PC の空き領域が少ないと、重要な Windows 更新プログラムをインストールできない場合や、PC のパフォーマンスが低下する場合があります。 ここでは、PC を最新の状態に保ってスムーズに実行できるように、空き領域を増やすいくつかの方法について説明します。 推奨事項は順番に記載されています。最初の項目から始めて役に立ったかどうかを確認し、役に立っていない場合は次の項目に進んでください。

Windows 11 デバイスに残っている合計ディスク領域を確認するには、タスク バーからエクスプローラー を起動し、左側で[PC] を選択します。 [デバイスとドライブ] に、ドライブの使用可能な空き領域が表示されます。

注: 以下の手順を実行してもディスク領域が不足していて Windows の更新に引き続き問題が発生する場合は、Windows のリセットまたは再インストールが役立つ可能性があります。 詳しくは、「Windows を再インストールする」をご覧ください。

ディスク クリーンアップを使ってデバイスの空き領域を増やしてもディスク領域不足エラーが表示される場合は、Microsoft Store で使われるアプリケーション (.appx) ファイルで、Temp フォルダーがすぐにいっぱいになっている可能性があります。 詳しくは、「Temp フォルダーがいっぱいでディスク容量不足エラーが発生する」をご覧ください。

ストレージ センサーは、Windows が一時ファイルやごみ箱内の項目など不要なアイテムを削除して、自動的にドライブの空き領域を増やすことができます。 詳細については、「ストレージ センサーでドライブの領域を管理する」を参照してください。

システムにストレージ センサーがない場合は、ディスク クリーンアップ ツールを使って一時ファイルやシステム ファイルをデバイスから削除できます。

  1. タスク バーの検索ボックスに「ディスク クリーンアップ」と入力し、結果の一覧から選びます。

  2. 削除するファイルの種類の横にあるチェック ボックスをオンにします。 (ファイルの各種類の説明を表示するには、名前を選択します。) 既定では、[ダウンロードされたプログラム ファイル][インターネット一時ファイル][サムネイル] が選択されています。 これらのファイルを削除しない場合は、必ずチェック ボックスをオフにしてください。

  3. さらに空き領域を増やすには、[システム ファイルのクリーン アップ] を選び、削除するシステム ファイルの種類を選択します。 ディスク クリーンアップにより、解放できる領域の量が計算されます (この作業にはしばらく時間がかかります)。

    注: Windows 10 にアップグレードしてから 10 日未満の場合、削除可能なシステム ファイルとして以前のバージョンの Windows が一覧表示されます。 ドライブの空き領域を増やす必要がある場合は削除できますが、この操作では Windows.old フォルダーが削除されることに注意してください。このフォルダーには、以前のバージョンの Windows に戻すというオプションを提供するためのファイルが含まれています。 以前のバージョンの Windows を削除した場合、元に戻すことはできません (Windows の以前のバージョンに戻ることはできません。)

  4. 削除するファイルの種類を選んだら、[OK] を選び、確認ウィンドウで [ファイルの削除] を選んでクリーンアップを開始します。

重要: 

  • [ディスク クリーンアップ] には [Compress your OS drive] (OS ドライブを圧縮する) というオプションがあります。 このオプションを選択すると、Windows がインストールされているドライブが圧縮され、重要な更新プログラムをインストールするための空き領域を確保しやすくなります。 この操作では、このドライブのコンテンツは削除されません。また、圧縮されたドライブでファイルを開く操作や保存する操作は通常、問題なく行うことができます。 

  • 更新プログラムをインストールした後、OS ドライブの圧縮はいつでも手動で解除できます。 これを行うには、タスク バーで [エクスプローラー] を選択し、左側のウィンドウで [PC] を選びます。 OS ドライブ (通常はディスク C) を選択し、右クリックするかタップで長押しして、ショートカット メニューの [プロパティ] を選択します。 [このドライブを圧縮してディスク領域を空ける] チェック ボックスをオフにして、[適用][OK] の順に選択します。 

Windows 11 から、最新の Windows 11 機能更新プログラムを取得するための領域が不足しているというメッセージが表示される場合があります。 この場合、外部記憶装置を使って更新を完了することができます。

