Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスしたときにエラー メッセージ:「0x800A0046」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910338
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトにアクセスすると、Web サイトが応答を停止するのに見えます。また、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
0x800A0046
次のエントリの 1 つは、%windir%\Windowsupdate.log ファイルに記録されます。
Date	Time	3096	c1c	COMAPI	WARNING: Unable to listen to self-update/shutdown event (hr=0X80070005)
Date	Time	3096	c1c	COMAPI	WARNING: Unable to establish connection to the service. (hr=80070005)

原因

この問題場合に発生またはの次の条件に当てはまります。
  • DCOM の構成が正しくありません。
  • 自分のユーザー アカウントが Guests グループのメンバーです。
  • 自動更新サービスに、セキュリティ記述子が正しくありません。
  • ローカル セキュリティ ポリシーが正しくありません。

解決方法

この問題を解決するには、クライアント コンピューター上でのこれらの手順を実行します。

手順 1: DCOM のセキュリティを確認してください。

  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ Dcomcnfg、し [OK].
  2. 展開 コンポーネント サービス、し展開 コンピューター.
  3. 右クリックします。 マイ コンピューター、し プロパティ.
  4. クリックして、 COM セキュリティ タブします。
  5. 下にあります。 アクセス許可をクリックして 既定値を編集します。.
  6. 次のアカウントが表示されていることを確認します。

    Microsoft Windows XP ベースおよび Microsoft Windows Server 2003 ベースのクライアント上で
    元に戻す全体を表示する
    アカウント名アクセス許可の種類アクセス許可
    自己、管理者、またはユーザーが Administrators グループに属しています。ローカル アクセス許可します。
    システムローカル アクセス許可します。
    Microsoft Windows 2000 ベースのクライアントから
    元に戻す全体を表示する
    アカウント名アクセス許可の種類アクセス許可
    管理者ローカル アクセス許可します。
    システムローカル アクセス許可します。
  7. これらのアカウントのいずれかでない場合は、 アクセス許可 ボックスで、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 追加をクリックして 高度な、し 場所.
    2. で、 場所 ボックスをクリックして、 Local_Computer_Name、し [OK].
    3. クリックしてください。 検索開始.
    4. CTRL キーを押し、必要なアカウント名をクリックし、クリックしてください [OK] 2 つの時刻。
    5. で、 グループ名またはユーザー名 ボックスで、追加したアカウントをクリックして、クリックしてください ローカル アクセス で、 アクセス許可 Account_Name ボックスし、チェック ボックスをオンにし、 許可します。 列です。
    6. 手順 7e を追加し、クリックして、[、すべてのアカウントを繰り返します [OK].

手順 2: DCOM の既定のプロパティを確認してください。

  1. クリックして、 既定のプロパティ タブします。
  2. いることを確認、次の構成します。
    • は、 このコンピューター上で分散 COM を有効にします。 チェック ボックスが選択されています。
    • で、 既定の認証レベル ボックスで、 接続 選択されています。
    • で、 既定の偽装レベル ボックスで、 識別 選択されています。
  3. 必要な変更を行い、クリックしてください [OK].
  4. コンピューターを再起動します。

ステップ 3: ユーザー アカウントが Guests グループのメンバーでないことを確認してください。

メモ この手順は、Windows Server 2003、Windows XP Professional、または Windows 2000 を実行しているし、ドメインに参加していないコンピューターにのみ適用されます。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 設定、し コントロール パネル.
  2. ダブルクリック 管理ツール.
  3. 展開 [コンピューターの管理、し展開 ローカル ユーザーとグループ.
  4. クリックしてください。 ユーザー.
  5. 右側のウィンドウで、コンピューターにログオンするために使用するアカウントをダブルクリックします。
  6. クリックして、 メンバー タブします。
  7. クリックしてください。 来園者をクリックして 削除、し [OK].

