Windows 11 では、デバイスをスムーズかつ安全に実行できるように、最新の更新プログラムを入手するタイミングと方法を決定できます。 この記事は、Windows 11 の更新プログラムの一般的な問題に関する疑問を解決し、トラブルシューティングを行うことを目的としています。

Windows 11 のライセンス認証を行う方法や、インストールされている Windows 11 がライセンス認証済みかどうかを確認する方法に関する情報をお探しの場合は、「Windows のライセンス認証を行う」をご覧ください。

Windows の更新プログラムのインストール時に問題が発生した場合は、 こちらから開始してください。

デバイスを最新バージョンの Windows 11 に更新できない理由はいくつかあります。 以下のヒントは、デバイスに影響を与えている問題を特定するために役立ちます。

開始する前に、デバイスが電源に接続されており、インターネットに接続されていることを確認してください。 その後、以下の手順を試して PC を更新します。

一部の更新プログラムには、管理者アクセスが必要です。 アカウントに管理者アクセス権がない場合は、「Windows でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。 自宅や職場の他のユーザーがデバイスの管理者アカウントをお持ちの場合は、そのユーザーに更新プログラムのインストールを依頼してください。

重要: 

  • 以下の解決策を試す前に、個人用ファイルを必ずバックアップしておいてください。 ファイル履歴を使ってファイルを別のドライブにバックアップするか、USB ドライブを挿入してエクスプローラーを使い、重要なファイルを USB ドライブにドラッグしてコピーすることができます。 Microsoft アカウントを使って Windows にログインしている場合、インターネットに接続すると更新後にシステム設定が自動的に復元されます。

  • OneDrive を使用してファイルをバックアップすることもできます。 詳しくは、「[ドキュメント]、[画像]、[デスクトップ] フォルダーを OneDrive でバックアップする」をご覧ください。

デバイスに十分な空き領域があることを確認します。 デバイスには、32 ビット OS のアップグレードでは 16 GB 以上、64 ビット OS のアップグレードでは 20 GB 以上の空き領域が必要です。 デバイスのハード ドライブの容量が小さい場合、更新するには USB ドライブを挿入する必要があります。

PC のストレージ容量が少ない場合は、「Windows のドライブの空き領域を増やす」に記載されている方法を試してみてください。

多くの更新プログラムでは、デバイスを再起動する必要があります。 作業内容を保存し、開いているすべてのアプリケーションを閉じます。 次に、[スタート] > [電源] を選択し、[更新して再起動] または [更新してシャットダウン] を選択します。

更新プログラムをダウンロードした場合でも、利用可能な更新プログラムがまだ残っていることがあります。 ここまでの手順を試した後、[スタート] > [設定] > [Windows Update] > [更新プログラムのチェック] の順に選択して、Windows Update をもう一度実行します。 新しい更新プログラムをダウンロードしてインストールします:

[設定] で更新プログラムを確認する

外部記憶装置、外部ドライブ、ドックなど、デバイスに接続されているハードウェアのうち、基本機能に必要がないものをすべて取り外します。 その後、更新プログラムをもう一度実行し、問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決していない場合は、次のヒントに進みます。

ハードウェアをデバイスに追加した場合、ハードウェアの製造元の Web サイトでサード パーティ ドライバーの更新プログラムやインストール手順を確認してください。 ドライバーを更新してから、更新プログラムをもう一度実行し、問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決していない場合は、次のヒントに進みます。

  1. タスク バーの検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力し、結果の一覧から "デバイス マネージャー" を選択します。

  2. 表示されたウィンドウで、横に黄色の感嘆符が付いているデバイスを探します。 (デバイスの一覧を表示するには、各カテゴリの選択が必要な場合があります。) デバイス名を選びます。

  3. [操作] を選択し、[ドライバーの更新] または [アンインストール] を選択してエラーを修正します。

トラブルシューティングに関する一般的な質問

特定のエラー コードを含むエラー メッセージが表示される場合は、Windows Update トラブルシューティング ツール を実行してみてください。 それでも問題が解決しない場合は、「Windows Update のエラーを解決する」を参照し、更新プログラムに関する一般的な問題の解決手順に従って操作してください。

