画面上の項目を見るために拡大鏡を使う

Windows 10

拡大鏡は、画面の一部または全体を拡大して、文字や画像を見やすくすることができるツールです。いくつかの異なる設定が用意されているので、最適な設定を選んで使うことができます。

拡大鏡を開く

キーボードで拡大鏡を開くには、Windows ロゴ キー を押しながら + (正記号) キーを押します。タッチ操作またはマウスを使って開くには、[スタート] ボタン を選択し、[設定][コンピューターの簡単操作][拡大鏡] の順に選びます。次に、[拡大鏡] の下にあるスライダーを動かして拡大鏡をオンにします。

拡大鏡は、設定を変更しない限り全画面表示で開かれます。

拡大鏡を閉じる

拡大鏡を終了するには、Windows ロゴ キー を押しながら Esc キーを押すか、虫眼鏡アイコン を選択し、[拡大鏡] ツール バーの [閉じる] ボタンを選びます。

拡大鏡のビューを変更する

マウス操作では、全画面表示、レンズ、固定という 3 種類のビューで拡大鏡を使うことができます。すべてを試して、好みに合ったビューを選んでください。

全画面表示では、画面全体が拡大されます。拡大された状態では、通常、一度に画面全体を見ることはできませんが、マウスを画面の各所に動かすことですべてを確認できます。タッチスクリーンで拡大鏡を使うと、画面の周囲に白い境界線が表示されます。画面上を移動するには、指またはマウスを境界線に沿ってドラッグします。

レンズ ビューでは、拡大鏡を画面上で移動させながら、さまざまな部分を見ることができます。

固定ビューはデスクトップで動作します。このビューでは、拡大鏡が画面の一部に固定されます。画面上を移動すると、それに合わせて画面の一部が固定領域内に拡大して表示されます。ただし、画面の主要部分は変わりません。

拡大鏡をカスタマイズする

拡大鏡の動作は、必要に応じて変更することができます。ズーム ボタン (

Zoom in button
Zoom out button
) を使うと、画面を拡大または縮小できます。または、Windows ロゴ キー を押しながら + (正符号) キーを押すか、Windows ロゴ キー を押しながら - (負符号) キーを押して、拡大と縮小を行うこともできます。

  1. 拡大鏡のオプション ボタン
    Magnifier options button
    を使うと、拡大レベル、色、フォーカスを変更できます。
  2. Windows ロゴ キー を押しながら + (正符号) を押して、拡大鏡を開きます。
  3. デスクトップで虫眼鏡アイコン を選択し、[オプション] ボタン
    Magnifier options button
    を選びます。
  4. 次のいずれか、または複数の操作を行います。
    • 拡大の増加率を選ぶには、スライダーを使います。[拡大] ボタン
      Zoom in button
      を押すと、ここで選択した割合の分だけ画面の拡大率が上がります。
    • 画面の色を反転するには、[色反転を有効にする] をオンにします。場合によっては、色を反転するとテキストが読みやすくなることがあります。
    • 拡大鏡のフォーカスの方法を選ぶには、チェック ボックスをオンにします。タッチでも、マウスやキーボードでも、操作しやすい方法を使用できます。

タッチスクリーンで拡大鏡を使う

拡大鏡をタッチスクリーンで使う場合は、次のようなさまざまなタスクを実行できます。

  • 拡大と縮小を実行するには、画面の隅をタップします。
  • 画面上を移動するには、境界線に沿ってドラッグします。
  • 画面上の現在の位置を確かめるには、向かい合った境界線を 2 本の指でタップします。
  • 拡大鏡を終了するには、[閉じる] ボタンをタップします。

Windows 8.1

拡大鏡は、画面の一部または全体を拡大して、文字や画像を見やすくすることができる便利なツールです。いくつかの異なる設定が用意されているので、最適な方法で使うことができます。

拡大鏡を使用する

拡大鏡はすばやく開いたり閉じたりできるので、必要なときに手軽に使うことができ、不要なときには消しておくことができます。

キーボードを使って拡大鏡を開くには

  1. Windows ロゴ キー を押しながら "+" (正符号) キーを押します。

  2. 拡大鏡は、設定を変更しない限り、全画面表示ビューで開かれます。

タッチまたはマウスを使って拡大鏡を開くには

  1. 画面の右端からスワイプしてチャームを表示し、[設定][PC 設定の変更] の順にタップします
    (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下へ移動して、[設定][PC 設定の変更] の順にクリックします)。

