バックグラウンド プログラムがゲームやプログラムに干渉しているかどうかを確認するには、クリーン ブートを実行します。

概要

この資料では、バック グラウンド プログラムが、ゲームまたはプログラムに干渉しているかどうかを判断できるように、ドライバーおよびスタートアップ プログラムの最小セットを使用してコンピューターを起動する方法について説明します。この種類のスタートアップは、「クリーン ブート」と呼ばれます。O に使用できる情報も掲載アプリケーションまたはサービスの競合のトラブルシューティングを行います。

Windows の起動時に自動的に、通常のスタートアップでは、いくつかのアプリケーションおよびサービスの開始を使用し、バック グラウンドでします。 これらのプログラムには、基本的なシステム プロセス、ウイルス対策ソフトウェア、システム ユーティリティのアプリケーション、およびその他の既にインストールされているソフトウェアが含まれます。 インストールまたはマイクロソフト フライト シミュレータ X または道路 & トリップ 2010年などのプログラムを実行するとき、これらのアプリケーションやサービスによって干渉することがあります。

この資料は、初級から中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

この手順を実行する前に、この資料を印刷しておくと、簡単に作業を行うことができます。

解決策

必要条件

この資料の方法のいずれかを実行する前に、次の要件を確認します。
  • 管理者、またはこの資料で説明したメソッドを実行する管理者グループのメンバーとしてログオンする必要があります。お使いのコンピューターの場合は、ことの多い既に管理者アカウントでログオンします。会社のネットワークに属しているコンピューターの場合、必要に応じてシステム管理者に相談してください。ログインしていること Windows にコンピューターの管理者であるユーザー アカウントを持つことを確認するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • お使いのコンピューターから実行している Windows のバージョンを知る必要があります。を実行している Windows のバージョンを確認するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

クリーン ブートを実行する前に知っておくべきこと

  • クリーン ブートを実行すると、いくつかのサービスは機能を一時的に失う可能性があります。設定を復元する機能が復元されます。ただし、元のエラー メッセージや動作返すことがあります。
  • 対応するコンピューターがネットワークに接続されている場合、ネットワーク ポリシーの設定できない場合がありますクリーンな再起動手順を完了します。クリーン ブートを実行できない場合についてはシステム管理者に連絡する必要があります。

クリーン ブートを実行する方法

手順 1: システム構成ユーティリティを起動します。

[スタート] ボタンStart button 、タイプ
msconfigの [検索の開始ボックスで、し、ENTER キーを押します。

User Account Control permission 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合のパスワードを入力または確認を提供します。

手順 2: スタートアップのオプションのオプションを構成します。

  1. システム構成ユーティリティ] ダイアログ ボックスで次のようにクリックします。
    [全般] タブの起動オプションを選択します。
  2. スタートアップ項目を読み込む] チェック ボックスをオフにする] をクリックします。
    注: 元の Boot.ini を使用する] チェック ボックスをオンには使用できません。
  3. [サービス] タブをクリックします。
  4. 選択する] をクリックします
    マイクロソフトのサービスを全て隠す] チェック ボックス。
  5. [
    すべて無効にする、し、[ OK] をクリックします。
  6. メッセージが表示されたら、[再起動] をクリックします。

手順 3: 問題が解決するかどうかを決定します。

  • コンピューターを起動した後は、影響を受けるゲームまたは問題が解決するかどうかを決定するプログラムを開始してください。
  • 再起動した後に問題が発生しない場合は、バック グラウンド プログラムまたはサービスのため、干渉が発生しています。 この例では、「問題の原因を特定する」セクションを参照してください。
  • クリーン ブートを実行した後、問題が再発した場合、バック グラウンド プログラムまたはサービスによっては、干渉が発生していません。 この例では、この資料では、問題を解決できません。 お使いのコンピューターを元のスタートアップ モードに戻るには、「標準の起動モード Windows を取得するに」を参照してください。 その後、「次の手順」のセクションに移動に役立つその他のリソースのこの問題を解決します。

問題の原因を特定します。

手順 1: システム構成ユーティリティを起動します。

[スタート] ボタンStart button 、タイプ
msconfigの [検索の開始ボックスで、し、ENTER キーを押します。

User Account Control permission 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合のパスワードを入力または確認を提供します。

手順 2: 半分のサービス項目を有効にします。

  1. サービス] タブをクリックし、マイクロソフトのサービスを全て隠す] チェック ボックスを選択する] をクリックします。
  2. サービスの一覧で半分のチェック ボックスをオンにします。
  3. [OK] をクリックします。
  4. メッセージが表示されたら、[再起動] をクリックします。