詳細については「Windows 更新プログラムのための空き領域を増やす」を参照してください。 

注: デバイスに標準 USB ポートがない場合は、micro USB アダプターが必要になることがあります。 

ビデオ、音楽、写真、ドキュメントなどの個人用ファイルは、デバイス上の多くの領域を消費することがあります。 多くの領域を消費しているファイルを確認するには、次の操作を行います。

  1. タスク バーから [エクスプローラー] を選択し、移動するファイルを探します。

  2. 左側にあるメニューの [PC] の下からフォルダーを選択し、そこに保存されているファイルを確認します。 [ビデオ][ミュージック][ピクチャ][ダウンロード] の各フォルダーには通常、デバイスに保存されている最も大きいファイルが存在します。

  3. フォルダー内のファイルのサイズを確認するには、[表示][詳細] の順に選択します。空いている場所を右クリックし、[並べ替え][サイズ] の順に選択して、最も大きいファイルを一覧の最上部に表示します。

  4. 不要になったファイルがデバイスにある場合、それらを削除するか、USB ドライブや SD カードなどの外部記憶装置に移動できます。

注: ファイルを削除したら、必ずごみ箱を空にして、デバイスからそのファイルを完全に削除して領域を解放してください。


使用頻度は少なくても残しておきたい写真、音楽、ビデオなどのファイルを移動するには、USB ドライブや SD カードなどの外部記憶装置への保存を検討してください。 移動したファイルは、ドライブが接続されていれば利用できるだけでなく、PC の領域を占有することはありません。

  1. USB ドライブや SD カードなどの外部記憶装置を PC に接続します。

  2. タスク バーから [エクスプローラー] を選択し、移動するファイルがあるフォルダーに移動します。

  3. ファイルを選択し、リボンの [切り取り] を選択します。 接続した外部記憶装置の場所に移動し、[貼り付け]を選択します。

新しいファイルを別のドライブに保存すると、そのドライブで今後領域不足の問題が生じるのを防止できるため、ファイルを別のドライブに繰り返し移動する必要はありません。 新しいファイルをすべて既定のドライブに保存する代わりに、その一部を空き領域の多い別のドライブに保存できます。

  1. [スタート] > [設定] > [システム] > [ストレージ]> [記憶域の詳細設定] > [新しいコンテンツが保存される場所] の順に選択します。
    ストレージの設定を開く

  2. コンテンツの種類ごとに、ドロップダウン メニューからドライブを選択します。 使用するドライブが一覧にない場合には、そのドライブが PC に接続されていることを確認してください。


OneDrive ファイル オンデマンドをオンにすると、領域を節約できます。OneDrive ファイル オンデマンドでは、クラウドの OneDrive アカウントに保存されるフルサイズ ファイルの代わりに、小さな プレースホルダー ファイルがハード ドライブに保存されます。 フルサイズ ファイルすべてをダウンロードしてハード ドライブの領域を消費する必要がなく、PC から OneDrive のファイルにアクセスできます。 詳しくは、「OneDrive ファイル オンデマンドについて」をご覧ください。

ウイルスまたはその他のマルウェアはシステム ファイルを破損させ、それによりハード ドライブ領域を著しく消費させることがあります。 お使いの PC がマルウェアに感染していると思われる場合は、Windows Defender などのウイルス対策プログラムを使用して、ウイルス スキャンとクリーンアップを実行してください。 問題が解決しない場合は、PC を初期状態に戻す操作が必要になる場合があります。

この手順に従った後、デバイスの空き領域をさらに増やす必要がある場合は、Microsoft サポートにお問い合わせのうえ、サポート エージェントとのチャットをご利用いただけます。 ドライブの空き容量を増やす操作によって、解決を要する特定のエラー コードが発生した場合にも、このチャットのご利用をお勧めします。

以下の質問は、特にディスク領域不足と Windows Update に関するものです。 Windows Update の詳細については、こちらをご覧ください

更新プログラムをインストールするのに十分な空き領域がない場合は、更新プログラムをインストールするために空き領域がさらに必要であることを示すポップアップ通知が表示されます。 

問題の修正 を選択すると、追加のスペースがどれだけ必要かについて通知されます。 また、外部ストレージ デバイスを使用できるため、システム ドライブのスペースをそれほど解放する必要がないことも通知されます。 Windows 更新プログラムをインストールするためのスペースを解放する方法については、こちらを参照してください。 