更新プログラムをダウンロードしてインストールするために必要な時間は、接続速度、ネットワーク設定、および更新プログラムのサイズによって異なります。 インストールが同じパーセントのまま停止した場合は、もう一度更新プログラムをチェックするか、Windows Update トラブルシューティング ツール を実行してみてください。

更新プログラムをチェックするには、[スタート] > [設定] > [Windows Update] > [更新プログラムのチェック] の順に選択します。 

支援を受けるには、タスク バーの検索ボックスに「問い合わせ」と入力して、結果の一覧から [問い合わせ] を選択します。 さらに問題が発生した場合にフィードバックを送信するには、タスク バーの検索ボックスに「フィードバック Hub」と入力し、結果の一覧から [フィードバック Hub] を選択します。 

Windows 11 は、これまでで最も安全な Windows です。セキュリティ上のリスクから PC を保護し、スムーズな実行を続けるには、最新状態を維持することをお勧めします。 ただし、更新プログラムを一時的に停止することも、再起動をスケジュールして、都合の良い日時に更新プログラムをインストールすることもできます。
更新プログラムを一時的に一時停止する方法について 
再起動をスケジュールして、都合の良い日時に更新プログラムをインストールする方法をご確認ください

通知は、インストールされた更新プログラムを適用するためにコンピューターを再起動する必要があるときにのみ表示されます。

Windows 11 の毎月の品質更新プログラムはサイズが非常に小さいため、データ使用量に与える影響は最小限です。 機能更新プログラムは、通常、1 年に 2 回発生し、インストールするタイミングはユーザーが制御できます。 データ量は多くなりますが、頻度は高くありません。

従量制課金接続をお使いの場合、Windows の更新プログラムの一部は自動的にインストールされません。 Windows での従量制課金接続

コンピューターの速度が遅くなる原因は多数考えられますが、Windows 11 の最新バージョンに更新するとパフォーマンスが向上する可能性があります。 コンピューターの速度が低下した場合のヘルプについては、「Windows で PC のパフォーマンスを向上させるためのヒント」をご覧ください。

アップグレード後にファイルを見つけるのに問題が生じている場合は、「Windows 10 または 11 へのアップグレード後に失われたファイルを検索する方法」で他の解決方法をご覧ください。

高度な手順

警告: Microsoft では、コマンド ラインでの作業に慣れている場合にのみこのセクションの手順を試すことをお勧めします。 これらの手順には、デバイスでの管理者アクセス許可が必要です。 

  1. タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、オプションの一覧から [管理者として実行] を選択します。 [はい] を選択します。 次に、表示されるウィンドウで、次のコマンドを 1 つずつ入力します。これには、スペースも含まれます。 1 つのコマンドを入力するたびに Enter キー を押します。 各コマンドは次のコマンドを入力する前に完了させます。

    net stop bits

    net stop wuauserv

    ren %systemroot%\softwaredistribution softwaredistribution.bak

    ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak

    net start bits

    net start wuauserv

  2. これらのコマンドがすべて完了したら、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じて、コンピューターを再起動します。

場合によっては、最新バージョンの Windows 11 に更新しようとした際に、サード パーティのウイルス対策ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアによってエラーが発生することがあります。 このようなソフトウェアは一時的にアンインストールし、PC を更新してデバイスを最新の状態にしてから、ソフトウェアを再インストールできます。 サード パーティのウイルス対策ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアは、最新バージョンの Windows 11 と互換性のあるものを使うことをお勧めします。 互換性の情報は、ソフトウェアの製造元の Web サイトにアクセスすると確認できます。