  2. [コンピューターの簡単操作][拡大鏡] の順にタップまたはクリックし、[拡大鏡] の下にあるスライダーを動かして拡大鏡をオンにします。

  3. 拡大鏡は、設定を変更しない限り、全画面表示ビューで開かれます。

拡大鏡を閉じるには

拡大鏡をすばやく終了するには、Windows ロゴ キー を押しながら Esc キーを押します。虫眼鏡アイコン をタップまたはクリックし、[拡大鏡] ツール バーの [閉じる] ボタンをタップまたはクリックすることもできます。

拡大鏡のビューを変更する

マウスを使っている場合、必要に応じて、拡大鏡をいくつかのビュー (全画面表示、レンズ、および固定) で使うことができます。すべてを試してみて、適切なものを選んでください。

  • 全画面表示。このビューでは画面全体が拡大されます。拡大された状態では、通常、一度に画面全体を見ることはできませんが、画面上を移動することで、すべてを見ることができます。タッチスクリーンで拡大鏡を使うと、画面の周囲に白い境界線が表示されます。画面上を移動するには、指またはマウスを境界線に沿ってドラッグします。
  • レンズ。このビューでは、拡大鏡を画面上で移動させながら、さまざまな部分を見ることができます。
  • 固定。固定ビューは、Windows デスクトップ上で機能します。このビューでは、拡大鏡が画面の一部に固定されます。画面上を移動すると、それに合わせて画面の一部が固定領域内に拡大して表示されます。ただし、画面の主要部分は変わりません。

拡大鏡をカスタマイズする

拡大鏡の動作は変更できます。たとえば、ズーム ボタン (

Zoom in button
Zoom out button
) を使うと、画面をどのくらい大きくするかを変更できます。キーボードで Windows キーを押しながら + キーを押すか、Windows キーを押しながら - キーを押して、拡大と縮小をすばやく行うこともできます。拡大鏡のオプション ボタン
Magnifier options button
を使って、拡大鏡を変更することもできます。

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。
    (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して、[検索] をクリックします)

  2. 検索ボックスに「拡大鏡」と入力し、[拡大鏡] をタップまたはクリックします。

  3. Windows デスクトップに移動し、虫眼鏡 をクリックします。

  4. [オプション] ボタン

    Magnifier options button
    をクリックします。

  5. 次のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 拡大の増加率を選ぶには、スライダーを使います。[拡大] ボタン

      Zoom in button
      を押すと、ここで選択した割合の分だけ画面の拡大率が上がります。

    • 画面の色を反転するには、[色反転を有効にする] チェック ボックスをオンにします。場合によっては、色を反転するとテキストが読みやすくなります。

    • 拡大鏡のフォーカスの方法を選ぶには、チェック ボックスをオンにします。タッチでも、マウスやキーボードでも、操作しやすい方法を使用できます。

タッチ操作で拡大鏡を使う

タッチスクリーンで拡大鏡を使い、次のようなさまざまなタスクを実行できます。

  • 画面の隅をタップして、拡大と縮小を実行します。

  • 境界線に沿ってドラッグして、画面上を移動します。

  • "X" をタップして、拡大鏡を終了します。

  • 画面上の現在の位置を確かめるには、向かい合った境界線を 2 本の指でタップします。

Windows 7

拡大鏡は、画面の一部を拡大するもので、コンピューターの簡単操作センターに含まれています。拡大鏡をすばやく開くには、[スタート] ボタンをクリックし、「拡大鏡」と入力します。

画面の解像度を変更して、コンピューターのモニターに表示される項目の鮮明さ、サイズ、および量を適切に調整することもできます。画面の解像度を調整する方法の詳細については、「モニターで最高の表示を得る」をご覧ください。

拡大鏡には 3 つのモードがあります。

  • 全画面表示モード。全画面表示モードでは画面全体が拡大されます。画面のサイズおよび選択したズーム レベルによっては、画面全体を一度に表示することができない場合があります。

  • レンズ モード。レンズ モードでは、マウス ポインターの周辺が拡大されます。マウス ポインターを移動すると、拡大されている画面上の領域も移動します。

  • 固定モード。固定モードでは、画面の一部のみが拡大され、デスクトップの他の部分は変わりません。これで、拡大する画面の領域を制御できます。


画面上の項目を拡大して表示するには

  1. 拡大鏡を開くには、[スタート] ボタン

    [スタート] ボタンの画像
    [すべてのプログラム][アクセサリ][コンピューターの簡単操作][拡大鏡] の順にクリックします。

  2. [表示] メニューで、使用するモードをクリックします。

  3. 拡大する画面の部分にポインターを移動します。

 

拡大鏡で拡大する場所を選択するには
ズーム レベルを変更するには
ズームの増加率を設定するには
レンズのサイズを設定するには
色の反転を有効にするには
[拡大鏡] ツール バーを表示するには


プロパティ

文書番号:11542 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 4

フィードバック