Windows XP ベースのコンピューターで自動更新が実行され、"svchost.exe - アプリケーション エラー"を閉じた後に、プログラムを実行することができない場合があります、エラー メッセージが表示されるエラー メッセージのダイアログ ボックス

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 927385
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

自動更新は、Microsoft Windows XP ベースのコンピューターを構成し、Windows オペレーティング システムで自動更新を実行します。その後、エラー メッセージを受け取ることがあります、 svchost.exe - アプリケーション エラー 次のようなダイアログ ボックス。
命令が"0x00000000"のメモリ"0x745f2780"への参照。メモリ '読み取れませんでした'。
エラー メッセージ、アプリケーション ログで関連するエントリも表示可能性があります。エントリには、次のようになります。


作成日: 日付
時刻: 時間
種類: エラー
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
ソース: アプリケーション
エラー分類: (100)
イベント ID: 1000年

説明:
エラーが発生したアプリケーション svchost.exe、バージョン 5.1.2600.2180、障害msi.dll モジュールというバージョン 3.1.4000.2435、フォールト アドレス 0x00012780。

さらに、エラー メッセージのダイアログ ボックスを閉じると、コンピューター上でプログラムを実行できないことがあります。エラー メッセージのダイアログ ボックスを開いたままにする場合は、コンピューターを使用する続行できます。コンピューターをシャット ダウンしようとすると、コンピューターが応答を停止します。

原因

自動更新サービスに問題があるこの問題が発生する可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、以下のサポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを適用します。
プログラム 927891 修正プログラム パッケージ 916089 の適用後を Windows Update から更新プログラムをインストールしようとすると、アクセス違反が表示されます。

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

ままに、 svchost.exe - アプリケーション エラー ダイアログ ボックスを開き、次の手順を実行します。

手順 1: 自動更新サービスとは、バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) の設定が正しいかどうかを確認します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 実行、タイプ services.msc、し [OK].
  2. [詳細情報] ウィンドウで、見つけてダブルクリック 自動更新.
  3. クリックして、 ログオンします。 タブします。
  4. 確認、 ローカル システム アカウント オプションが選択されてと、 デスクトップとの対話をサービスに許可します。 チェック ボックスがオフになっています。
  5. このサービスで有効になっていることを確認してください、 ハードウェア プロファイル リストです。このサービスが有効になっていない場合をクリックします。 有効にします。 サービスを有効にします。
  6. クリックして、 全般 タブをクリックしことを確認、 自動 オプションを選択したは、 [スタートアップの種類 リストです。下にあります。 [サービスの状態をクリックして 開始 実行されていない場合、サービスを開始します。
  7. バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS 用) 手順 2 〜 6 を繰り返します。

手順 2: Windows Update コンポーネントを再登録します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 REGSVR32 WUAPI。DLL、し、ENTER キーを押します。
  2. "WUAPI の DllRegisterServer 表示されたらメッセージ DLL が「成功」をクリックして [OK].
  3. 次のコマンドを入力、 ファイルを開く 後、もう 1 つのボックスに、し、各コマンドの後で ENTER キーを押します。
    REGSVR32 WUAUENG。DLL
    REGSVR32 WUAUENG1。DLL
    REGSVR32 ATL.DLL
    REGSVR32 WUCLTUI。DLL
    REGSVR32 WUPS。DLL
    REGSVR32 WUPS2。DLL
    REGSVR32 WUWEB。DLL

手順 3: Windows Update の一時フォルダーの名前を変更します。

Windows の更新プログラムの一時フォルダーが壊れている可能性があります。この例では、Windows の更新プログラムの一時フォルダーの名前を変更できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し、ENTER キーを押します。
  2. コマンド プロンプトでnet stop Wuauserv、し、ENTER キーを押します。
  3. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ %windir%、し、ENTER キーを押します。
  4. 開き、フォルダーを見つけて名前を変更、 SoftwareDistribution フォルダーに SDold.
  5. コマンド プロンプトで net start Wuauservをクリックして、自動更新サービスを開始するのには、ENTER キーを押します。

方法 2

次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始を右クリックして マイ コンピューター、し プロパティ.
  2. で、 [システムのプロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 自動更新タブします。
  3. クリックしてください。 自動更新を無効にします。、し [OK].
  4. コンピューターを再起動します。
  5. 手動で更新プログラムをインストールするのには、Windows Update の Web サイトを使用します。
  6. 手動で更新プログラムをインストールした後、自動更新を有効にします。

プロパティ

文書番号: 927385 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbtshoot kbexpertiseinter kbwinupdwebsite kbwindowsupdatev6 kbmt KB927385 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:927385
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com