SQL Server 2014 Service Pack 3 のリリース情報

適用対象: SQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 EnterpriseSQL Server 2014 Enterprise Core 詳細

この資料には、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 3 (SP3) をインストールする前に重要な情報が含まれています。サービス パック、既知の問題、サービス パックに含まれる修正プログラムの一覧および製品の著作権の帰属の一覧を取得する方法を説明します。注: この資料は、このサービス パックに関連するすべてのドキュメントを参照する情報の 1 つのソースとして機能します。以前のリリース ・ ノートと Readme.txt ファイルにあるすべての情報が含まれています。

詳細情報


SQL Server 2014 SP3 を入手する方法

2014 SP3 の SQL Server と Microsoft SQL Server 2014 SP3 Express は手動でダウンロードし、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトにインストールできます。

SQL Server 2014 SP3 Download パッケージを今すぐダウンロードしてください。
SQL Server 2014 SP3 の高速 Download パッケージを今すぐダウンロードしてください。

注: Service pack をインストールした後、SQL Server サービスのバージョンが12.0.6024.0にあります。Microsoft SQL Server 2014 Service Pack は累積的な更新プログラムです。SQL Server 2014 SP3 では、すべてのエディションおよび SQL Server 2014 SP3 から 2014 を SQL Server のサービス ・ レベルをアップグレードします。

2014 の SQL Server で使用可能な累積的な更新の詳細については、.2014 の SQL Server のバージョンをビルドするを参照してください。

機能強化および SQL Server 2014 SP3 に含まれる修正の一覧

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack は累積的な更新プログラムです。2014 SP3 の SQL Server では、すべてのエディションおよび 2014 の SQL Server のサービス ・ レベルを SQL Server 2014 SP3 にアップグレードします。だけでなく、この資料に記載されている修正は、SQL Server の 2014 SP3 には、SQL Server 2014 累積的な更新 1 (CU1) tthrough 2014 SP2 CU13 の SQL Server に含まれていた修正プログラムが含まれています。

注意事項

  • ここに記載されていないその他の修正プログラムも、Service Pack に含まれている可能性があります。
  • この一覧は、さらに資料が公開されたときに、更新される予定です。

バグが修正されると SQL Server の 2014 SP3 に含まれている拡張機能の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報記事を参照してください。