Windows の更新に必要な空き容量が不足していますというメッセージ

デバイスが更新を完了するために必要な合計空きディスク領域は、場合によって異なります。 通常、機能更新プログラムは 6 GB - 11 GB以上の空き領域を必要とします。また、品質更新プログラムは 2 GB - 3 GB 以上必要とします。 機能更新プログラムと品質更新プログラムの違いについては、こちらを参照してください。 

ディスク領域は、更新プログラムのダウンロード、現在インストールされている言語やオプション機能の新しいバージョンのダウンロード、更新プログラムの適用を行うために必要になります。 更新プログラムの削除をサポートするために、一時的に (通常 10 日間) 追加の空き領域が必要になります。 この領域は、更新プログラムが完了した後に再利用できます。 これを行うには、[スタート] > [設定] > [システム] > [ストレージ] > [クリーンアップの推奨事項]の順に選択します。
ストレージの設定を開く 

更新プログラムはダウンロード サイズを減らすために圧縮されます。

注: 予約済み記憶域のあるデバイスの場合、更新プログラムはまず予約済み記憶域の領域を使用してから、他のディスク領域を使用します。 詳しくは、「Windows での予約済み記憶域のしくみ」をご覧ください。

機能更新プログラムを完了するために必要な領域は、2 つの要因、つまり使用される更新パスと、機能更新プログラムのインストール時に PC に適用されるオプションのコンテンツとその他の更新プログラムのサイズによって異なります。

注: 予約済み記憶域のあるデバイスの場合、更新プログラムはまず予約済み記憶域の領域を使用してから、他のディスク領域を使用します。 詳しくは、「Windows での予約済み記憶域のしくみ」をご覧ください。

Windows では、現在利用可能なディスク領域の容量に応じて、3 つの異なる機能更新パスが使用されます。

1.空きディスク領域が十分にある PC の場合

Windows では、PC の使用中に、バックグラウンドでより多くの更新プロセスが自動的に実行されます。 これにより、更新中に PC がオフラインになる (または使用できない) 時間を大幅に短縮できますが、更新を完了するために、一時的に多くのディスク領域を使用する可能性があります。 更新中のオフライン時間を削減するための取り組みの詳細をご覧ください (現時点では英語のみ)。

2.空き領域が限られているが自動的に更新を完了できるだけの領域がある PC の場合

Windows は、更新プログラムのインストールに必要な空きディスク領域の容量を削減するために最適化を自動的に行います。 これにより、オフラインでのインストール時間が長くなります。

3.自動的に更新プログラムをインストールするのに十分な領域がない PC の場合

ディスク領域を増やすか、または外部記憶域を使用して、PC の空き領域を一時的に拡張するように求めるメッセージを Windows が表示します。 外部記憶装置を使用する場合、Windows は、外部記憶域を一時的に使用するので、システム ドライブの空き領域をそれほど必要としません。

これらの更新パスで、必要な空きディスク領域の合計容量は、インストールされたオプションのコンテンツと、お使いの PC に適用されるその他の更新プログラムによって異なります。 以下はその例です:

  • オプション機能。 Windows で使用できる多くのオプション機能は、システムによってオンデマンドで、または手動でプレインストールまたは取得されます。 PC にインストールされているオプション機能を確認するには、[設定] > [アプリ] > Op[オプション機能] に移動します。
    オプション機能の設定を開く
    これらの機能のサイズは、Windows Mixed Reality ポータルで 1 MB 未満からほぼ 2 GB の範囲にわたります。 使用していないオプション機能をアンインストールすることで、PC に機能更新プログラムをインストールするために必要な領域を減らすことができます。

  • インストールされている言語。 Windows は、多くの言語にローカライズされます。 多くのユーザーは一度に 1 つの言語のみを使用しますが、一部のユーザーは 2 つ以上の言語を切り替えます。 PC にインストールされている言語を確認するには、[スタート] > [設定] > [時刻と言語] > [言語と地域] の順に選択します。
    [言語] の設定を開く
    それぞれの更新時に、すべての言語リソース、および関連付けられた入力、音声合成、音声テキスト変換、手書き認識のリソースを更新する必要があります。 各言語のコンテンツは、約 175 MB から 300 MB 以上の範囲にわたります。 使用していない言語をアンインストールすると、PC で機能更新プログラムをインストールするために必要な領域を減らすことができます。