手順 3: 問題が解決するかどうかを決定します。

  • 問題が解決しない場合、コンピューターを再起動した後、次の手順を実行します。
    1. 繰り返しのステップ 1 とステップ 2 以外のステップ 2 で、最初に選択して [サービス] ボックスの一覧でチェック ボックスの半分をオフにします。
    2. もう一度再起動後も問題が発生する場合は、問題が発生したときに 1 つのサービスが実行されるまでをもう一度クリア、残りのチェック ボックスの半分をクリックします。
    3. 再起動後、問題が発生しない場合は、チェック ボックスの選択を取り消します。このプロセスを繰り返して、この問題が発生したときに実行している 1 つのサービスを分離することができます。
  • コンピューターを再起動した後に問題が発生しない場合は、これらの手順に従います。
    1. 点を除いて、手順 2 で手順 1 と手順 2 を繰り返して、半分のチェック ボックスをオンを選択する] をクリックします。
    2. もう一度再起動後も問題が発生しない場合、は、チェック ボックスをオンの半分をもう一度選択するをクリックします。すべてのチェック ボックスを選択し、問題は発生しませんするまでこの手順を繰り返します。
    3. 再起動後、問題が発生した場合は、最後に選択したチェック ボックスの半分をオフにします。 このプロセスを繰り返して、この問題が発生したときに実行している 1 つのサービスを分離することができます。
問題が発生したときに選択されている 1 つのサービスを分離することができます、そのサービスが、いずれかの問題が発生します。場合はこの方法ですべてのサービスを分離することはできません、スタートアップ項目が問題の原因することがあります。

サービスが問題の原因であると判断した場合は、手順 6 に進みます。サービスが問題の原因でないと判断した場合は、手順 4 に進みます。

手順 4: スタートアップ項目の半分を有効にします。

  1. システム構成ユーティリティを起動します。これを行うには、手順 1 を参照してください。
  2. [スタートアップ] タブをクリックし、スタートアップの一覧で半分のチェック ボックスを選択する] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。
  4. メッセージが表示されたら、[再起動] をクリックします。

手順 5: 問題が解決するかどうかを決定します。

手順 4 を完了すると、 Microsoft のサービスを全て隠す] チェック ボックスをオフにするをクリックします。その後、サービスボックスの一覧の代わりにスタートアップの一覧で現在作業していることを除いては、ステップ 3 で、手順を繰り返します。

手順 6: 問題を解決します。

問題の原因となるスタートアップ項目またはサービスを特定したら、プログラムの製造元に連絡し、問題を解決できるかどうかを判断してください。 システム構成ユーティリティを実行し、問題のある項目のチェック ボックスをオフにする] をクリックします。

標準の起動モードに Windows を取得する方法について

コンピューターがクリーン ブート モードにすると、問題が発生する場合、干渉が原因でないバック グラウンドのプログラムによって。この例では、標準の起動モードにコンピューターを返します。標準の起動モードは、すべてのデバイス ドライバーとサービスを読み込むことによって、通常の方法で Windows を起動します。


サービスを元の設定に戻したい場合、この資料に記載されているトラブルシューティングの手順のいずれかの中に問題がある場合、標準の起動モードに Windows を取得することもできます。

注:
  • 分離し、干渉するプログラムまたはサービスを無効にすると、標準の起動モードに戻して、プログラムまたはサービスができます。また、元のエラー メッセージまたは現象が再発します。
  • 「問題の原因を特定する」セクションの手順を実行している場合に、コンピューターを標準の起動モードに戻す必要はありません。既にを有効にしたすべてのサービスによって、そのセクションの手順を実行するためです。
標準の起動モードに戻るお使いのコンピューターには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンStart button 、[検索の開始] ボックスにします。
  2. タイプ
    msconfig、し、ENTER キーを押します。

    User Account Control permission 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合のパスワードを入力または確認を提供します。
  3. [全般] タブで、[通常スタートアップ - デバイス ドライバーとサービスのすべてを読み込む] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  4. メッセージが表示されたら、[再起動] をクリックします。
この資料の方法で問題が解決しない場合は、「次の手順」のセクションに役立つその他のリソースに移動します。

次のステップ

詳細なヘルプが必要な場合は、他のソリューションを検索するのにはマイクロソフト カスタマー サポート サービスの Web サイトを参照してください。 この Web サイトには、次のサービスが用意されています。
プロパティ

文書番号:331796 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック