Net stop wuauserv

      rd/s %windir%\softwaredistribution\

      Net start wuauserv
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Windows Update に接続するには、HTTPS または SSL コンテンツの検査を使用するネットワーク プロキシを経由します。
    • 中間のサーバーはマイクロソフトの更新プログラムとクライアントの SSL トラフィックのことです。

    このシナリオでは、HTTPS 検査サーバー検査なしに Windows Update のトラフィックがトンネルに例外規則を作成するがあります。Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 用の HTTPS 検査例外を作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    ソースと宛先を HTTPS 検査から除外
    除外するには、Url とドメインの一覧は、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    885819 ISA Server を実行しているサーバーを Windows の更新プログラムのバージョン 6 の web サイトにアクセスすると問題が発生します。
  • 実行可能ファイル (.exe) を手動でインストールする場合は、更新プログラムを適用するには、コンピューターを再起動する必要があります。
  • リモートの Microsoft SQL Server の管理者は、ダウンロードして SQL Server 管理者のアクセス許可を持つアカウントを使用して更新プログラムをインストールする必要があります。SQL Server のインストールは手動のインストールを常に必要があります。
  • この更新プログラムを適用するには、必要があります Windows 内部データベースまたは SQL Server を実行します。
  • データベースは、ネットワーク負荷分散 (NLB) クラスターのアップグレード中にアクセスされるを防ぐには、IIS と WSUS サービスを停止してください。NLB をアップグレードする方法の詳細については、「NLB のすべてのコンピューターをアップグレードする方法」を参照してください。

すべてのコンピューターで NLB をアップグレードする方法

  1. NLB クラスター内の各ノードの NLB サービスをシャット ダウンします。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    nlb.exe を中断します。
  2. IIS と WSUS サービスを停止します。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    iisreset と停止

    net stop wsusservice
  3. その他のサービスがアクセスできないように、データベースのアップグレード中かどうかを確認します。そのためには、コマンド プロンプトで、次のように入力します。 nlb.exe を無効にします。 ポートまたはアプリケーションの適切な追加のパラメーター。
    disable {vip[{:Port | :all}] | all[{:Port | :all}]} {Cluster[:{Host]| all {local | global}}}
    メモ この手順と、次の手順では、Enter キーを押して、コマンド プロンプトでコマンドを入力するたびにします。
  4. データベースをバックアップします。SQL Server データベースをバックアップする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    方法: バックアップを作成するデータベース (SQL Server Management Studio)
  5. 各フロント エンド コンピューターを個別にアップグレードします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. WSUS を設定します。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドのいずれかのシステムに該当する入力します。
      • WSUS-KB2734608-x64.exe/q C:\MySetup.log
      • WSUS-KB2734608-x86.exe/q C:\MySetup.log

      任意のプロンプトを表示せず、すぐに更新プログラムがインストールされます。
    2. アップグレードが成功したことを確認するには、セットアップ ログを確認します。そのためには、コマンド プロンプトで、次のように入力します。 C:\MySetup.log.
    3. IIS と WSUS サービスが停止しているかどうかを確認します。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
      iisreset と停止

      net stop wsusservice
    4. 次のコンピューターに進みます。
  6. すべてのノードをアップグレードした後は、IIS と WSUS サービスを開始します。そのためには、コマンド プロンプトで、次のように入力します。 iisresetを入力し、 ネット開始 wsusservice で、NLB クラスターの各ノード。
  7. NLB クラスター内の各ノードで NLB サービスを開始します。そのためには、コマンド プロンプトで、次のように入力します。 nlb.exe の再開.
  8. コマンド プロンプトで次のように入力します。 nlb.exe を有効にします。 すべてのポートまたはアプリケーションの手順 3 で無効になっています。
メモ この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの情報

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。

Windows Server Update Services の 3.0 SP2 用の更新プログラム (KB2734608)
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラム パッケージをダウンロードします。
X64 ベースのシステム (KB2734608) の Windows Server Update Services の 3.0 SP2 用の更新プログラム
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラム パッケージをダウンロードします。

前提条件

Windows Server Update Services 3.0 SP2 がインストールされてこの更新プログラムを適用する必要があります。

3.0 の Windows Server Update Services Service Pack 2 に関する詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
972455 3.0 Service Pack 2 を Windows Server Update Services の説明

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムによって、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

ハッシュ値
元に戻す全体を表示する
ファイル名サイズSHA1 SHA2
WSUS-KB2734608-x86.exe30,431,944C6E9AC3F3F8B332990485CF17CC57D3A358E33CDAACCE64CD0375F35AE0FCAB6B9F77B9D7633ABD7BCE231514F3C542E9785CDD2
WSUS-KB2734608-x64.exe30,508,728E399B2DED2DC6540BF51585041063CFCA48DCC3210BB6394962E8230AC9C893200DF7DF9380291EA43C77D03DF89F922C8B155C5


関連情報

Windows Server Update Services の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
Windows Server Update Services に関する一般的な情報
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2734608 - 最終更新日: 2013年12月1日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2
キーワード:?
kbfix kbbug kbupdate kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2734608 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2734608
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com