手順 4: 自動更新サービスでセキュリティ記述子を確認してください。

Windows Server 2003 ベースおよび Windows XP ベースのクライアント上で
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、セキュリティ記述子をリセットするのには、ENTER キーを押します。
    Sc sdset wuauserv d: (A;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;SY) (A;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;BA) (A;説明;;AU) (A;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;PU)
    メモ ドメイン環境では、このセキュリティ設定は、グループ ポリシー オブジェクトによって構成できます。次のコマンドを入力した後にのみ一時的に問題が解決した場合、通常は、グループ ポリシー オブジェクトが構成されます。ドメイン管理者、適切なセキュリティ設定を含むように、グループ ポリシーを変更する必要があります。
Windows 2000 ベースのクライアントから
  1. Subinacl ユーティリティをダウンロードします。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    ドキュメントですか。FamilyID = e8ba3e56 ・ d8fe ・ 4a91 ・ 93cf ・ ed6985e3927b & amp; amp; DisplayLang = en
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、Windows リソース キット ツールのセットアップ ウィザードの指示します。既定では、Subinacl ユーティリティは、次のディレクトリにインストールされます。
    C:\Program Files\Windows リソース Kits\Tools
  3. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  4. コマンド プロンプトで cd C:\Program Files\Windows リソース Kits\Tools Subinacl ユーティリティがインストールされているディレクトリに移動するのには。
  5. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Subinacl/service wuauserv/sddl D =:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;SY) (A;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;BA) (A;説明;;AU) (A;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;PU)
    メモ ドメイン環境では、このセキュリティ設定は、グループ ポリシー オブジェクトによって構成できます。次のコマンドを入力した後にのみ一時的に問題が解決した場合、通常は、グループ ポリシー オブジェクトが構成されます。ドメイン管理者、適切なセキュリティ設定を含むように、グループ ポリシーを変更する必要があります。

手順 5: ローカル セキュリティ ポリシーを確認してください。

メモ
  • この手順は Windows Server 2003 ベースに、Windows XP Professional ベースまたは Windows 2000 ベースのコンピューターに適用されます。
  • 自分のユーザー アカウントがドメインに属している場合は、このセキュリティ設定はネットワーク上に配置されているグループ ポリシー オブジェクトによって構成できます。、ネットワーク管理者に問い合わせてくださいまたは Microsoft Knowledge Base の次の資料で詳細を参照してください。
    810739 ホワイト ペーパー: Windows 2000 でグループ ポリシーのトラブルシューティング
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ gpedit.msc を使用して、し [OK].
  2. 展開 [コンピューターの構成を展開 [Windows の設定を展開 セキュリティの設定、し展開 ローカル ポリシー.
  3. クリックしてください。 ユーザー権利の割り当て.
  4. 右側のウィンドウでをダブルクリックします。 認証後にクライアントを偽装します。.
  5. サービスと管理者のアカウントが含まれていることを確認します。
  6. サービス アカウントまたは管理者アカウントが存在しない場合は、そのアカウントを追加するのには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 ユーザーまたはグループを追加します。をクリックして 高度な、し 場所.
    2. で、 場所 ボックスで、をクリックしてください Local_Computer_Name、し [OK].
    3. クリックしてください。 検索開始.
    4. CTRL キーを押し、必要なアカウント名をクリックし、クリックしてください [OK] 3 回。
  7. コンピューターを再起動します。

手順 6: Microsoft Internet Explorer でのユーザー データの永続性を有効にします。

  1. Internet Explorer を開きます。
  2. で、 ツール メニューをクリックして インターネット オプション.
  3. クリックして、 セキュリティ タブをクリックし インターネット.
  4. クリックしてください。 [レベルのカスタマイズ.
  5. で、 設定 ダイアログ ボックスをスクロールするには、 その他 セクションです。
  6. 下にあります。 Userdata の永続化をクリックして 有効にします。.
  7. クリックしてください。 [OK] 2 つの時刻。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
902093Windowsupdate.log ファイルを読み取る方法
906602 Windows Update、Microsoft Update、および Windows Server Update Services のインストールに関する問題のトラブルシューティング方法

プロパティ

文書番号: 910338 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB910338 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:910338
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com