VSTS バグ番号 サポート技術情報番号 説明
11275485 3136242 修正: 新しい TCP 接続が確立され、SSIS の 2014 年のプロセスが終了するまでを開いたまま
10645271 4046870 SQL Server のセキュリティを向上させるための 2014 インストール ウィザードでの HTTPS Url を持つ置換 HTTP Url を改善します。
12144118 4338890 FIX「非明け渡さスケジューラ」エラーと SQL Server が表示される SQL Server 2014 2016 2017 で応答を停止
6589008 3107173 SQL Server 2012 および 2014 の拡張イベントを使用してメモリ許可の診断を向上
10065120 3136496 FIX: アクセス違反が発生クエリが SQL Server の 2014、2016 のシノニムを使用して、SQLCLR 関数を参照する場合
10766202 3170019 SQL Server 起動アカウントに関する情報を SQL Server 2012 および 2014年のエラー ログのセキュリティ ポリシーに追加するのにを更新します。
10766201 3170020 情報メッセージが SQL Server 2012 および 2014 の SQL Server エラー ログで tempdb の構成の追加
10766203 3170115 有効なトレース フラグに関する情報は、SQL Server 内の XML プラン表示に追加されます。
10766207 3170116 修正: SQL Server の実行プランの XML に最適化された入れ子になったループ結合を実行する必要があるメモリの許可は反映されません。
11441121 3173157 変更追跡では、SQL Server 側のテーブルの手動クリーンアップでは、ストアド プロシージャを追加します。
10766200 3191296 更新プログラムは SQL Server のセキュリティ プロトコルのハンドシェイク情報とトレースの拡張イベントを拡張します。
10766205 3201552 更新は、2014、2016、SQL Server 2012 の統計情報の XML 出力の全体的なクエリ実行の統計情報を追加します。
10766190 4013128 修正: パフォーマンスが低下し CLR_AUTO_EVENT と CMEMTHREAD SQLCLR の UDT は SQL RPC 呼び出しをストアド プロシージャのパラメーターとして使用されている場合の待機時間
10766206 4016867 修正: xEvents で Query_hash と Query_hash_plan の列のデータ型は Dmv sys.dm_exec_requests、sys.dm_exec_query_stats 内のデータ型を一致して
10766208 4016949 異なるバージョンの SQL Server の統合のプラン表示スキーマ
9956168 4018930 更新は、SQL Server に「CLR の厳密なセキュリティ」機能を追加します。
11504303 4038113 Sys.dm_os_memory_objects ステートメントを使用して SQL Server でクエリの参照を修正します。
10766227 4038210 FIX が SQL Server の最新の累積的な更新をインストールした後の動作を停止する変更データ キャプチャ
8862297 4038418 更新プログラムは、SQL Server 2014、2016 の DMV の sys.dm_sql_referenced_entities に新しい列を追加します。
11061754 4038419 更新は、リソース ガバナーのワークグループでは、SQL Server 2014、2016、2017 REQUEST_MAX_CPU_TIME_SEC に CPU のタイムアウト設定を追加します。
11061701 4041809 更新プログラムは、SQL Server 2014、2016、2017 の統計の作成および統計の更新ステートメントで MAXDOP オプションのサポートを追加します。
11061712 4041811 修正: SQL Server 2014、2016、2017 でインクリメンタルの統計情報の自動更新が遅延します。
11990860 4042415 修正: デッドロックが発生するデータベースをシングル ユーザー モードの場合、多くの接続は SQL Server 2014、2016 に同時にアクセスして
11542219 4042788 修正: tempdb システム データベースが暗号化されたまま SQL Server のインスタンスで暗号化を無効にした後
11715407 4051360 修正: スカラー ユーザー定義関数の実行の統計 (stats) は、2016 sp2 では SQL Server の実行プランの XML ファイルに追加されます。
11715377 4051361 オプティマイザー SQL Server 2014、2016、2017 で追加クエリの実行プランの目標については行
11441136 4052129 オプティマイザー SQL Server 2014、2016、2017 で追加クエリの実行プランの目標については行
10766239 4056008 SQL Server 2014、2016 の修正:"sp_special_columns"を返しますが正しくない結果
11821775 4088193 修正: 低速リストア ・ パフォーマンスの SQL Server では 4 K のセクター サイズのディスク上の圧縮されたバックアップを復元する場合
11814300 4099472 PFS ページの SQL Server 2014、2016、2017 でラウンド ロビン アルゴリズムの改善
11971859 4316858 修正:「インデックスが壊れています"メッセージとサーバーが切断されたとき更新の統計情報のクエリ SQL Server にハッシュ集計を使用する場合
10895916 4092075 改善: SQL Server で DBCC CLONEDATABASE の Service Broker のサポートを追加します。
12519464 4475794 FIX フィルターのインデックスまたは統計情報をテーブルにアクセスするクエリのクエリの最適化中にアクセス違反の例外が発生します。

この更新プログラムについての注記


その他の解決方法

次の問題の解決方法は、SQL Server の 2014 SP3 には含まれてもします。
VSTS バグ番号 説明

10766220

ディストリビューション エージェント エラーで失敗しました 20598 (行が見つかりません)、レプリケートされたコマンドを適用すると問題を修正します。
10656209 監査トレースからの読み取り時にアクセス違反が発生する問題を修正します。
10762682

