ドライバーの更新プログラムが Windows 10 に一時的に再インストールされないようにする方法

適用対象: Windows 10

Windows 10 では、最新の機能と修正プログラムがインストールされ、デバイスが常に最新の状態に保たれています。 ドライバーは自動的にインストールされるので、必要な更新プログラムを選択する必要はありません。 まれではありますが、一部のドライバーは、デバイスに影響を与える問題を引き起こす場合があります。 この場合、次回の Windows 更新プログラムがインストールされるときに、問題のあるドライバーが自動的に再インストールされないようにすることができます。

デバイス ドライバーのロール バック


提供されたドライバーでシステムのクラッシュや不安定になる問題が発生する場合や、その変更前は Windows が正常に動作していた場合は、この方法を使用して前のバージョンにドライバーを戻すことができます。

ドライバーのインストールをロール バックする適切な手順は、インストールした Windows 10 のバージョンによって異なります。 最新バージョンの Windows 10 に更新してから、ドライバーをアンインストールすることをお勧めします。この方法で問題が解決する場合があります。 Windows Update を使用して最新の更新プログラムを確認するには、[スタート] ボタンを選択して [設定] >、[更新とセキュリティ]、[Windows Update]、[更新プログラムのチェック] の順に選択します。 または、[Windows 10 を更新する] に移動し、[今すぐ更新] を選択して、最新バージョンをインストールできます。

インストールされている Windows 10 のバージョンがわからない場合は、[スタート] ボタンを選択し、[設定] > [システム] > [バージョン情報] の順に選択し、次のガイドラインに従います。 

自動更新を選択する


ドライバーが Windows Update によって再インストールされないようにするには、[更新プログラムの表示/非表示] を使用してドライバーを非表示にします。 Window Updateでは、非表示のドライバーまたは更新プログラムはインストールされません。

Microsoft ダウンロード センターから トラブルシューター をダウンロードします。

ダウンロード リンクをクリックすると、wushowhide.diagcab を開くか保存するかを確認するメッセージが表示されます。

wushowhide.diagcab を開く、または保存のプロンプト
 

トラブルシューティング ツールを実行するには、wushowhide.diagcab を開き、[次へ] を選択し、トラブルシューティング ツールの指示に従って問題のあるドライバーまたは更新プログラムを非表示にします。