  • ドライバー更新プログラム。 OEM およびその他のハードウェアパートナーは、新しいグラフィックス、ネットワーク、オーディオ、およびその他のドライバーを、新しい OS 更新と共に公開することがあります。 これらのドライバーのサイズは、PC や更新されたドライバーによって大幅に異なる場合があります。

  • OS 品質更新プログラム。 ユーザーが PC を使い始めるときに完全に最新の状態になるように、機能更新では、Windows によって最新の品質更新プログラムの自動ダウンロードおよびインストールが試行されます。 機能更新プログラムがリリースされた直後は、その機能更新プログラムの品質更新プログラムのサイズがわずか数百 MB の場合もありますが、品質とセキュリティの変更が次々に実装されると、品質更新プログラムのサイズが 1 GB 以上に増える可能性があります。 PC のディスク領域が不足している場合は、機能更新プログラムの完了後に品質更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。

最後に、Windows Update は、hiberfile.sys、pagefile.sys、およびその他のシステム ファイルによって一般的に消費される領域を機能更新プログラムの適用に使用できるよう、これらのファイルを一時的に無効にします。 更新プログラムを適用するために無効になったファイルは、更新プログラムが完了すると自動的に再び有効になります。 これらのファイルのサイズは、PC の使用方法と PC 上の RAM の容量によって異なるため、2 つの異なる PC の OS イメージがまったく同じであっても、更新を完了するために必要な空きディスク領域は異なる可能性があります。

更新パスと機能の両方が関わるため、更新を完了するために必要な空きディスク領域に大きな違いが生じます。 Windows 10 バージョン 1803 に更新する PC の例をいくつか示します。  

オフライン時間の短縮のために最適化

最小限のディスク領域のために最適化

外部記憶域による最小限のディスク領域のために最適化

最小限のオプション機能、言語、および更新プログラム

20 GB

5.5 GB 以上

4.5 GB 以上

多くのオプション機能、言語、および更新プログラム

20 GB 以上

13.75 GB 以上

7 GB 以上

Windows 11 デバイスに残っている合計ディスク領域を確認するには、タスク バーから エクスプローラー を起動し、左側で [PC] を選択します。 [デバイスとドライブ] に、ドライブの使用可能な空き領域が表示されます。

C ドライブ内の使用可能な領域を示すエクスプローラーの画像。

次の場合には、外部記憶装置の使用が最も適しています。

  • インターネットへのアクセスを使用できない場合。

  • 大きなファイルまたは多数のファイルを保存する必要がある場合。 このような場合は一般的にファイルのアップロード時間が長くなり、ファイルを保存するためのコストも高くなる可能性があります。

Windows Update は自動的に対象デバイスへ更新プログラムを提供します。 デバイスが最新であることを再度確認するには、[スタート]  >[設定] >[Windows Update]の順に選択し、[更新プログラムを確認する]を選択します。
更新プログラムをチェックする

Windows Update の詳細については、こちらをご覧ください

一般的に、ローカル ストレージとディスク領域のニーズは時間の経過と共に変化する場合があるので、容量の大きいデバイスを選択することをお勧めします。 それほど多くの写真、ビデオ、またはその他のファイルおよびアプリをデバイスに保存しないことがわかっている場合、32 GB デバイスが適切です。 たとえば、1 つの小さなアプリを実行するためにのみ使用したり、ローカル ハード ドライブにダウンロードすることのないオンライン コンテンツにのみ使用するデバイスがこれに該当します。

デバイスで使用するストレージ ハードウェアを検討する場合は、ハードウェアの記憶容量だけを考えればよいのではありません。 多くの場合、サイズよりも記憶域の速度が重要です。 低速のストレージ ハードウェアを持つデバイス ("HDD" というラベルの付いたものなど) は、一般的に、高速のストレージ ハードウェアを使用するデバイス ("SSD" または "eMMC" というラベルの付いたもの) よりも使用速度が大幅に遅くなります。

デバイスを更新するためにハード ドライブからすべてを削除する必要はありませんが、更新を完了するために十分な領域を確保する必要があります。

関連トピック

PC の空き領域が少ないと、重要な Windows 更新プログラムをインストールできない場合や、PC のパフォーマンスが低下する場合があります。 ここでは、PC を最新の状態に保ってスムーズに実行できるように、空き領域を増やすいくつかの方法について説明します。 推奨事項は順番に記載されています。最初の項目から始めて役に立ったかどうかを確認し、役に立っていない場合は次の項目に進んでください。

