Exchange Server 2010 Service Pack 2 用更新プログラム ロールアップ 6 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2746164 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Exchange Server 2010年サービス パック 2 (SP2) の更新プログラムのロールアップ 6 を公開しました。この更新プログラムは 2013 年 2 月 12 日にリリースされました。この資料は、更新プログラム ロールアップに関する以下の情報について説明したものです。
  • 更新プログラムのロールアップの解決の問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップの解決の問題

Exchange Server 2010 SP2 のアドレスに記載されている脆弱性をプログラムのロールアップ 6 を更新します。マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-012.この更新プログラムは、次の問題も解決します。
  • 2489941 「簡易表示名」で電子メール メッセージを Exchange Server 2010年環境ではなく、「差出人」フィールドの値は"legacyExchangeDN"が表示されます。
  • 2717453 移動または Outlook をオンライン モードで Exchange Server 2010年環境でを使用して、フォルダーを削除することはできません。
  • 2733608 会議出席依頼を送信または投稿されたアイテムへの返信、Exchange Server 2010年環境でパブリック フォルダーに投稿すると日本語の DBCS 文字の破損が
  • 2734635 新規 InboxRule コマンドレットを実行するか、受信トレイ ルールは、Exchange Server 2010年環境で変更すると、フォルダーに関連付けられている情報 (FAI) のアイテムが削除されます。
  • 2737046 オンライン モードで Exchange Server 2010年環境で Outlook を使用すると、自動再生機能が働きません
  • 2741117 Exchange Server 2010年環境でのクライアント アクセス サーバー上の Microsoft Exchange レプリケーション サービスが CPU 使用率が高い
  • 2746030 Exchange Server 2010年クライアント アクセス サーバーによって EWS を誤ったの ExternalURL 値が返されます
  • 2750188 Exchange 2010 サーバーにサービスを開始すると、Exchange サービスのホスト サービスがクラッシュします。
  • 2751417 EAS を通じて Exchange Server 2010年環境のメールボックスに外部デバイスを同期する場合は、同期が失敗しました。
  • 2751581 OAB の生成が失敗するとイベント Id 9126 は 9330、9338 または Exchange Server 2010年環境で 9339
  • 2760999 "サインアップ ドメイン '組織' から派生して '<TenantDomainName>.org' は有効なドメインではない"ハイブリッド構成ウィザードは、Exchange Server で使用される </TenantDomainName>
  • 2776259 電子メールの添付ファイルが Exchange Server 2010年環境では、予期しないファイルの拡張子、またはファイル名拡張子を持つ場合は、Msftefd.exe のプロセスがクラッシュします。
  • 2779387 電子メール メッセージで、送信済みアイテム フォルダーには、Exchange Server 2010年メールボックス サーバーにアクセスする、EWS ベース アプリケーションが表示されますを重複
  • 2783586 Exchange Server 2010年環境で取引先担当者を編集すると、連絡先の名の順序が正しく表示されません。
  • 2783631 Exchange Server 2010 SP2 環境では、Get ActiveSyncDeviceStatistics コマンドレットを実行するとユーザー エージェント フィールドが空です。
  • 2783633 移動または、最大の受信よりも大きい電子メール メッセージを削除または Exchange Server 2010年環境でのサイズの送信
  • 2783649 プライベートな予定が代理人は、Exchange Server 2010年環境で表示されます。
  • 2783771 EAS は、Exchange Server 2010年環境で構成されている場合、モバイル デバイス上のメールボックスが更新されません。
  • 2783772 Exchange Server 2010年環境では、NDR メッセージは、履歴内受信者を受信した後は、Edgetransport.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2783776 間設置型ハイブリッド Exchange Server 2010年環境のメールボックスを検索することはできません。
  • 2783782 Scanpst.exe は .pst ファイルは Exchange Server 2010年環境で使用されます。
  • 2784081 Exchange Server 2010年メールボックス サーバーに特定のレジストリ キーを追加する場合は、Store.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2784083 Exchange Server 2010年環境では、Outlook Web App および Outlook 予定表での週の番号が一致していません。
  • 2784093 SCOM のアラートおよびイベント ID 4 1 またはそれ以降の更新プログラム ロールアップは、Exchange Server 2010 SP2 組織
  • 2784566 Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上の Exchange RPC クライアント アクセス サービスがクラッシュします。
  • 2787023 定期的な予定表アイテムを変更したり、Exchange Server 2010年環境では、空き時間情報データを公開しようとすると、Exchange メールボックス アシスタント サービスがクラッシュします。
  • 2788151 オンプレミス Exchange Server 2010 SP2 環境では、EMC を使用すると、クラウド ベースのリソース メールボックスを空の代理人の一覧
  • 2793274 新しいオプションが使用可能ですが、PermanentlyDelete 保存アクションは、Exchange Server 2010年組織で無効に
  • 2793278 Exchange Server 2010年環境のメールボックスのアイテムを検索する検索機能を使用することはできません。
  • 2793279 Microsoft Exchange の複製サービスを停止すると、Exchange Server 2010年を再起動しません。
  • 2793488 OWA Exchange Server 2010年環境でいくつかの時間に接続すると Internet Explorer がフリーズします。
  • 2810616 Exchange Server 2010 SP2 用の更新プログラムのロールアップ 4 をインストールした後電子メール メッセージの配信は、ブラックベリーのモバイル デバイスで遅れます。