SQL Server しろアサーション メッセージが負の数で最上位のスクリプトを使用すると問題を修正します。

5646575 SQL Server のレコードが返されます複数回クエリは、日付型を使用すると、10 進数または整数と数値問題を修正します。
7800206 ShortestLineTo() メソッドが最短距離で誤った結果を返します。 問題を修正します。
10288772 1828 のエラーは、同じ論理名を持つ 2 つ以上のデータベース ・ ファイルを追加するときに修正します。
10355597 例外がスローされたときにメモリがリークする問題を修正します。
10472856 フィルター処理されたインデックスと統計情報のフィルター式を持つスクリプトを使用する場合、アクセス違反が発生する問題を修正します。
11990862 拡張イベント xml_deadlock_report でデータベース名を取得できない問題を修正プログラムは、常に表示することマスター データベース。
11970514 スクリプトをオンにして、ファイル グループに対象のテーブルを作成できます。
11542215 詳細については基になるプロセッサの追加 (ソケット、ソケットでの物理コアの数の数など NUMA ノードの数) sys.dm_os_sys_info 動的管理ビューにします。
11565697 見つかりませんでしたシステム カタログ ビューでは、DBCC CHECKDB コマンドの実行を最後に成功を公開します。
11007718 エラー メッセージを発生させるでは、$PARTITION キーワードを使用して既存の非パーティション関数を参照する UPDATE ステートメントを実行します。
11269484 SELECT INTO ステートメントには、ファイル ・ グループのサポートを追加します。これにより、新しいテーブルを作成するファイル グループの名前を指定することができます。ファイル グループを指定する必要があります存在他のデータベース上で SQL Server エンジンのスロー エラー。
11542000 概要レベルの属性とデータベースのトランザクション ログ ファイルに関する情報を返す新しい DMV sys.dm_db_log_stats を追加します。
11542049 トランザクション ・ ログ ・ ファイルの仮想ログ ファイル (VLF) の情報を返す新しい DMV sys.dm_db_log_info を追加します。
11542050 完全データベース バックアップまたは差分バックアップが有効かどうかを調べるためにデータベースの差分変更の割合を公開します。
11542051 sys.dm_tran_version_store_space_usage
11542121 大容量メモリを搭載したコンピューターでは、バックアップのパフォーマンスが向上します。
11542133 デッドロック グラフで常に含まれているデータベース名の情報を確認します。

 

ダウンロードしてインストールする正しいファイルを選択します。

SQL Server 2014 SP3 のダウンロード ページには、SQL Server 2014 SP3 との基本的なインストール手順のインストールのシステム要件が含まれています。アップグレードする方法に関するその他のドキュメントには、更新プログラムのサービスを提供する SQL Server の 2014 に 2014 SP3 コンポーネントがインストールされている、 SQL Server 2014 サービス更新プログラムのインストールを参照してください。場所を特定するのには次の表を使用し、ダウンロードするファイルの名前が、現在インストールされているバージョンに基づきます。ダウンロード ページでは、システム要件とインストールの基本的な手順を提供します。