Windows 10 デバイスに残っている合計ディスク領域を確認するには、タスク バーからエクスプローラー  を起動し、左側で [PC] を選択します。 [デバイスとドライブ] に、ドライブの使用可能な空き領域が表示されます。

注: 以下の手順を実行してもディスク領域が不足していて Windows の更新に引き続き問題が発生する場合は、Windows のリセットまたは再インストールが役立つ可能性があります。 詳しくは、「Windows を再インストールする」をご覧ください。

ディスク クリーンアップを使ってデバイスの空き領域を増やしてもディスク領域不足エラーが表示される場合は、Microsoft Store で使われるアプリケーション (.appx) ファイルで、Temp フォルダーがすぐにいっぱいになっている可能性があります。 詳しくは、「Temp フォルダーがいっぱいでディスク容量不足エラーが発生する」をご覧ください。

ストレージ センサーは、Windows が一時ファイルやごみ箱内の項目など不要なアイテムを削除して、自動的にドライブの空き領域を増やすことができます。 詳細については、「ストレージ センサーでドライブの領域を管理する」を参照してください。

システムにストレージ センサーがない場合は、ディスク クリーンアップ ツールを使って一時ファイルやシステム ファイルをデバイスから削除できます。

  1. タスク バーの検索ボックスに「ディスク クリーンアップ」と入力し、結果の一覧から選びます。

  2. 削除するファイルの種類の横にあるチェック ボックスをオンにします。 (ファイルの各種類の説明を表示するには、名前を選択します。) 既定では、[ダウンロードされたプログラム ファイル][インターネット一時ファイル][サムネイル] が選択されています。 これらのファイルを削除しない場合は、必ずチェック ボックスをオフにしてください。

  3. さらに空き領域を増やすには、[システム ファイルのクリーン アップ] を選び、削除するシステム ファイルの種類を選択します。 ディスク クリーンアップにより、解放できる領域の量が計算されます (この作業にはしばらく時間がかかります)。

    注: Windows 10 にアップグレードしてから 10 日未満の場合、削除可能なシステム ファイルとして以前のバージョンの Windows が一覧表示されます。 ドライブの空き領域を増やす必要がある場合は削除できますが、この操作では Windows.old フォルダーが削除されることに注意してください。このフォルダーには、以前のバージョンの Windows に戻すというオプションを提供するためのファイルが含まれています。 以前のバージョンの Windows を削除した場合、元に戻すことはできません (Windows の以前のバージョンに戻ることはできません。)

  4. 削除するファイルの種類を選んだら、[OK] を選び、確認ウィンドウで [ファイルの削除] を選んでクリーンアップを開始します。

重要: 

  • [ディスク クリーンアップ] には [Compress your OS drive] (OS ドライブを圧縮する) というオプションがあります。 このオプションを選択すると、Windows がインストールされているドライブが圧縮され、重要な更新プログラムをインストールするための空き領域を確保しやすくなります。 この操作では、このドライブのコンテンツは削除されません。また、圧縮されたドライブでファイルを開く操作や保存する操作は通常、問題なく行うことができます。 

  • 更新プログラムをインストールした後、OS ドライブの圧縮はいつでも手動で解除できます。 これを行うには、タスク バーで [エクスプローラー] を選択し、左側のウィンドウで [PC] を選びます。 OS ドライブ (通常はディスク C) を選択し、右クリックするかタップで長押しして、ショートカット メニューの [プロパティ] を選択します。 [このドライブを圧縮してディスク領域を空ける] チェック ボックスをオフにして、[適用][OK] の順に選択します。 

Windows 10 から、最新の Windows 10 機能更新プログラムを取得するための領域が不足しているというメッセージが表示される場合があります。 この場合、外部記憶装置を使って更新を完了することができます。

詳細については「Windows 更新プログラムのための空き領域を増やす」を参照してください。 

注: デバイスに標準 USB ポートがない場合は、micro USB アダプターが必要になることがあります。 

ビデオ、音楽、写真、ドキュメントなどの個人用ファイルは、デバイス上の多くの領域を消費することがあります。 多くの領域を消費しているファイルを確認するには、次の操作を行います。