注: ソフトウェアをアンインストールする前に、プログラムの再インストール方法を理解していること、必要なプロダクト キーがすべて手元にあることを確認してください。

タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、オプションの一覧から [管理者として実行] を選択します。 [はい] を選択します。 表示されるウィンドウで、次のコマンドを入力します。これには、スペースも含まれます:
chkdsk/f C:
次に、Enter キーを押します。 ハード ドライブの修復が自動的に開始され、デバイスを再起動するように求められます。

クリーン ブートでは、最小セットのドライバーとスタートアップ プログラムで Windows が起動されます。 これにより、PC の更新の問題の原因となっているプログラムと更新プログラムをインストールするときに発生するソフトウェアの競合を解消できます。
クリーン ブートを行う方法についてはこちらをご覧ください

  1. タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、オプションの一覧から [管理者として実行] を選択します。

  2. 表示されるウィンドウで、次のコマンドを入力します。これには、スペースも含まれます:
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

  3. Enter キー を押します。 コマンド操作が正常に実行されると、コマンド プロンプトから、“復元操作が正常に完了しました” または “操作が正常に完了しました” という確認メッセージが表示されます。  
    注:確認メッセージが表示されない場合は、コマンドをもう一度入力して、もう一度試してください。

  4. 次のコマンドを入力します。これには、スペースも含まれます:
    sfc /scannow

  5. Enter キー を押します。 sfc スキャンの検証が 100% 完了するまで待ってから、コマンド プロンプトを閉じます。

  6. Windows Update をもう一度実行してみます。

コマンド プロンプト:DISM/Onlin /Cleanup-Image/RestoreHealth

Windows イメージを修復する方法についてはこちらをご覧ください

ソフトウェア ダウンロード ページ にアクセスし、[今すぐツールをダウンロード] を選択して、クリーン インストール ツールをダウンロードします。 ツールを使う前に、ソフトウェア ダウンロード ページに記載されている注意事項をよくお読みください。

Windows 10 では、デバイスをスムーズかつ安全に実行できるように、最新の更新プログラムを入手するタイミングと方法を決定できます。 この記事は、Windows 10 の更新プログラムの一般的な問題に関する疑問を解決し、トラブルシューティングを行うことを目的としています。

Windows 10 のライセンス認証を行う方法や、インストールされている Windows 10 がライセンス認証済みかどうかを確認する方法に関する情報をお探しの場合は、「Windows のライセンス認証を行う」をご覧ください。

Windows の更新プログラムのインストール時に問題が発生した場合は、 こちらから開始してください。

デバイスを最新バージョンの Windows 10 に更新できない理由はいくつかあります。 以下のヒントは、デバイスに影響を与えている問題を特定するために役立ちます。

開始する前に、デバイスが電源に接続されており、インターネットに接続されていることを確認してください。 その後、以下の手順を試して PC を更新します。

一部の更新プログラムには、管理者アクセスが必要です。 アカウントに管理者アクセス権がない場合は、「Windows でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。 自宅や職場の他のユーザーがデバイスの管理者アカウントをお持ちの場合は、そのユーザーに更新プログラムのインストールを依頼してください。

重要: 

  • 以下の解決策を試す前に、個人用ファイルを必ずバックアップしておいてください。 ファイル履歴を使ってファイルを別のドライブにバックアップするか、USB ドライブを挿入してエクスプローラーを使い、重要なファイルを USB ドライブにドラッグしてコピーすることができます。 Microsoft アカウントを使って Windows にログインしている場合、インターネットに接続すると更新後にシステム設定が自動的に復元されます。

  • OneDrive を使用してファイルをバックアップすることもできます。 詳しくは、「[ドキュメント]、[画像]、[デスクトップ] フォルダーを OneDrive でバックアップする」をご覧ください。

デバイスに十分な空き領域があることを確認します。 デバイスには、32 ビット OS のアップグレードでは 16 GB 以上、64 ビット OS のアップグレードでは 20 GB 以上の空き領域が必要です。 デバイスのハード ドライブの容量が小さい場合、更新するには USB ドライブを挿入する必要があります。