現在インストールされているバージョン 必要なアクションを実行するには ファイルのダウンロードとインストール
2014 の SQL Server の任意のエディションの 32 ビット バージョン 2014 SP3 の SQL Server の 32 ビット バージョンにアップグレードします。 SQLServer2014SP3-KB3587061-x86-ENU.exeは、ここから
SQL Server 2014 の RTM または SP1 Express または SP2 が高速の 32 ビット バージョン SP3 を高速 2014 を SQL Server の 32 ビット バージョンにアップグレードします。 SQLServer2014SP3-KB3587061-x86-ENU.exeは、ここから
32 ビット バージョンの SQL Server の 2014 (2014 Management Studio の SQL Server を含む) のクライアントと管理ツールのみ 2014 SP3 の SQL Server の 32 ビット版のクライアントと管理ツールをアップグレードします。 ここから SQLManagementStudio_x86_ENU.exe
32 ビット バージョンの SQL Server 2014 Management Studio Express 32 ビット バージョンの SQL Server の 2014 SP3 Management Studio Express へのアップグレードします。 ここから SQLManagementStudio_x86_ENU.exe
2014 の SQL Server の任意のエディションと、クライアントと管理の容易性ツールは、SQL Server 2014 RTM Management Studio) の 32 ビット バージョンの 32 ビット バージョン 2014 SP3 の SQL Server の 32 ビット バージョンのすべての製品をアップグレードします。 SQLServer2014SP3-KB3587061-x86-ENU.exeは、ここから
2014 Management Studio の SQL Server の 32 ビット インストールの必要なし 32 ビット SQL Server 2014 Management Studio などの SP3 をインストールします。 ここから SQLManagementStudio_x86_ENU.exe
高速 2014 を SQL Server の 32 ビット バージョンをしません。 32 ビット SQL Server 2014 Express SP3 を含むインストールします。 ここから SQLEXPR32_x86_ENU.exe
2014 の SQL Server の任意のエディションの 64 ビット バージョン SQL Server 2014 SP3 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。 SQLServer2014SP2-KB3587061-x64-ENU.exeは、ここから
64 ビット バージョンの SQL Server の 2014 RTM または SP1 Express または SP2 Express SQL Server 2014 SP3 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。 SQLServer2014SP2-KB3587061-x64-ENU.exeは、ここから
64 ビット バージョンの SQL Server の 2014 (2014 Management Studio の SQL Server を含む) のクライアントと管理ツールのみ クライアントと管理ツールを SQL Server 2014 SP3 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。 ここから SQLManagementStudio_x64_ENU.exe
64 ビット バージョンの SQL Server 2014 Management Studio Express 64 ビット バージョンの SQL Server の 2014 SP3 Management Studio Express へのアップグレードします。 ここから SQLManagementStudio_x64_ENU.exe
2014 の SQL Server の任意のエディションと、クライアントと管理の容易性ツールは、SQL Server 2014 RTM Management Studio) の 64 ビット バージョンの 64 ビット バージョン すべての製品を SQL Server 2014 SP3 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。 SQLServer2014SP2-KB3587061-x64-ENU.exeは、ここから
2014 Management Studio の SQL Server の 64 ビット インストールの必要なし 64 ビット SQL Server 2014 Management Studio などの SP3 をインストールします。 ここから SQLManagementStudio_x64_ENU.exe
64 ビット バージョンの SQL Server の 2014 Express 64 ビット SQL Server 2014 Express SP3 を含むインストールします。 ここから SQLEXPR_x64_ENU.exe

 

2014 SP3 の SQL Server に、SQL Server のインストールをアップグレードする方法の詳細については、サポートされているバージョンとエディションのアップグレードを参照してください。

(推奨しません) SQL Server の 2014 SP3 をアンインストールします。

場合,何らかの理由で, SQL Server 2014 SP3 には、SQL Server 2014 SP3のアンインストールをアンインストールします。ありませんするブロックされると、SQL Server 2014 SP3をアンインストールすることができ、同じ方法でその他のサービス パックです。Web であるか、Express エディションの SQL Server の標準を実行している場合ただし、,するは、 SQL Server 2014 SP3を起動するときにのみロックされていない、いくつかの新しい機能を使用する場合がありますが発生します。エラーまたは「データベース SQL Server 2014 SP3のアンインストール後疑いのある状態のままにします。さらに悪いこと, システム データベースは、新しい機能を使用している場合マスター データベース内のパーティション テーブルなど()、このでした防止SQL Server のインスタンスからstarting2014 SP3の SQL Server をアンインストールした後です

ことをお勧めする確認のすべての新機能が無効になっていたり、Enterprise edition 以外のエディションの SQL Server 2014 SP3のアンインストールを選択する前に削除します。ドロップすることはできません、 memory_optimized_dataのファイル グループです。したがって、SP2 を使用してデータベースに memory_optimized_data のファイル グループを設定した場合必要がありますいないをアンインストールする SQL Server SP3 の 2014.それ以外の場合、データベースが表示されます。疑いがある状態では、エントリに記録されますが、eエラー ログ:

DateTime spid15s エラー: 41381、重大度: 21、状態: 1 です。DateTimeの spid15s が MEMORY_OPTIMIZED_DATA のファイル グループが含まれているために、このエディションの SQL Server でデータベースを起動できません。Books Online 機能の詳細については別の SQL Server エディションでサポートを参照してください。
 

関連情報


現在の SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法の詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報の文書番号をクリックしてください。

321185SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法