  1. タスク バーから [エクスプローラー] を選択し、移動するファイルを探します。

  2. 左側にあるメニューの [PC] の下からフォルダーを選択し、そこに保存されているファイルを確認します。 [ビデオ][ミュージック][ピクチャ][ダウンロード] の各フォルダーには通常、デバイスに保存されている最も大きいファイルが存在します。

  3. フォルダー内のファイルのサイズを確認するには、[表示][詳細] の順に選択します。空いている場所を右クリックし、[並べ替え][サイズ] の順に選択して、最も大きいファイルを一覧の最上部に表示します。

  4. 不要になったファイルがデバイスにある場合、それらを削除するか、USB ドライブや SD カードなどの外部記憶装置に移動できます。

注: ファイルを削除したら、必ずごみ箱を空にして、デバイスからそのファイルを完全に削除して領域を解放してください。


使用頻度は少なくても残しておきたい写真、音楽、ビデオなどのファイルを移動するには、USB ドライブや SD カードなどの外部記憶装置への保存を検討してください。 移動したファイルは、ドライブが接続されていれば利用できるだけでなく、PC の領域を占有することはありません。

  1. USB ドライブや SD カードなどの外部記憶装置を PC に接続します。

  2. タスク バーから [エクスプローラー] を選択し、移動するファイルがあるフォルダーに移動します。

  3. ファイルを選択し、[ホーム] タブを選択して、[移動先][場所の選択] の順に選択します。

  4. 場所の一覧で接続した外部記憶装置を選び、[移動] を選びます。

新しいファイルを別のドライブに保存すると、そのドライブで今後領域不足の問題が生じるのを防止できるため、ファイルを別のドライブに繰り返し移動する必要はありません。 新しいファイルをすべて既定のドライブに保存する代わりに、その一部を空き領域の多い別のドライブに保存できます。

  1. [スタート] [設定][システム][ストレージ] の順に選択します。
    ストレージの設定を開く

  2. [その他のストレージ設定] の下の [新しいコンテンツの保存先を変更する] を選びます。

  3. コンテンツの種類ごとに、ドロップダウン メニューからドライブを選択します。 使用するドライブが一覧にない場合には、そのドライブが PC に接続されていることを確認してください。

注: OneDrive ファイル オンデマンドには、Windows 10 Version 1709 以降および OneDrive クライアント バージョン 17.3.7064.1005 以降が必要です。 実行中の Windows のバージョンを確認するには、[スタート][設定][システム][バージョン情報] の順に選択します。 インストールされている OneDrive クライアントのバージョンを確認するには、「使用している OneDrive のバージョンを確認する方法」をご覧ください。  
[バージョン情報] 設定を開く 


OneDrive ファイル オンデマンドをオンにすると、領域を節約できます。OneDrive ファイル オンデマンドでは、クラウドの OneDrive アカウントに保存されるフルサイズ ファイルの代わりに、小さな プレースホルダー ファイルがハード ドライブに保存されます。 フルサイズ ファイルすべてをダウンロードしてハード ドライブの領域を消費する必要がなく、PC から OneDrive のファイルにアクセスできます。 詳しくは、「OneDrive ファイル オンデマンドについて」をご覧ください。

ウイルスまたはその他のマルウェアはシステム ファイルを破損させ、それによりハード ドライブ領域を著しく消費させることがあります。 お使いの PC がマルウェアに感染していると思われる場合は、Windows Defender などのウイルス対策プログラムを使用して、ウイルス スキャンとクリーンアップを実行してください。 問題が解決しない場合は、PC を初期状態に戻す操作が必要になる場合があります。

この手順に従った後、デバイスの空き領域をさらに増やす必要がある場合は、Microsoft サポートにお問い合わせのうえ、サポート エージェントとのチャットをご利用いただけます。 ドライブの空き容量を増やす操作によって、解決を要する特定のエラー コードが発生した場合にも、このチャットのご利用をお勧めします。

以下の質問は、特にディスク領域不足と Windows Update に関するものです。 Windows Update の詳細については、こちらをご覧ください

更新プログラムをインストールするのに十分な空き領域がない場合は、更新プログラムをインストールするために空き領域がさらに必要であることを示すポップアップ通知が表示されます。 

