Windows セキュリティでのアプリとブラウザーの制御

適用対象: Security

Windows セキュリティの [アプリとブラウザーの制御] では、Windows Defender SmartScreen の設定を行うことができ、危険性のあるアプリ、ファイル、Web サイト、ダウンロードからデバイスを保護するために役立ちます。

 

Windows セキュリティでのアプリとブラウザーの制御

[アプリとブラウザーの制御] ページの [設定] では、次の操作を行うことができます。

  • 認識されないアプリ、ファイル、悪意のあるサイト、ダウンロード、および Web コンテンツをブロックします。
  • 認識されないアプリ、ファイル、悪意のあるサイト、ダウンロード、および Web コンテンツの警告を設定します。
  • ブロックと警告を共にオフにします。

デバイスの Exploit Protection

Exploit Protection は既に実行され、デバイスを保護しています。デバイスは、ほとんどの人に最適な保護が設定されていますが、デバイスと実行するプログラムの設定はいつでもカスタマイズできます。組織のデバイスやプログラムを管理する場合、組織のすべてのデバイスでカスタマイズされた Exploit Protection 設定を共有するために、エクスポート機能を使用することができます。

Exploit Protection の詳細