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

ダウンロードして、Exchange Server 2010 SP2 用の更新プログラムのロールアップ 6 をインストールするのには、次の Microsoft Update web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com
Exchange 2010 の最新の更新プログラム ロールアップをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。メモ Microsoft Update では、データベース可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010年メールボックス サーバーに更新プログラムのロールアップは検出されません。

次のシナリオでは、この更新プログラムのロールアップを適用するためには、更新プログラムのロールアップは、Microsoft ダウンロード センター」から入手できます。
  • Exchange Server 2010 SP2 を実行している複数のコンピューターに、Exchange Server 2010 SP2 を更新プログラムのロールアップ 6 を展開します。
  • DAG の一部であるメールボックス サーバーを Exchange Server 2010年の SP2 を更新プログラムのロールアップ 6 を展開します。
ファイルは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード利用できます。
Exchange2010 ・ 2746164 ・ x64 パッケージのをダウンロードします。
リリース日: 2013 年 2 月 12日。

お客様は、更新プログラムをインストールして、インターネットに接続されていないコンピューター上の重要な情報

インターネットに接続されていないコンピューターでこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、長いインストール時間を必要とすることがあります。さらに、次のメッセージが表示されます。
.Net アセンブリ用ネイティブ イメージを作成します。
この問題を接続するネットワークの要求によるものですが http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl web サイト。ネットワーク要求は、ネイティブ イメージ生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルするアセンブリごとに、証明書失効リストをアクセスの試行を表します。ただし、Exchange サーバーがインターネットに接続されていないため、処理を続行する前に各要求タイムアウトになるまで待つ必要があります。

この問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. で、 ツール Windows Internet Explorer のメニューをクリックします。 インターネット オプション、し、をクリックして、 高度な タブします。
  2. で、 セキュリティ セクションが、オフにします。 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
コンピューターが厳しく制御された環境下にある場合にのみ、Internet Explorer のこのセキュリティ オプションをオフにすることをお勧めします。セットアップが完了したらをクリックして、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックス再度します。

ファイルを Outlook Web App をカスタマイズしたコンピューターの更新に関する問題

重要更新プログラムのロールアップを適用する前に、Outlook Web App のカスタマイズしたファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。Outlook Web App をカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Outlook Web App のカスタマイズの詳細について
更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、更新プロセスは、必要がある場合、Outlook Web App ファイルを更新します。したがって、Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web App のカスタマイズは上書きされます、Logon.aspx での Outlook Web App のカスタマイズ作成し直す必要があります。

CAS CAS のプロキシ処理を展開する CAS プロキシ展開ガイダンス ユーザーの更新の問題

以下の条件を満たしている場合は、更新プログラムのロールアップ以外でインターネットに接続するクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、インターネットに接続するクライアント アクセス サーバーでが適用されます。
  • あなたは、CAS プロキシ展開ガイダンスの顧客です。
  • CAS CAS のプロキシ処理を導入しています。

メモ 他の Exchange Server 2010年構成のサーバーが特定の順序で更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

CAS CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
CAS CAS のプロキシ処理に関する一般的な情報

前提条件

この更新プログラムのロールアップを適用するのには、Exchange Server 2010 SP2 をインストールする必要があります。

メモ この更新プログラムのロールアップを適用する前にすべての中間更新プログラムを Exchange Server 2010 SP2 を削除します。

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

削除情報

Exchange Server 2010 SP2 用の更新プログラムのロールアップ 6 を削除するのを使用して、 追加またはプログラムを削除します。 2746164 の更新プログラムを削除するのには、コントロール パネルの項目。

参照

ソフトウェア更新プログラムを説明するためにマイクロソフトが使用している用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2746164 - 最終更新日: 2013年3月10日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
    • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew atdownload kbhotfixrollup kbmt KB2746164 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2746164
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com