問題の修正 を選択すると、追加のスペースがどれだけ必要かについて通知されます。 また、外部ストレージ デバイスを使用できるため、システム ドライブのスペースをそれほど解放する必要がないことも通知されます。 Windows 更新プログラムをインストールするためのスペースを解放する方法については、こちらを参照してください。 

Windows の更新に必要な空き容量が不足していますというメッセージ

デバイスが更新を完了するために必要な合計空きディスク領域は、場合によって異なります。 通常、機能更新プログラムは 6 GB - 11 GB以上の空き領域を必要とします。また、品質更新プログラムは 2 GB - 3 GB 以上必要とします。 機能更新プログラムと品質更新プログラムの違いについては、こちらを参照してください。 

ディスク領域は、更新プログラムのダウンロード、現在インストールされている言語やオプション機能の新しいバージョンのダウンロード、更新プログラムの適用を行うために必要になります。 更新プログラムの削除をサポートするために、一時的に (通常 10 日間) 追加の空き領域が必要になります。 この領域は、更新プログラムが完了した後に再利用できます。 これを行うには、[スタート][設定][システム][ストレージ][今すぐ空き領域を増やす] を選択します。
ストレージの設定を開く 

更新プログラムはダウンロード サイズを減らすために圧縮されます。

注: 予約済み記憶域のあるデバイスの場合、更新プログラムはまず予約済み記憶域の領域を使用してから、他のディスク領域を使用します。 詳しくは、「Windows での予約済み記憶域のしくみ」をご覧ください。

機能更新プログラムを完了するために必要な領域は、2 つの要因、つまり使用される更新パスと、機能更新プログラムのインストール時に PC に適用されるオプションのコンテンツとその他の更新プログラムのサイズによって異なります。

注: 予約済み記憶域のあるデバイスの場合、更新プログラムはまず予約済み記憶域の領域を使用してから、他のディスク領域を使用します。 詳しくは、「Windows での予約済み記憶域のしくみ」をご覧ください。

Windows では、現在利用可能なディスク領域の容量に応じて、3 つの異なる機能更新パスが使用されます。

1.空きディスク領域が十分にある PC の場合

Windows では、PC の使用中に、バックグラウンドでより多くの更新プロセスが自動的に実行されます。 これにより、更新中に PC がオフラインになる (または使用できない) 時間を大幅に短縮できますが、更新を完了するために、一時的に多くのディスク領域を使用する可能性があります。 更新中のオフライン時間を削減するための取り組みの詳細をご覧ください (現時点では英語のみ)。

2.空き領域が限られているが自動的に更新を完了できるだけの領域がある PC の場合

Windows は、更新プログラムのインストールに必要な空きディスク領域の容量を削減するために最適化を自動的に行います。 これにより、オフラインでのインストール時間が長くなります。

3.自動的に更新プログラムをインストールするのに十分な領域がない PC の場合

ディスク領域を増やすか、または外部記憶域を使用して、PC の空き領域を一時的に拡張するように求めるメッセージを Windows が表示します。 外部記憶装置を使用する場合、Windows は、外部記憶域を一時的に使用するので、システム ドライブの空き領域をそれほど必要としません。

これらの更新パスで、必要な空きディスク領域の合計容量は、インストールされたオプションのコンテンツと、お使いの PC に適用されるその他の更新プログラムによって異なります。 以下はその例です:

  • オプション機能。 Windows で使用できる多くのオプション機能は、システムによってオンデマンドで、または手動でプレインストールまたは取得されます。 PC にインストールされているオプション機能を確認するには、[設定][アプリ][アプリと機能][オプション機能を管理する] に移動します。
    オプション機能の設定を開く
    これらの機能のサイズは、Windows Mixed Reality ポータルで 1 MB 未満からほぼ 2 GB の範囲にわたります。 使用していないオプション機能をアンインストールすることで、PC に機能更新プログラムをインストールするために必要な領域を減らすことができます。

  • インストールされている言語。 Windows は、多くの言語にローカライズされます。 多くのユーザーは一度に 1 つの言語のみを使用しますが、一部のユーザーは 2 つ以上の言語を切り替えます。 PC にインストールされている言語を確認するには、[スタート][設定][時刻と言語][言語] の順に選択します。
    [言語] の設定を開く
    それぞれの更新時に、すべての言語リソース、および関連付けられた入力、音声合成、音声テキスト変換、手書き認識のリソースを更新する必要があります。 各言語のコンテンツは、約 175 MB から 300 MB 以上の範囲にわたります。 使用していない言語をアンインストールすると、PC で機能更新プログラムをインストールするために必要な領域を減らすことができます。