PC のストレージ容量が少ない場合は、「Windows のドライブの空き領域を増やす」に記載されている方法を試してみてください。

多くの更新プログラムでは、デバイスを再起動する必要があります。 作業内容を保存し、開いているすべてのアプリケーションを閉じます。 次に、[スタート] > [電源] を選択し、[更新して再起動] または [更新してシャットダウン] を選択します。

更新プログラムをダウンロードした場合でも、利用可能な更新プログラムがまだ残っていることがあります。 ここまでの手順を試した後、[スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] > [更新プログラムのチェック] の順に選択して、Windows Update をもう一度実行します。 新しい更新プログラムをダウンロードしてインストールします:

[設定] で更新プログラムを確認する

外部記憶装置、外部ドライブ、ドックなど、デバイスに接続されているハードウェアのうち、基本機能に必要がないものをすべて取り外します。 その後、更新プログラムをもう一度実行し、問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決していない場合は、次のヒントに進みます。

ハードウェアをデバイスに追加した場合、ハードウェアの製造元の Web サイトでサード パーティ ドライバーの更新プログラムやインストール手順を確認してください。 ドライバーを更新してから、更新プログラムをもう一度実行し、問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決していない場合は、次のヒントに進みます。

  1. タスク バーの検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力し、結果の一覧から "デバイス マネージャー" を選択します。

  2. 表示されたウィンドウで、横に黄色の感嘆符が付いているデバイスを探します。 (デバイスの一覧を表示するには、各カテゴリの選択が必要な場合があります。) デバイス名を選びます。

  3. [操作] を選択し、[ドライバーの更新] または [アンインストール] を選択してエラーを修正します。

トラブルシューティングに関する一般的な質問

特定のエラー コードを含むエラー メッセージが表示される場合は、Windows Update トラブルシューティング ツール を実行してみてください。 それでも問題が解決しない場合は、「Windows Update のエラーを解決する」を参照し、更新プログラムに関する一般的な問題の解決手順に従って操作してください。

更新プログラムをダウンロードしてインストールするために必要な時間は、接続速度、ネットワーク設定、および更新プログラムのサイズによって異なります。 インストールが同じパーセントのまま停止した場合は、もう一度更新プログラムをチェックするか、Windows Update トラブルシューティング ツール を実行してみてください。

更新プログラムをチェックするには、[スタート] [設定][更新とセキュリティ] [Windows Update] [更新プログラムのチェック] の順に選択します。 

支援を受けるには、タスク バーの検索ボックスに「問い合わせ」と入力して、検索結果から [問い合わせ] を選択します。 さらに問題が発生した場合にフィードバックを送信するには、タスク バーの検索ボックスに「フィードバック Hub」と入力し、結果の一覧から [フィードバック Hub] を選択します。 

Windows 10 は、これまでで最も安全な Windows です。セキュリティ上のリスクから PC を保護し、スムーズな実行を続けるには、最新状態を維持することをお勧めします。 ただし、更新プログラムを一時的に停止することも、再起動をスケジュールして、都合の良い日時に更新プログラムをインストールすることもできます。
更新プログラムを一時的に一時停止する方法について 
再起動をスケジュールして、都合の良い日時に更新プログラムをインストールする方法をご確認ください

通知は、インストールされた更新プログラムを適用するためにコンピューターを再起動する必要があるときにのみ表示されます。

ヒント: 

  • 更新後、作業を中断した場所を調べる必要がある場合、タイムラインを使って戻ることができます。

  • タイムラインの使用を開始するには、タスク バーで [タスク ビュー] を選択するか、Windows ロゴ キー を押しながらタブ キーを押して、再開するアクティビティを選択します。

Windows 10 の毎月の品質更新プログラムはサイズが非常に小さいため、データ使用量に与える影響は最小限です。 機能更新プログラムは、通常、1 年に 2 回発生し、インストールするタイミングはユーザーが制御できます。 データ量は多くなりますが、頻度は高くありません。

