2017 年 4 月 11 日 - KB4015219 (OS ビルド 10586.873)

適用対象: Windows 10, version 1511

機能追加および修正


この更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • [スタート画面またはタスク バーのジャンプ リストに最近開いた項目を表示する] 設定が有効になっている場合、カメラ アプリケーションでキャプチャした画像を保存できないという問題を解決しました。
  • Active Directory ドメインに参加している CredentialGuard 対応のコンピューターが、Kerberos ベースのログオンで間違ったパスワードを入力して 2 回ログオン試行に失敗するという問題を解決しました。 任意でアカウント ロックアウトの低しきい値が設定されている Active Directory ドメインへのログオンによって、予期しないアカウント ロックアウトが発生する可能性があります。 たとえば、アカウント ロックアウトのしきい値が 3 または 4 に設定されている場合でも、間違ったパスワードでの 2 回のログオンによって、アカウントがロックアウトされる可能性があります。
  • ファイルの破損のために更新プログラムがマシン上にインストールされないことがあるという問題を解決しました。
  • 資格情報に基づく WLAN 認証を使用するデバイスで、そのデバイスがスリープ モードの場合に資格情報が自動的に更新されないという問題を解決しました。
  • オフライン キャッシュが有効になっていない場合でも、ユーザーが暗号化されたリモート共有に保存されているデータにアクセスできないという問題を解決しました。
  • ドメイン間でコンテンツをロードする入れ子になっているフレームセットが含まれるページをホストしている場合の Internet Explorer でメモリ リークが発生するという問題を解決しました。
  • 更新されたタイム ゾーンの情報およびアクセス ポイント名データベースおよび Internet Explorer への更新に関するその他の問題を解決しました。

  • スクリプト エンジン、libjpeg 画像処理ライブラリ、Hyper-V、Win32k、Adobe Type Manager フォント ドライバー、Internet Explorer、Microsoft Edge、グラフィックス コンポーネント、.NET Framework、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル、Windows カーネル モード ドライバーおよび Windows OLE に関するセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

  • 更新プログラムの置き換えに関する情報
    この更新プログラムを適用すると、以前にリリースされた更新プログラム KB4016636 が置き換えられます。
  • ファイル情報
    この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4015219 のファイル情報 をダウンロードしてください。Windows 10 の更新プログラムを初めてインストールする場合、X86 バージョンのパッケージ サイズは 570 MB で、x64 バージョンは 1,134 MB です。