  • ドライバー更新プログラム。 OEM およびその他のハードウェアパートナーは、新しいグラフィックス、ネットワーク、オーディオ、およびその他のドライバーを、新しい OS 更新と共に公開することがあります。 これらのドライバーのサイズは、PC や更新されたドライバーによって大幅に異なる場合があります。

  • OS 品質更新プログラム。 ユーザーが PC を使い始めるときに完全に最新の状態になるように、機能更新では、Windows によって最新の品質更新プログラムの自動ダウンロードおよびインストールが試行されます。 機能更新プログラムがリリースされた直後は、その機能更新プログラムの品質更新プログラムのサイズがわずか数百 MB の場合もありますが、品質とセキュリティの変更が次々に実装されると、品質更新プログラムのサイズが 1 GB 以上に増える可能性があります。 PC のディスク領域が不足している場合は、機能更新プログラムの完了後に品質更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。

最後に、Windows Update は、hiberfile.sys、pagefile.sys、およびその他のシステム ファイルによって一般的に消費される領域を機能更新プログラムの適用に使用できるよう、これらのファイルを一時的に無効にします。 更新プログラムを適用するために無効になったファイルは、更新プログラムが完了すると自動的に再び有効になります。 これらのファイルのサイズは、PC の使用方法と PC 上の RAM の容量によって異なるため、2 つの異なる PC の OS イメージがまったく同じであっても、更新を完了するために必要な空きディスク領域は異なる可能性があります。

更新パスと機能の両方が関わるため、更新を完了するために必要な空きディスク領域に大きな違いが生じます。 Windows バージョン 1803 に更新する PC の例をいくつか示します。  

オフライン時間の短縮のために最適化

最小限のディスク領域のために最適化

外部記憶域による最小限のディスク領域のために最適化

最小限のオプション機能、言語、および更新プログラム

20 GB

5.5 GB 以上

4.5 GB 以上

多くのオプション機能、言語、および更新プログラム

20 GB 以上

13.75 GB 以上

7 GB 以上

Windows 10 デバイスに残っている合計ディスク領域を確認するには、タスク バーからエクスプローラー  を起動し、左側で [PC] を選択します。 [デバイスとドライブ] に、ドライブの使用可能な空き領域が表示されます。

C ドライブ内の使用可能な領域を示すエクスプローラーの画像。

次の場合には、外部記憶装置の使用が最も適しています。

  • インターネットへのアクセスを使用できない場合。

  • 大きなファイルまたは多数のファイルを保存する必要がある場合。 このような場合は一般的にファイルのアップロード時間が長くなり、ファイルを保存するためのコストも高くなる可能性があります。

Windows Update は自動的に対象デバイスへ更新プログラムを提供します。 デバイスが最新であることを再度確認するには、[スタート][設定][更新とセキュリティ][Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムを確認する] を選択します。
更新プログラムをチェックする

Windows Update の詳細については、こちらをご覧ください

一般的に、ローカル ストレージとディスク領域のニーズは時間の経過と共に変化する場合があるので、容量の大きいデバイスを選択することをお勧めします。 それほど多くの写真、ビデオ、またはその他のファイルおよびアプリをデバイスに保存しないことがわかっている場合、32 GB デバイスが適切です。 たとえば、1 つの小さなアプリを実行するためにのみ使用したり、ローカル ハード ドライブにダウンロードすることのないオンライン コンテンツにのみ使用するデバイスがこれに該当します。

デバイスで使用するストレージ ハードウェアを検討する場合は、ハードウェアの記憶容量だけを考えればよいのではありません。 多くの場合、サイズよりも記憶域の速度が重要です。 低速のストレージ ハードウェアを持つデバイス ("HDD" というラベルの付いたものなど) は、一般的に、高速のストレージ ハードウェアを使用するデバイス ("SSD" または "eMMC" というラベルの付いたもの) よりも使用速度が大幅に遅くなります。

デバイスを更新するためにハード ドライブからすべてを削除する必要はありませんが、更新を完了するために十分な領域を確保する必要があります。

関連トピック

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×