従量制課金接続をお使いの場合、Windows の更新プログラムの一部は自動的にインストールされません。 Windows での従量制課金接続

コンピューターの速度が遅くなる原因は多数考えられますが、Windows 10 の最新バージョンに更新するとパフォーマンスが向上する可能性があります。 コンピューターの速度が低下した場合のヘルプについては、「Windows で PC のパフォーマンスを向上させるためのヒント」をご覧ください。

アップグレード後にファイルを見つけるのに問題が生じている場合は、「Windows 10 または 11 へのアップグレード後に失われたファイルを検索する方法」で他の解決方法をご覧ください。

高度な手順

警告: Microsoft では、コマンド ラインでの作業に慣れている場合にのみこのセクションの手順を試すことをお勧めします。 これらの手順には、デバイスでの管理者アクセス許可が必要です。 

  1. タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、オプションの一覧から [管理者として実行] を選択します。 [はい] を選択します。 次に、表示されるウィンドウで、次のコマンドを 1 つずつ入力します。これには、スペースも含まれます。 1 つのコマンドを入力するたびに Enter キー を押します。 各コマンドは次のコマンドを入力する前に完了させます。

    net stop bits

    net stop wuauserv

    ren %systemroot%\softwaredistribution softwaredistribution.bak

    ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak

    net start bits

    net start wuauserv

  2. これらのコマンドがすべて完了したら、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じて、コンピューターを再起動します。

場合によっては、最新バージョンの Windows 10 に更新しようとした際に、サード パーティのウイルス対策ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアによってエラーが発生することがあります。 このようなソフトウェアは一時的にアンインストールし、PC を更新してデバイスを最新の状態にしてから、ソフトウェアを再インストールできます。 サード パーティのウイルス対策ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアは、最新バージョンの Windows 10 と互換性のあるものを使うことをお勧めします。 互換性の情報は、ソフトウェアの製造元の Web サイトにアクセスすると確認できます。

注: ソフトウェアをアンインストールする前に、プログラムの再インストール方法を理解していること、必要なプロダクト キーがすべて手元にあることを確認してください。

タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、オプションの一覧から [管理者として実行] を選択します。 [はい] を選択します。  表示されるウィンドウで、次のコマンドを入力します。これには、スペースも含まれます:
chkdsk/f C:
次に、Enter キー を押します。 ハード ドライブの修復が自動的に開始され、デバイスを再起動するように求められます。

クリーン ブートでは、最小セットのドライバーとスタートアップ プログラムで Windows が起動されます。 これにより、PC の更新の問題の原因となっているプログラムと更新プログラムをインストールするときに発生するソフトウェアの競合を解消できます。
クリーン ブートを行う方法についてはこちらをご覧ください

  1. タスク バーの検索ボックスに「コマンド プロンプト」と入力し、オプションの一覧から [管理者として実行] を選択します。

  2. 表示されるウィンドウで、次のコマンドを入力します。これには、スペースも含まれます:
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

  3. Enter キー を押します。 コマンド操作が正常に実行されると、コマンド プロンプトから、“復元操作が正常に完了しました” または “操作が正常に完了しました” という確認メッセージが表示されます。  
    注:確認メッセージが表示されない場合は、コマンドをもう一度入力して、もう一度試してください。

  4. 次のコマンドを入力します。これには、スペースも含まれます:
    sfc /scannow

  5. Enter キー を押します。 sfc スキャンの検証が 100% 完了するまで待ってから、コマンド プロンプトを閉じます。

  6. Windows Update をもう一度実行してみます。

コマンド プロンプト:DISM/Onlin /Cleanup-Image/RestoreHealth

Windows イメージを修復する方法についてはこちらをご覧ください

ソフトウェア ダウンロード ページ にアクセスし、[今すぐツールをダウンロード] を選択して、クリーン インストール ツールをダウンロードします。 ツールを使う前に、ソフトウェア ダウンロード ページに記載されている注意事項をよくお読みください。

それでも解決しない場合

Windows の更新プログラムの問題が解決しない場合は、Microsoft サポート にお問い合わせください。 

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×