2017 年 6 月 14 日—KB4022727 (OS ビルド 10240.17443)

適用対象: Windows 10

機能追加および修正


このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • KB3164035 をインストールした後に、BitMapSection(DIBSection) 関数を使用して範囲外に描画されたビットマップが含まれるエンハンス メタファイル (EMF) やドキュメントを印刷できなくなる問題を修正しました。
  • 電源オプションで “次の時間が経過後ディスプレイの電源を切る” が “適用しない” に設定されている場合でも、ディスプレイが予期せずオフになるという問題を解決しました。 
  • バージョン 1 の証明書用のキーを回復しようとすると certutil.exe でエクスポート ファイル (.epf) を生成できなくなる問題を修正しました。 
  • Device Guard が有効になっていると MSI ファイルがインストールされなくなる問題を修正しました。 
  • 統合書き込みフィルターが有効になっていると、最終的に記憶装置で STOP エラー、“読み取り障害” が発生する問題を修正しました。  
  • ディスク モードを使用した統合書き込みフィルター (UWF) が有効になっている場合に、シン クライアントが使用不可となり応答しなくなり、結果として、ID 55 および ID 130 の NTFS エラーがイベント ログに記録される問題を修正しました。
  • 更新されたタイム ゾーンの情報およびアクセス ポイント名 (APN) データベースへの更新に関するその他の問題を解決しました。
  • Windows COM、Microsoft Uniscribe、Windows カーネル、Windows カーネル モード ドライバー、Microsoft グラフィックス コンポーネント、Internet Explorer、Windows Shell、Microsoft Windows PDF、Device Guard、および Microsoft Edge のセキュリティ更新プログラム。 解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

Web ページの特定の iframe または frame を印刷すると、印刷結果が空白になるか、次のようなテキストが印刷されることがあります。

404 – ファイルが見つかりません

(frame は、コンテナーとは独立したコンテンツが表示される Web ページまたはブラウザー ウィンドウの一部です。 frame は独立してコンテンツ読み込むことができます)

この問題は、Internet Explorer 11 と、IE Web ブラウザー コントロールをホストするアプリケーションの両方で発生します。

現在、この問題に対する回避策はありません。 ただし、Web ページ全体を印刷すると、正常に印刷されます。

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。